BONES 骨は語る シーズン10 第14話 ミニゴルファー殺人事件 The Putter in the Rough

リンク広告 テスト




第14話 ミニゴルファー殺人事件 The Putter in the Rough

脚本/Dave Thomas
監督/Milan Cheylov

【ストーリー】

ペパルはビルの駐車場に駐めると妻に電話する。電話に出ない妻に
対して全部お前のせいだとして、クソ野郎と告げ、、携帯電話を投げ
捨てるとビルから飛び降りようとする。しかし下の落下防止の網に
腐った遺体が有るのを見つけて思わず助けを求める。

ブレナンは父・マックスが突然クリスティンとの約束を破ることに
なることに憤怒する。マックスは用事が出来たのだとして数日で戻る
という。何処に行くのかと問うブレナンに、今は言えないという。
また私に隠し事と嘘をついているとしてブレナンを呆れさせる。
戻って来たらクリスティンと過ごすと約束するが・・・
そんな中ブレナンに事件の知らせの電話が鳴る。ブレナンはクリステ
ィンを託児所に送って仕事に行くと告げる。

アンディとウェンデルは付き合っていた。
一緒に住んでいる二人は愛し合っていたので遅刻しそうになる。
恋愛って厄介ねと語る。時計を見るとまだ時間があるというウェンデル
だが壊れているのだという。良い時計だとするとメンテナンスに
出そうと思っているというが・・ウェンデルは試しにネジを回して見る
と思わず壊してしまう。ウェンデルはアンディに対して時計職人を知っ
ているので見てもらうと語る。

現場に向かうブースとブレナン。ブースは彼女に静かだなというと、
父の事だという。クリスティンとの約束を破ったとし、突然行く所が
あるって言っていたという。出かけるから怒っているのかと問うと
行き先は何処なのかと問う。それを聞いたのに教えてくれなかったのだ
という。何か隠しているとしきっと悪い事だというブレナン。しかし
彼は気質になっていることを語るブース。マトモな理由が有って出かけ
るのかも知れないという。いやでも何か企んでいるかも・・とブース。

現場に到着する。ブースはマックスに発信器でも付けるかとジョーク
で言うとブレナンは良い考えだと語る。
ホッジンズは遺体の回収にオレのスーパーウィンチを使うことになった
としてご機嫌だった。虫男君の新しいオモチャなのかというブース。
カムは遺体から液体が垂れているので気をつけてと語る。
遺体を見ると前頭骨の大部分が欠損していた。
カムは被害者の身元を隠す為にわざと損壊させたのかもと語る。遺体
の骨には鳥の糞だらけだというと、ホッジンズはマスクをして作業して
くれと語る。糞は有毒だという。鳥の糞には60種類以上の病原菌が
含まれていること。ブースはマスクをするのが嫌なので糞が無いところ
で作業すると語る。
カムは腐敗が進行していること。残っている前頭骨鱗部が傾斜して
いるから被害者は男性で、肋骨の骨端の形状から見て30代半ばだ
というブレナン。ホッジンズは双翅類の幼虫に食べられたせいで
遺体が収縮していること。クロバエが居るので7日から8日はここに
置かれていただろうことを語る。

ブースは手すりに血痕があるとしてみんなを呼ぶ。
滴下血痕があるし染みが重なっているというカム。遺体を投げ落とす
のに苦労したようだというブース。自殺じゃないということねという
ブレナン。ホッジンズは残っていないか調べるとしてスーパーウィンチ
を使って降りるが、鑑識員は動かし方が分からず上手く動かないと
して宙ぶらりんの状態になる。

ラボ。
ホッジンズは濃縮したグリコール消毒液で鳥の糞を中和したので大丈夫
だと語る。鳥の糞が骨まで浸食しているというブレナン。
鳥の糞に強い腐食性があるのは個体と液体の排泄物を同じ穴から出す
からだという。アンジェラは嫌そうな顔をしてそういう気持ち悪い話
は辞めてと語る。鳥の糞を今すぐに除去しないと骨が破壊されるという
ブレナンだが、微粒子を除去してからじゃないとダメだというホッジン
ズ。

