コード・ブラック 生と死の間で Code Black 第16話 明日への希望 Hail Mary

リンク広告 テスト




第16話 明日への希望 Hail Mary

脚本/
監督/

【これまでのあらすじ】

マラヤはストーカーに襲われ腹部をナイフで刺される。アンガス
はマラヤに逃げろとし、犯人のゴードンを刺す。ゴードンは刺さ
ったナイフを抜いてしまい血が大量出血。止血して運ばれるが・・

【ストーリー】

救命士が患者を運んで来る。
・22歳女性、肺線維症、急性呼吸促進で飽和度70。
患者のリジー(Kati Salowsky)に付きそう夫のジェームズ
(Jesse Rath)。対応に出たガスリーはセンターセテージに運ぶ様
告げる。マリオにエアウェイを用意しろと。リジーはジェームズ
に対して「連絡して、呼んで・・」と連呼するがジェームズは
心配するなとし助けてくれるという。マリオとガスリーはリジー
の元に行くと深呼吸は出来るか問う。ぜん鳴の状態で呼吸音が
なし。マリオは頸動脈の怒張有りだという。ガスリーは緊張性
気胸かとし急いで用手的にドレナージをという。マリオはチューブ
を用意してくれという。そんな間にもリジーはジェームズに
「呼んで」という。傷跡が多数有り。ドレーンの跡でしょ?と
いうと肺移植は受けたのかと問うガスリーに二度受けていると
いうジェームズ。もう良いわというリジー。ガスリーは胸腔チュ
ーブを入れろと言うとリジーはジェームズを読んで欲しいという。
二人に対して先ほどから何の話をしているのかと問うと、
人工冬眠するのだというリジー。死ぬ時妻は遺体を冷凍保存
する会社と契約しているのだという。それで生まれ変われるのだ
というと上手く行くというリジー。

アンガスはマラヤを見かけると今日から復帰するのかと問う。
マラヤは迷ったけど・・と。大歓迎だよと。マイクもやってくると
復帰して何よりだとし何でも相談してと語る。マイクとアンガス
は運ばれて来た患者の元へ。

・ピート・ディレーニー (Beau Bridges)が娘のミア
(Emily Bridges)に連れられてやってくる。アンガスとマイクは
医師のレイトンだというとピートは兄弟なのかそれとも夫婦なの
かと問う。最近は複雑でなと。兄弟である事を告げる。
症状は腹痛と吐き気がするのかと問うと、ミアは外出中に突然
前屈みになったという。マイクは胃が張っていること。
アンガスにグル音を聴いて見ろと語る。リサは血圧が低めで体温
が39度だという。アンガスは腸閉塞の類かなというと、ピート
は何もこんな時に・・と語る。ミアによるとバレンタインデーの
チャリティー昼食会があるのだとし父が昔コーチしていたオデル
ベッカム(Odell Beckham Jr.)の表彰式が有り、代理人から招待状
が届いたという。ピートは義理で贈ったんだよというが・・
アンガスはまずは腹部のCTを撮ろうという。マイクはその通りだ
というと敗血症の検査だと告げる。オデルの元コーチとは凄いな
という。元々あいつは天才だったというピート。それでは検査を
しましょうと告げる。

クリスタはニールに声を掛ける。患者に付き添っている女性が
あなたに用があると言っているという。名前はグレース・アダム
ス(Meagan Good)。今居るのかと問うと彼女は前にこの病院の
ERで働いていた医師だという。グレースは患者のロズリーヌ
(Haley Brooke Walker)と居た。ハイチのポトープランスから連
れてきたという。グレースはボランティア団体の仕事でハイチに
居たんだとクリスタに語る。グレースはこの子には脊髄の腫瘍が
あり最近歩くのも難しくなってきたのだという。観光ビザで滞在中
にオペをしてくれないかという。それはキャンベル外科医の
担当だが納得するかどうかというニール。取りあえずCTで状態の
確認だという。クリスタはニールにグレースとの関係は?と尋ねる
がここで働いていた元同僚だと語る。

リアンはジェシーが朝食を食べている所にいく。
何も言わないでというリアンはER部長になった為に白衣ではなく
私服を着ていた。私服は珍しくないが勤務中は珍しいという。
医者なのにこんな格好をしているというと、残るならセンタース
テージに居たいというリアン。ジェシーに対して朝からメキシコ
料理なのかと問うと、祖母のアニータがよく言っていたことだと
して「肌は変えられない」という。リアンは「その奥の心臓も
取り替えられないわ」と語る。

リジーに対してジェームズはこれまで15回も乗り切っているの
だから今回も帰れるという。しかしこれまでの感じとは違うのだ
というリジー。ランドール社を呼びたいとし冷凍保存してもらう
のだという。脳と臓器を凍らせるのだというと、そんなの詐欺
だよというジェームズ。去年からそのプロジェクトの資金を集め
ているのだという。マリオに対して先生からインチキだと言って
あげてというジェームズ。このまま生きられる確率は?と同時に
問われ助かるのかと言われ助かるという。生きられると信じなきゃ
とジェームズは妻に説得する。でも万一の時にも備えたいという。

