BONES 骨は語る シーズン10 第9話 刻まれた教授 The Mutilation of the Master Manipulator

リンク広告 テスト




第9話 刻まれた教授 The Mutilation of the Master Manipulator

脚本/Hilary Weisman Graham
監督/Tim Southam

【ストーリー】

ホッジンズとブレナンとウェンデルはラボで骨の前に居た。
ホッジンズはブレナンに遺体はこれだけなのかと問うと、これだけで
被害者が分かるのかと問う。大腿骨は湾曲が少ないし長さから見て
被害者は黒人男性で身長は約188cmだという。ウェンデルは流石だと
語る。骨はこれだけだが微粒子はどっさりだという。今の所検出された
のはサーモン、チキン、コーン、金粒粉、ビタミンB12、黄色5号、
カラゲニン、不凍液だという。
そんな中カムがやってくるとDNAはどうかと尋ねる。カムはデータベース
に該当者はないという。ウェンデルは中手骨が動物に噛まれている
が死亡時とその後の傷を見分けるのは大変だという。
アンジェラがやってくると遺体の部位の発見場所を地図に書き込んだ
という。手は食堂のゴミ箱置き場。カムは大腿部が水浸しだった理由
は分かるのかと問うと、雨が降った時にゴミの蓋が開けっぱなしだった
という。ウェンデルは情報が少なすぎますねと語ると、カムは彼に
抜けても良いわよと語る。ブレナンは何でよと語ると、もっと部位が
少ない事件も解決した事が有ると告げる。ホッジンズはブレナンに
耳打ちするようにして、ウェンデルの治験の最終日なんだよと語る。
それなら勿論言っても良いという。寛解が続いている限りは安心だとい
うウェンデル。ブースに周辺の捜索をして遺体を探してもらうという
ブレナン。アンジェラは遺体の捨て方のパターンが有るか調べると
いう。

ブースはオフィスでスピード違反の講習を受けていた。
「踏切に近づいています。120m先はよく見えません。制限速度は?
A・20km、B・30km、C・30km」。ブースは20kmかとしてクリックすると
不正解と出てくる。オーブリーがやってくるとまだ講習が終わらない
のかと問う。規則で現場に出られないので今回はパスするという。
違反切符2、3枚でこれは無いだろうと告げ、警察の奴らはノルマ
があるんだろうと語る。ブースはオーブリーに対してブレナンが鑑識
と遺体を探すので一緒に探すんだと語る。アンジェラが三角法を
使い既に見つかって居る遺体から捜索範囲を絞ってもらったという
オーブリー。ゴミ収集ルートを相互参照したと語るオーブリーに
スクインツ語が聞きたいならスクインツランドに行くという。
収拾してない地区が一カ所。収集車が車で53分だという。
ブースはテストを終わらせないといけないとし、良い機会なのでブレ
ナンと言って来いという。彼女と上手くやれるか見極めさせてもらう
という。アイツのやり方は独創的だぞと忠告する。

ホッジンズはゴミ箱の中身を青いビニールシートの上に出す。
まるでシリアルからオマケを探している気分だという。オーブリーは
マフィアの仕業だとし組織犯罪がこういう惨殺な殺し方をするという。
ブレナンはあなたの憶測に付き合う時間を無駄にしたくないと語る。
ブースさんはラッキーだとしてこれに比べたら学科教習が楽しいという。
それを聞いたブレナンはあなた変なことを言うんだと言われたことは
無いのかと語る。

ヘンリーとライリーの”クラッシュブラザーズ”は、マッカーシー中学
のみんなに向けてビデオカメラで撮影する。今から人間ボウリングを
するとして、ショッピングカートに乗ってゴミ箱を倒すというもの
だった。ブレナンたちがやってくるゴミ箱が変な風に置いて有るという。
これはボーリングのピンだなというホッジンズ。坂の上から少年たち
が滑って降りてくるのを見る。ネットで大受けでしょうというオーブ
リー。ゴミ箱に衝突した少年たち。ブレナンの元には遺体の肉片が
飛んでくる。

ラボに戻る。
カムは良い知らせだとして鑑識がメリーランド郊外にある処理場の
ゴミ圧縮機とロアノークのゴミの中から他の部位を見つけたという。
ブレナンは腸骨耳状面の感触から判断して年齢は50歳前半だと
いう。ウェンデルに対してカムはお祝いするのかと問う。治験の終了
を祝うもの。ブレナンはそういう時酩酊状態なる人が多いのよと
語る。
胸郭背側面の傷は動物に喰われたものでねというウェンデル。
カムは傷口の幅から考えると歯形じゃなくて刺し傷みたいだという。
骨がキレイになれば判断出来るというブレナン。尺骨を見てというと
ウェンデルはこの切り口と条痕のパターンは電動ノコギリの類の切断
だという。傷口と合致するものを探るという。