右手首の正中神経を囲んでいる靱帯が肥厚しているというブレナン。
手根管か?というウェンデル。カムは捕食されずに済んだ肝臓が残って
いるので毒物検査が分かるかも知れないという。
ブレナンはカムを呼ぶとこれを見てという。これは射入口なのか。
ウェンデルは弾丸の跡?と問うと、多分ライフルが後頭部から入った
ので穴が小さいのだという。弾丸が体内に出た時に頭蓋骨が割れたのね
というと、だから前頭骨と頬骨と鼻骨の一部が無いのだというブレナン。
これで死因が分かったというウェンデル。

オーブリーはブースに対してカムが肝臓を調べたらベータ遮断薬を
見つけたという。若いのに心臓病なのかというと、右手は手根管症候群
だったという。ブースは殺し屋かもしれないとしてベータ遮断薬を
使う殺し屋は多いのだという。軍のスナイパーも手が震えないように
する為に使ったという。指にかかる圧力で手根管症候群になるのかと。
被害者のポケットからはタバコとコンドームと鉛筆、そして暗号の
メモ帳のようなものが見つかったという。携帯は見つからないのかとする
中で、マックスの発信器を取り付けたであろうブースの光景を見る
オーブリー。口に出すなというブース。被害者が携帯を持っていない
のは変だとして携帯会社に電話して番号を調べろと語る。

■概要

・ビルの駐車場で発見された遺体。
外にさらされていたことも有って鳥の糞が遺体に大量に付着して
いた。鳥の糞は菌も多く、更に骨に浸食してしまう為に早急に骨から
取り外す必要が有った。
前頭骨の大部分が欠損していたこと。
被害者は骨の状態から見て男性で30代半ばであると特定。
クロバエの状態から7日から8日までここに置かれていたことが判明
する。

■感想

少し謎めいたところも有ったけど、全体的に見ればコミカルな感じの
エピソードだったかな。
ただ正直大してエピソードは面白くない。

その先陣を切ったのはウェンデルがアンディと恋人同士仲良くしている
姿に有ったし、二人の関係は突然随分と近しいものになっていた。
ウェンデルの笑顔があまりにまぶしすぎるのがまたなんとも印象的。
アンディはS10-9に出て来たキャラクターだけど、2016年現在この
エピソード以降の登場がない。因みに倫理違反も何のそのウェンデルの
治験の際の看護師さんだ(といってもウェンデルは寛解したから良いのか)

第9話 刻まれた教授 The Mutilation of the Master Manipulator 脚本/Hilary Weism...

アメリカってミニゴルフでも職業になってしまうところが凄い。
どんなマイナーなスポーツでもある意味興行として成り立つのは羨ま
しいところ。といってもスポンサー有ってのものだけどね。

マックスが謎の行動を取り始めたことの意味は何なのかというのが
気になっていたけど、まさかブレナンと離れることになるきっかけ
となる過去の真実が明かされるとは思わなかった。
マックスの過去ってどうだったのかな。実はあんまり覚えていない。
時々マックスの過去の話が出てくるけど、その部分が自分には
ポッかりぬけているところが有るんだよな。確かブレナンを守る為
に人殺しはしたみたいな話にはなっていた気がするんだけど・・

マックスはブースがGPS取り付けていたのに気がついていたんだね。
その辺はまだまだ犯罪者的スキルは身についているのか。

マックスも情報網が有るのだろうけど、彼らを脅かしていた
マービン・バーロウが死んだという情報は何処で知ったんだろうね。
ちゃんとした正式な形で死亡して死亡証明書なり診断書が出たのかな。
墓泥棒だとしていたけど、墓を掘り出して骨でも調べた?
発砲した跡とかで分かるものなのか。
アメリカは土葬が主流なのでまだ遺体も原型を留めていたのか。
マービンはFBIでも10代指名手配犯の人物だとしていたけど、それなら
死んだ人物も公にされているか。

■身元判明まで

相変わらずDNAで被害者の特定をしないのはお約束。

今回は頭蓋骨の復元の作業も出来なかったし・・・

冒頭でオーブリーとブースが被害者について会話するシーンが
有る。細かい事だけど、ブースはオーブリーに対して被害者が携帯
を持っていないということを聞いて、携帯会社に問い合わせろと言って
いたけど、身元が分かっていないのに問い合わせろってどういうこと?

