[N] ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル Numb3rs シーズン5 第1話 奪われたダイヤ High Exposure

リンク広告 テスト




第1話 奪われたダイヤ High Exposure

脚本/Cheryl Heuton
Nicolas Falacci
監督/Alex Zakrzewski

フィリップ・サンジラーニ教授はチャーリーの助けで素晴らしい成果
が出たことを語る。フレイリー捜査官はそんなフィリップに同行を
求める。ドンはパキスタンに生物兵器に関する指示を送っていたと
するが、フィリップはFBIの科学チームの調査では病原体作りの為に
されたという。作物の病気や害虫で深刻な食糧不足に苦しんでいる
人たちを救うことが出来る研究なのに・・チャーリーはどうしてフィ
リップを釈放しないのかと語りテロリストではないと語る。
しかしドンは関係無いとして罪は罪だという。関係有りだとして、
チャーリーはフィリップに変わってファイルの残りをパキスタンの大学
4つにメールで送信する。チャーリーは機密情報アクセス権を失った
と語る。

【ストーリー】

「墜落機225、72カラット、地理衛星32、クライマー2人」

ロッククライミング中の二人、ブライアンはアンディに対して
ロープを引っ張ってくれというがレザールが岩の上から顔を出して
アンディは取り込み中だという。オレから取ったものを寄越せと語る。
知らなかったとしてブライアンはバッグを渡すが、レザールはロープ
を切断して彼を滑落死させる。

連邦ビル。
チャーリーはロビンに対して今日が審理だとどうして分かったのかと
問う。これでも連邦検事なのよという彼女。政府の棄却申し立てを
認めるってと語る。付いていたなとし、サンジラーニもだという
ロビンとドン。3週間の拘置だったこと。強制送還よりはマシでしょ
と語る。FBIがテロリストと決めつけたせいだという。チャーリーの
機密アクセス権は?まだ戻っていないという。無罪になったのにかと
問うと、FBIはそうは思っていないというチャーリー。

衛星ともさよならか・・他にも面白いことは山ほどあるとチャーリー
は自分で慰める。アミタは改めて申請したら?と告げるが、そうなると
また徹底的な身辺調査を受けることになるのだという。僕だけでなく
知り合いも相当調べられるという。陰険ねとアミタ。後回しになっていた
研究をやるという。やるべき数学は山ほどある?とアミタ。

デビッドは遺体はアンディ・トムキンス(22歳)とブライアン・ライト
(24歳)。コルビーはアンディは至近距離でブライアンは転落事故か、
他殺だという。もちものが荒らされていること。何か犯人は探していた
ようだと。山に詳しいヤツを探さないといけないなと言う中で、
突然エジャートン捜査官がやってくる。逃亡犯の居所が分かり押さえに
今夜押さえにノルウェイまで行くという。
この場所には家族連れ、子供、ハイカーが来るというデビッド。
エジャートンはただの殺人に何故FBIが捜査するのかと問う。落ちた男
のチョークバッグに入っていたもので、ハーネスに付いていたとして
それを見せる。ダイヤの大きな原石だった。72カラットで50万ドル
相当。訳ありだなと語る。

2人には前科はなかった。ブライアンは無職でアンディはアルバイト。
2人とも住所不定で友達の家を転々としていたという。暇なときにクラ
イミングをしていたこと。凄腕の宝石泥棒には見えないなという。
ダイヤの出所は?ニッキー・ペタンクールは宝石店組合のデータベース
で調べさせていると語る。エジャートンは初めて見る彼女に君は誰な
のかと尋ねるとニッキーですと語る。まだ新米だというコルビーに
対してここに来る前にロス市警で4年勤務していたという。警察じゃ
データベースよりもコネで捜査していたとのこと。FBIアカデミーも
コネで入ったのかと言われると、法学部だったことを語るニッキー。
ダイヤの情報はまだ何も見つかっていないが、ダイヤの鑑定は科学的なん
だよなというコルビー。エジャートンはそれならMr.数学(チャーリー)
を呼ぼうというが、彼は今機密アクセス権の問題でもうウチの仕事は
していないという。それならフリントストーンは?いやフラインハート
だとし、ラリーはアミタと今でも手伝ってくれているという。