アンジェラは完全に頭蓋骨を望むのはわがままかとカムに語る。
殺人犯は不親切だと不満を述べる。被害者の年齢、人種、性別に合う
失踪者はいないとし、復顔が頼りだというカム。DNAから2つの人種
だという。すると見事一致したものが見つかる。ランダル・フェアバン
クス(51歳)、大学教授、ケンモア大学で心理学。1週間も行方不明で
なんで捜索願が出されていないのか。アンジェラは予定表で2週間前
から長期休暇を取っていると語る。

■今回の事件と流れ

・断片的な遺体の肉片・骨片が発見され、それは大腿骨と手骨の一部
だけだった。
・ブレナンは大腿骨から被害者は黒人188cm男性というところまで
あっさりと見破るがそれ以上はホッジンズの微粒子検査とアンジェラ
による地理的プロファイル、カムによるDNA検査が頼りだった。
・現時点で一番使えそうな情報はアンジェラが割り出す、遺体の骨片が
遭った場所から導き出す地理的プロファイル。ゴミの回収車などの
ルートと相互参照し、他の遺体の回収する為に動く。
・しかしブースは今回スピード違反によって警察官より義務づけられた
コンピュータでの教習/講習で合格点を出さねばならなかった。
その為、ブースはオーブリーに対して試験と称して彼にもクセのある
ブレナンと組ませることで相性を試すのだった。

■感想

今回はエピソードは、ブース役のDavid Boreanazがプロデューサー
として関わったエピソード。と言ってもDavid Boreanazがドラマと
深く関わり始めたのはシーズン3からであの、それ以降は継続して
深く関わっているので、その後のプロデュースしたシナリオは大半を
占めるのかな。

ブースを封印してオーブリーとブレナンでの捜査として描かれた。
またインターンの一人・ウェンデルが今回は治験の最後ということ
で今後を占う意味でも大事なシナリオだったのかも知れない。

ドラマとしてのテーマは明らかに「実験」とか「テスト」という
意味合いが強かったのだろう。

どのエピソードの流れに置いてもそれらが当てはまる。

とりわけ少年たちがホッジンズの実験ネタが乗り移ったように
動画撮影しながらショッピングカートを乗り回していた姿とか、
ブースをバカにするような教官からの交通法規の研修的テストは
笑えるものだったけど、ブレナンさえも間違えるというくらい
だから、自動車標識なんていい加減なものなのかも(笑)

ウェンデルの実験はまさに治験だったけど、そこにナースと関係を
持って行くというのはちょっと不自然だったな。ナイチンゲール症候群
と称してウェンデルが看護師に気を持つのは分かるけど、看護師が
彼にもの凄い勢いで固執していたような感じがする。
電話が何度かかってくると怖いかはそれぞれ違うと思うけど、あれだけ
仕事中だと分かっているのに電話が来ると怖い。

ブレナンはオーブリーと組むも彼に対する厳しい視線。
オーブリーが推測を語った瞬間に、「あなたの憶測なんて時間の無駄」
的一蹴する姿が有り、オーブリーとブレナンが二人で被害者が判明した
後の家宅捜索に行く際には

「私は長年殺人捜査して現場には慣れている」(B)
「あなたが同僚として適任かどうか見極めるまであなたの評価を
言うのは控える」(B)
「優しさは持たない主義ですか?」(AUB)
「主義なんて持たない」(B)

■捜査

被害者は大学の教授。しかも人の人生を狂わせるようなことを平気
で行う心理学者で黒人のケンモア大学・ランダル(51歳)。

彼は心理学の実験と称して違法なことをしていたようだ。

ランダルが生徒や関係者の人生を壊したのはタビサ・コールマン、
アレックス・ヘック、ビクトリア・アンドリュース。

行っていたのは、「盲目的な従属の実験」

・被害者たちは隣の部屋にいる人に問題を出すよう言われる。
・問題に答える人が間違えると電気ショックを与える。つまみを回せ
と指示し、間違える度に電圧を上げていく
・しかし被験者は知らないが、悲鳴は本物だと思っているもので、
悲鳴はタビサが録音したデータだった。
・結果的に被験者の66%が450ボルトまで電圧をあげて人を殺せる
レベルまでつまみを回したという。

「ナンバーズ」か何かでもこういう実験をしていた教師が居たよな。

・実験に対する考察・ブレナン

ブレナンとカムの会話では、カムは指示されてもつまみは回さない
としたのに対して、データによれば回す可能性が高いというブレナン。

「だから文明社会は野蛮になりうる。ドイツには世間で最も進んだ
公教育制度が有った。工業生産高も高かった。それでも特定の人種を
絶滅させようとした」(bones)
「ありがとう。お陰で自分が嫌いになれた」(Cam)