被害者は10年前にセントジョー病院で手術をしたトロイ・カーター。
兄のジェイクが先週捜索願を出しているという。
左上腕の大結節に空中スクリューという人工の治療が施されていて、
製造番号は分からなかったけど、アンジェラが身元を突き止めていた。

被害者はベータ遮断薬を飲んでいたことと右手の手根管症候群を疑って
いたことで暗殺者ではないかとまで疑いが有ったけど、トロイは
プロゴルファー。しかもミニゴルフ。

「ミニゴルフっていうとピエロの口の中にボールを入れるヤツ?」
と言っていたけど、ビエロ恐怖症と言えばブースなので、何かその辺
で面白いやりとりを期待したのはBONESファンのお約束なのか。

■ミニゴルフのマスターズ

サミーのトロピカルティキでゴルフ大会が有った。
そんな大会を目にしたブレナンが前に一度アヤワスカを”アラスカ”で
飲んだ事を思い出すと語っていた。

ティキ神というのが設置されていて、大会に出場している中には興奮
しているものがいた。ダーラとエリックの親子。
「今回のミスは一回だけ」「一回のミスが命取りになる」という。
トロイが死んでも大してダメージを受けない人の多いこと。

ライバルが殺すことも考えられた。
トロイはミニゴルフ界でもトップクラスだという。
サミーとロリの夫婦はトロイのことに期待して彼の為に金や時間を
費やしている人物だった。
ブレナンが「ミニゴルフ界のジャック・ニコルソン」と語ったのに
対して、サミーは「ジャック・ニクラウス(ニクラス)だよ」と言い直し
ていた。

ロリがモデルだと聞いたブレナンは、綺麗な指の骨にエレガントな
中手骨をしているとして、手のタレントをしていることを見抜いていた。

最近のブレナンは生きている人の骨を見てもよく素性を見抜くね。

■容疑者

ライバルで昨年のチャンピオンのウィンストンが疑われたり、ダーラ
と被害者が関係を持っていた為に、怒りっぽい父・エリックが関係
を知って殺したのか。ダーラは18歳、被害者のトロイは36歳。倍の年齢
か。ギリで犯罪ではないけど、アンジェラはかなり気持ち悪いと
していた。ただ不自然なことにダーラはゴルフ大会中にトロイが殺され
たと聞いても動揺していなかったようにも思える。

ダーラは後に
「父に関係がバレても構わない。彼と寝たのはパターが上手だから」
「ゴルフのパター?」
(<-一体それ以外何のパターだ(笑)) ただその後モーテルでトロイは何者かに連れて行かれたことを知り 似顔絵が作られていた。 ・兄のエリックも後に容疑がかかる。 彼が造園業を辞めてから収益が落ち、昨年は客の1/3を失っている ことが分かる。 何よりもモーテルで連れ去られた際にダーラが似顔絵を作ったら エリックそのもの(笑)

■ミニゴルフは物理学

トロイのメモ帳を見てコースの細かい地形図や攻略図などが書かれて
いた。一般のゴルファーならそれなりに風速や傾斜をよんだり計算した
りするんだろうけど、ミニゴルフでそこまで詳しく書かれているとは
思えないな。
ブレナンはそんなコース図を見て「ニュートンが基礎物理学について
書いたノートみたいだ」
としていた際に、サミーは
「ミニゴルフは物理学だよお嬢さん」と語り「バランス、アングル、
ピッチ、ライが全て分からないとダメ」だとしていた。
ブレナンは物理学さえ詳しければマスターになれるとばかりに、
自分がパットをしてカップにボールを入れてしまった。

「ワンインザホールっていうんでしょ」「ホールインワンだよ」
相変わらず中途半端に理解を持っていたりするんだよね。

■捜査・科学的

被害者の血液中にB型肝炎と黄熱病の抗体があることをカムは突き止めて
いた。骨修復が有るのは10日前。

骨のサンプルを粒度分布測定装置を使い調べると、
ニトロセルロース、酢酸ブチル、樟脳、赤色7号と34号が見つかる。
赤いマニキュアだということ。カムは骨折にケラチンかせ判断して人間の
爪が骨に付着していたことを突き止める。

■その他

・マックスの動きは?