ボルダリングをしている仲間の男性に話を聞く。
アンディとブライアンははクライミング命だったという。ブライアン
は気の良い奴でアンディは少し気難しかったという。
仲が良かったのは?ピートとスキートだねというと、ピートとテレサの
事だなという。テレサはスキートの本名だというと初めて知ったという。
現場で遺体を見つけた奴らだなとするとピートとテレサは付き合って
いるのかと問う。今頃ストーニーポイントでボルダリングをやっている
という。ロープ無しで登る競技だとすると、コルビーはアイダホで
いとこがしていたという。そこはシティ・オブ・ロックス!だと
いう。アイダホの自然保護区は花崗岩の名所だという。

ピートとスキートの元にいく。
ブライアンたちとはよく連んでいたとのこと。クライミング旅行にも
よく4人で行っていたという。ブライアンは山岳バイトをしていて、
アンディは一人息子なので親から仕送りをもらっていたようだという。
ブライアンに身内は?と尋ねると、両親は死んでいて東部に従兄弟が
いるみたいだと。クライマー仲間が家族みたいなものだというピート。
臨時収入の話を聞いていないかと問うと、スキートはブライアンが死ぬ前
に電話で金が入りそうだと言っていたという。何かを見つけたらしく
高く売れるかもと言っていたとのこと。新しいルートのことを言っていた
とし、誰も登っていない岩だという。レックトっていう難しい岩
らしいと。場所は二人だけしか知らなかったようだとし、ピートたち
はその場所を見つけ出して二人の名前を付けようとスキートに語る。

■概要

・チャーリーもフィリップ教授も罪には問われなかったものの、機密
情報アクセス権を失ったことも有り、チャーリーがFBIでの仕事に関わ
れることは無くなってしまう。
・連邦検事のロビンはチャーリーに対して取り消しの申請をしたら
どうかと語る。
・そんな中ロッククライマーの若者2人が殺害され発見され、彼らは
チョークバッグに50万ドル相当のダイヤの原石を持っていた。
・彼らはそんな宝石を何処で手に入れたのか。仲間から話を聞いて
いくことになる。

■感想

いよいよ始まりましたシーズン5。

メーガンの変わりに新しくメンバーとしく加わったのは、NYPD出身の
刑事、ニッキー・ベタンコート。S2-11では別の役で登場している
けど、まぁ誰も覚えていないだろうってことで、NYPDで4年も仕事を
していたということでFBIに強引に引き抜かれた感じ。

そして何と言ってもエドガートン捜査官が今回は特別に参戦してきた。
FBIの射撃教官としてドラマでは過去(S1-9、S2-9、S3-1、S3-2、S3-19)
に登場して、今回で6回目の出演。この人の狙撃の腕が立つので、
山岳地帯に於ける捜査では役に立つことが大きい。

ドラマとしては、チャーリーが居ない中で、捜査に支障が出ることが
ないのかどうか。チャーリーが捜査に関わらないハズもないので、
どんな形で参戦してくるのかというのは見物だったのかも。
エジャートンがチャーリーに遭った際に「君、近頃国家への脅威
なの?」って語っていたところがちょっと笑えた。

ロビンがチャーリーを復職させようとしていたけど、チャーリーは
ドンへの点数稼ぎと見たのか。しかしロビンはあなたのお陰で
何度も手柄があげたとして勝ち星が好きなんだということで、
説得する。

「僕はFBIでは厄介者だよ」(cha)
「ドンも私と同じ気持ちよ」(robin)
「兄弟して諦めが早いわね」(cha)

今日は「兄弟」というのは色んな形で表現されていた。

■捜査

若いクライマーが持っていたダイヤは何処のものなのか。
捜査に於いてはアミタとかラリーが協力はしていたけど、正直まるで
役に立っていなかったな。分野が違うと言えなくもないけど、やはり
こうなるとチャーリーのスキルの凄さというのが表現されたのかな。

輸送中のダイヤが消えたことをニッキーが掴む。
ケネス・ブライスというロスの宝石商がニューヨークに30個・5千万ドル
を相手に届けようとしていたが行方不明になっていること。

兄のジミーから話しを聞くと、ダイヤの輸送に関しては慎重を期して
話していたとし、私たち以外に知っている人は居ないという。
自家用チャーター機で偽名で運んでいたのに、それでも犯人によって
バレて盗まれたのか。
エルモンテ発で行き先がサンノゼの飛行機が到着していないこと。