滞在は一週間。その後ハイチの難民キャンプに戻るとニールは
キャンベルに説明する。オペは必要は無いというキャンベル。
緊急性がある訳では無いこと。無茶な話で手術費だけで数十万
ドルもするんだぞと。グレースは助けが必要な少女なのよという
と、キャンベルはそんな境遇の少女は沢山いるのだという。俺次第
で13歳の少女の手術をしろというのか?小児科の紹介も無ければ
術前検査に胸部レントゲン、心電図に血液検査もまだだという
キャンベル。何日も検査にかけられないのだというと無理だとして
キャンベルは出て行く。リアンは彼は傲慢で頑固でねと。
でも確かに正論だと語る。仮のロズリーヌがバスで轢かれていた
にオペ室に行けるのだという。そんな目に合わないのが不幸に思え
るのねと。

クリスタは出産したケイティ(Annie Wersching)が赤ちゃんの
ジョシュアと共にやって来たのを診る。受診は賢明ですが産後
は疲れ易いのが普通で、帝王切開ならば特にそうだという。
しかし何となく変なんだという彼女。マラソンをしているから
毎日5kmは走っていたこと。産む2週間前までだと。マラヤは
心電図は正常だと語る。しかしケイティは息切れするしどこか
悪い気がするのだという。上手く説明は出来ないが・・。
クリスタは検査して感染症や合併症を調べて見ましょうと語る。
レントゲンには時間がかかるというジェシーはこの赤ちゃんを
どうするのか。身内は居るのかと問うとシングルマザーだから
頼める人が居ないのだという。クリスタはここで預かりますよ
・・・交代でと語る。

■感想

ストーカーのゴードンによって病院の医師たちは傷つき、今でも
それに関わったものの中にはそれを引きずっているものも居た。
院内での人事の変更を余儀なくされ、殺されたER部長のジーナ・
ペレロの変わりにリアンが指名され、彼女は残るならば現場で
医師として残りたいことを告げるが取りあえずはER部長を行い
全員を見守り管理する立場に。

一方問題を抱えているのは犯罪者で正当防衛とは言え医療以外
のところで犯罪者を殺してしまったアンガス。兄のマイクから
口止めされて真相は闇の中への葬られるが・・
そんな折り様々な患者が運ばれてくる。医師としては患者に向き
合わなければならないが・・・

今回はやたらと呼吸器系、肺をやられている患者が多く、
彼らはみんな息苦しい状態を覚えている姿が有る。その息苦しい
原因が分かっているものも有れば分からないものも有る。
その息苦しさと言えば、患者だけに該当せず、医師たちのそれ
ぞれの心境にもリンクしていて、今の状況は患者とは意味は違え
ど、辛い現実と向き合う息苦しさと同時にそれに抗い乗り越えよう
と踏ん張ろうと努力する姿が描かれた。

やたらと「神」という言葉も耳にした気がするし、人は信じる
べきものを信じるということで、その信仰心のようなものは
他人に理解されなくとも本人にとっては大事なものの様だ。

「シカゴ・メッド」でもアレンジされた格好で似た様なエピソード
は存在していたので、既視感があるのも否めないけど。

今回は人生の色んな選択を通して「決断」するのはものは誰なの
か。そしてその決断を決めるものは何なのかということがテーマ
となっていく。

■患者たち

・リジー

22歳で肺線維症の女性。結婚相手にジェームズが付き合っていた
けど彼は25歳。まだどう見ても新婚だよね。
一緒に居たいであろう二人だけど、リジーはこれまで肺移植や
容体の悪化などに疲れて、現世ではもう治らないと考えて居る
みたいだ。50年後に医療の発達によって再生・蘇生出来ると考え
ているようで、冷凍保存の会社ランドール社と契約し、脳と
臓器だけを凍らせて取って置くというものだった。

担当したのはガスリーとマリオだったかな。

ジェームズは容体が悪化していくリジーに対してずっと励ます姿か
有る。当然呼吸が苦しく頸動脈の怒張、緊急性気胸、そしてつい
には肺水腫であることが判明。

ピートが調子が悪いのと同時くらいにリジーの容体も悪くなって
いった。呼吸チューブを入れる為に麻酔。スキサとエトミデート
を投与するとするが、ジェームズは一度呼吸器を入れると
二度と外せないということを知り躊躇う。そこで他の方法を
模索するとリアンはバイパップというチューブを入れずにマスク
を通して呼吸を助ける方法を採る。上手くいけば肺水腫が改善す
ると。

結局治らずにヘザーが遺体を引き取っていく。
しかし亡くなる前に交わした二人の会話が良かったね。

・ピート・ディレーニー

娘のミアと来た。ピートはオデル・ベッカムというNFLの有名な
スーパーレシーバーで、ピートが育てて色々な教えを施している。
ピートはオデルにバレンタインデーのチャリティ昼食会に招待され
る。ピートは代理人から手紙が来ただけだとしてちょっぴり
拗ねていた感じ。
やってきたのは急に腹痛と吐き気が起きたこと。血圧は低いが
体温は39度。