ブレナンに行き先を告げずにクリスティンとの約束を破ることになり
彼女からの信用を失う。向かったのはオハイオということだけは分かっ
た。その後オハイオの警察から捕まったという知らせを受けたけど、
これも証拠保管庫から盗む為に捕まったのかな。
ブレナンが幼少期に盗まれた指輪だかイヤリングを取り戻したもの。
そこで初めてマックスはバーロウによって家族を脅されていたこと。
その際にそれを盗まれていつでも殺せるということを誇示されていた
ことを聞かされる。そして墓泥棒ではなく墓に眠るバーロウが
本物かどうかを調べに行った様だ。

・ホッジンズが時計を直す

ホッジンズはこういうの得意そうだけどね。
でも結局壊れてしまう。プランBとしてオークションで同じものを
手に入れており、そして中身だけをすり替えれば良いとしていた。

ただウェンデルは壊したことを正直に話すと、最初から壊れていた
(祖母の時代から)ことを聞かされる。男ならこういうところで良いと
ころ見せたいところがあるものだよね。腕時計はともかく、この手の
大きな時計なら部品は幾らでも代用品が有りそうな気もするけど。

・多重衝撃弾

今回の事件では銃弾の跡から一人ではなく複数のものが発砲したもの
でないと説明が付かないとされるところだった。ただケブラー糸で
繋がれたまま3つの別の小さな弾丸に分かれる弾があるらしく、それを
使ったものだろうとされた。

正直女性が殺したと考えると、こんな特殊な銃弾を使う訳もないし、
あの立体駐車場から墜落させていたけど、女性一人の力でトロイの
ような人物を突き落とせるのかという疑問が残る。
そもそも殺した場所があのミニゴルフ場だとしたら、そこから遺棄現場
まで運ぶ間に誰かに見られていそうだけどね。

■使用された曲

・Close Your Eyes by Split Screens

■出演者

テンペランス・ブレナン (Emily Deschanel) “ボーンズ”、法人類学者
シーリー・ブース (David Boreanaz) FBI捜査官
アンジェラ・モンテネグロ (Michaela Conlin) 骨格から似顔絵、PC技術
ジャック・ホッジンズ (T.J. Thyne) 知識が豊富、微粒子、昆虫
カミール・サローヤン (Tamara Taylor) スミソニアン責任者、組織検査
ジェームズ・オーブリー (John Boyd) FBI捜査官

ウェンデル・ブレイ (Michael Grant Terry) インターン、ガン寛解?
マックス・キーナン (Ryan O’Neal) ブレナンの父
クリスティン・ブース (Sunnie Pelant) ブレナンの娘

アンディ・ロバーツ (Shalita Grant) 看護師、ウェンデルの彼女
ロリ・タッカー (Arden Myrin) 手のモデル、サミーの妻
サミー・タッカー (Carlos Alazraqui) ミニゴルフ主催者
ジェイク・カーター (Chris Marrs) トロイの兄、造園業者
エリック・シムズ (Eric Allan Kramer) ダーラの父、怒りっぽい
ダーラ・シムズ (Alex Frnka) ミニゴルフプレイヤー
ウィンストン・スクラッグス (Drew Waters) ミニゴルフプレイヤー
ホリス・ペパル (Gary Ballard) 自殺しようとして遺体を発見
本人出演 (Hunter Mahan) ミニマスターズ出場
本人出演 (Brendan Steele)
— (Stevens Gaston) ジェファソニアン・テック
— (Carrie Gibson) 女性ゴルファー
— (Eric Shackelford) Mini Golfer
マービン・バーロウ

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336