そんな中、ピートとスキートがクーガーリッジに誘ったということで、
そこに殺された二人が拾った宝石があり墜落した飛行機があるので
はないかとされた。

チャーリーは地球空港情報局の衛星写真、高解像度の写真から
飛行機が予測コースを変えていることを突き止める。アイスハウス
キャニオンに墜落したであろうこと。

宝石を運んだケネスは車のトランクの中で殺されていて、チャーター機
は墜落している。
確実に移動の情報を知っているということで、山岳地帯で逮捕した
一人の容疑者を宝石店の防犯と比べて調べると、犯人たちが店に下見
に来ていて、盗聴器を仕掛けていたことが判明する。

しかし過去に犯罪歴があるのであれば、すぐに分かりそうなものだけ
どね。

■チャーリー先生

・光学結晶分析

ダイヤを調べる為にアミタが提案したもの。ダイヤは原子が左右対称
に配置されているのでその結晶構造に光を当てる。偏光で照らし
その屈折を見れば結晶の中に有る窒素や硫黄などの不純物が見える
ので原産地が分かることも有るという。ただダイヤは地表で生成される
訳ではなく地中の奥深くマントルの高熱と圧力によって形作られること。
ダイヤの価値の基準とされる「硬さ」「明るさ」「純度」。それらが
何処で取れたものかを特定することを困難にすることがあるという。

クリントン政権時代に「紛争ダイヤ」を見分ける為に研究を試みられた
ことが有るとしていた。

・ノイジーエッジ/スクワッシュ

墜落したであろう飛行機を探す為、山ではシグナルが弱くて見つから
ない。昔UFO探しの時にアルゴリズムを作ったとして、弱いシグナル
からノイズを取り除けば飛行機のコースを予測出来るとしていた。

チャーリーに協力させる訳にはいかないので、ラリーは嘘をついて
協力させていく。

・包括的幾何学分析

受信機のイチを推測することが可能だという。
相当複雑な分析だということで、チャーリーの脳みそが必要だという
こと。

ラリーはチャーリーに嘘をつく。
素粒子の物理学の研究で粒子の通り道を観察するのに役に立つ
としてバブルチェンバーの分析プログラムだが、トレンソン博士
に見せたら難癖を付けられたと。過去にチャーリーも理論をこき下ろさ
れて、駐車スペースを奪われたとして恨みを持っている様だ。

■その他

・アミタの発言

ドンもチャーリーも忙しくしているとロビンに話したアミタは
「ワーカホリック兄弟ね」と語る。

またチャーリーはFBIの仕事に復帰するために決定の取り消しを行う
とした際にドンもチャーリーに対してようやく「お前は危険人物じゃない」
と語った時には「闘うエプス兄弟ね」と語る。

・ドンの苦労

ロビンとアミタの女子トーク。
「ドンは仕事かセックスをしていない時に考えるのは、仕事かセックスのことだという。」
チャーリーは仕事が好きでたまらず、やり始めたら停まらないという。

チャーリーが天才扱いされてきたので、ドンとしても責任感に縛られてきたのでは
ないかと。張り合わずにいられないこと。仕事が兄弟の絆。食欲は父親譲りだと。

■使用された曲

・The Reason (Parasite) by subsource

■出演者

ドン・エップス (Rob Morrow) FBI捜査官
チャーリー・エプッス (David Krumholtz) 数学者
アラン・エップス (Judd Hirsch) 父
デビッド・シンクレア (Alimi Ballard) FBI捜査官
ラリー・フラインハート (Peter MacNicol) 物理学者
アミタ・ラマヌジャン (Navi Rawat) 学生
コルビー・グレンジャー (Dylan Bruno) FBI捜査官

イアン・エドガートン (Lou Diamond Phillips) 捜査官
ニッキー・ベタンコート (Sophina Brown) FBI捜査官
ロビン・ブルックス (Michelle Nolden) AUSA / 連邦検事
ピーター・フラー (Ben Crowley) “ピート”、テレサとコンビのクライマー
テレサ・クルマン (Joanna Canton) “スキート”、クライマー
アレックス・レザール (Myk Watford) 犯人
ビリー・ブライス (Michael Laskin) ケネスの兄
— (Josh Holt) Skinny Climber
キース・ジャクソン (Zach McGowan) 犯人
ナイジェル・ムーア (Eric Christie) 犯人
— (Chris Bresky) ボルダリングをしている仲間
— (Raven Lexy) Dancer
トレンソン博士 () チャーリーの敵の博士
ジェームズ・マイヤーズ () 犯人の使った借家の偽名
ケネス・ブライス () 宝石店のビリーの弟
アンディ・トムキンス () 22歳、射殺
ブライアン・ライト () 24歳、滑落

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336