・実験に対する考察・アレックス

また容疑者として殺意の高かったアレックスは
「刑務所でも病院でもぶち込め。人を殺せたと教授が証明したろ。
オレにはおぞましいことが出来ると。人は誰でも人殺しになりうる。
虐殺のルワンダには悪人しか居ないか?セルビア、シリアにも・・。
教授は証明した。条件さえ揃えば普通の善人がナタを降りがして人を
殺せる。」

■捜査2

被害者の家の外にはアジサイの花。
青いアジサイと赤いアジサイの花
ニカラグアの戦場で調査した時に柳葉ルイラ草がこのような状態に
こうなっていたという。オーブリーは血のphが高いので色が変わる
として、血には血液が染みこんでいるのでそのようになったのだろう
ことを言い当て、ブレナンを感心させていた。

80年代レトロゲームオタクの私としては
ENIX「軽井沢誘拐案内」の堀井雄二さんが、アジサイの習性に目を
つけて、土壌に鉄分があるので色が変わったんだとして、凶器のナイフ
がアジサイの下に隠してあるシーンが遭ったな。

■殺意は?

幾つかの殺意が存在していた。一番殺意が高そうなのはやはり教授の
実験によって人生を狂わされた人だけど、その中には痴情のもつれが
有ったりもする。
そして何よりも教授の家の近隣女性、バーバラ、ルース、フランシー。
その中でもフランシーは何よりも鳥を愛する女性。
教授が飼うネコが鳥を食べてしまい、それが結果として殺害の動機に
なった。

アメリカムシクイ、クロズキンアメリカムシクイを見たいという
フランシーはカメラを設置していた。

■最後の決めて

右の橈骨と尺骨、頸骨がゴミ箱から発見され、橈骨の遠位端不に擦り傷
があること。そして舟状骨にも何かの溝みたいだとして、カムは
動物の歯形に見えるとしていたが、結果的に湾曲具合と歯列弓の
サイズから女性の歯形だとして、歯科記録を取り寄せることに。当初は
ビクトリアかと思ったが該当者ではなく、ホッジンズが見つけた物質
のサーモン、イワシ、アマニ、鳥のレバーから猫缶だと突き止める。
不凍液は甘みがあるのでペットは間違えて食べてしまうことが有る
ということスキナーを殺そうとしていたことが判明。そしてそのネコ
の胃の中には貴重な鳥・絶滅種シロハラミソサザイが居たことも有り、
フランシーが怒っていたようだ。

■その他

・ブレナンが逮捕される

ブースからドラッグレースをしようと言われたブレナン。
そして皮肉にも交通標識が学べる本をプレゼントされる。
私は良いドライバーだとするがブースは高齢者が安全運転している
ようなものだという。私だって高速で134km出したことがあると語った
ことで、

「君を逮捕する。立って後ろを向け。手は後ろだ。」
「ダメ違反行為だ。見逃せない」
「管轄外よ」

警察官(FBI捜査官)を持つと面白いプレイが出来るな(笑)

これは看護師と患者もそうなのかも。

■使用された曲

・Waiting For A Girl Like You by Foreigner

■出演者

テンペランス・ブレナン (Emily Deschanel) “ボーンズ”、法人類学者
シーリー・ブース (David Boreanaz) FBI捜査官
アンジェラ・モンテネグロ (Michaela Conlin) 骨格から似顔絵
ジャック・ホッジンズ (T.J. Thyne) 知識が豊富、実家が金持ち
カミール・サローヤン (Tamara Taylor) スミソニアン責任者、”カム”

ジェームズ・オーブリー (John Boyd) FBI捜査官
ウェンデル・ブレイ (Michael Grant Terry) インターン

アンディ・ロバーツ (Shalita Grant) ガン治療看護師
フランシー・フォン=マーテンス (Miriam Flynn) 鳥好き
タビサ・コールマン (Shanna Collins) 大学院生
ヴィクトリア・アンドリュース (Chastity Dotson) 彫刻家、元教授の彼女
アレックス・ヘック (Grant Harvey) 元心理学科生徒
バーバラ・ハントリー (Reva Rose) 隣人
ルース・ワーニック (Mary Gillis) 太った隣人
— (Chris Aquilino) 大学生
— (Dexter the Cat) Skinner
ヘンリー (Braden Fitzgerald) “クラッシュブラザーズ”
ランダル・フェアバンクス (David L. King) 心理学教授、51歳、ケンモア大
ライリー (Dallas Liu) “クラッシュブラザーズ”
— (Joe Thomas) Traffic School Instructor (voice)

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336