この患者かアンガスとマイク、そしてリサがサポートに入る。
最初に二人のレイトンを見た際にピートは家族か夫婦かとして
尋ねていたけど、アメリカでもそういうカップルが多くなって
来たってことなのかな。

腸閉塞ではないか。敗血症の検査をするというアンガス。

ただアンガスはそうすぐには悪化しないだろうと考えて検査は
後回しにしていた。生食、ノルアドを増やす。下大静脈は容量
が減少して虚脱していること。生食4リットルもバンコマイシン、
ゾシンを投与。

実はピートの前立腺ガンが一年前に発覚していた。
進行が遅いというのでどうするべきか考えて居たが進行は遅くは
なかった。
結局生きる為には直腸を全て取らなければならないことに。
しかもその後も合併症や尿路、インポテンツ、人工肛門の問題
など様々な問題が有る。

ピートは手術はしないという。死ぬ寸前まで自分で決めるという。
ピートは妻のベスが出て行った為に生きる意味というのを見失って
いるようだ。

オデルに説得してもらおうとする。
今回はやたらと過去に教わったとされる人からの文言が引用され
たな。
コーチと選手だけでなく、医師同士でも同様に過去に教えられた
ことをまるで押しつけるようにして、言った本人にそれを言い返す
というシーンが多かった。

ピートはオデルから義理で呼ばれたのではないかと思っていたが、
ネットに掲載された彼のスピーチにはピートへの賛辞が語られて
いた。

・ロズリーヌ

ハイチ人の少女。
この病院のERで働いていたニールとは訳ありっぽいグレース・
アダムスが連れてきた。彼女はボランティア団体の仕事でハイチ
に行っていたのでその時にこの子を見つけた様だ。
そして彼女は脊髄に腫瘍が有り、観光ビザでアメリカ滞在中に
治療を行おうとする。
しかし手術するには外科部長のキャンベルを接触しなければなら
ない。

体調が悪化して自律神経の異常反射、腫瘍が原因で血圧が大きく
上下していること。血圧を下げないと脳出血の恐れがある
という。ニカルジビンを投与するが、それが効くまでは時間が
かかるのでラベタロールを投与。急変した為にオペが必要だと
いうことになり、ニールが異動を申し出て手術することになるが、
結局出血を止められずに、キャンベルを呼んで手術してもらう
ことになる。

どうでも良いけど、普段と違って少しクリスタの髪型が変わって
いたね。

・ケイティ

人工授精してジョシュアを出産した38歳のシングルの女性。
演じていたのはAnnie Wersching。「24」ではジャックの相棒と
してシーズン7から8までの間戦ったレネ・ウォーカー役を演じた
彼女。

マラソン好きで出産2週間前までランニングしていたというが、
出産後にはどうも倦怠感というか疲れ易く、クリスタは帝王切開
後は普通のことだとしながらも、彼女はどこか悪い気がすると
していた。

マラヤとクリスタが担当することになるが、どちらも子供に関して
はちょっぴり感情移入してしまう人物。心電図に異常はなく
当初はいつでも退院okみたいな感じだったけど、
術後の無気肺が認められ、肺の一部、左の肺がきちんと膨らんで
いないので息切れするのだという。数日安静にしていれば退院
出来るとのことだけど、そんなもんなのか?

ただクリスタは一人で住んで赤ちゃんを育てている中で、そんな
彼女を一人で帰すことに違和感を覚えている。引き留める理由は
無いが不安だというクリスタ。

しかしそうしている間にケイティは心拍数が気になる。
マラヤは肺塞栓症になったのだろうとしバイタルを見ると
酸素飽和度の低下。酸素レベルが低く、リザーバーマスクという
高濃度の酸素を肺に送ることに。しかし肺塞栓症がそれで治る
訳では無い。肺に血栓があるせいで心拍が高いであろうことを
告げる。

血栓を溶かす薬TPAを使えば治る。しかし彼女は帝王切開をして
いる為に下手すれば出血は止まらなくなる。
どうするべきかの決断に迫られマラヤはTPAを薦める。
そのせいで出血が止まらなくなり、至急全体から漏出する。
分娩後の異常出血の処置は、その際は子宮の収縮を促すように
するのだという。尿道バルーンを使って至急に挿入。バルーンで
圧迫。

■その他

・肌は変えられない

勿論肌と言ってイメージするのは人種だろうけど、性格的な
もの、習慣的なもの、環境的なことでも肌という言葉を使用する。
今回は冒頭ではメキシコ料理ばかり食べるジェシーを責めていた
リアンだけど、リアンが私服を脱いで白衣に着替えた時には
「肌は変えられない」ことを口にする。

・マリオとヘザー

この二人の関係が元通りになるかは謎だけどヘザーは巨額の学生
ローン(25万ドル)を返す為に、今回詐欺のようにして存在して
いるSFドラマに出てくる様な「冷凍保存」の会社でアルバイト
している。マリオは呆れるもくだらないことは分かって居るが
それで喜ぶ人がいて金ももらえるという。

・マイクとアンガス、レイトンブラザーズ

リアンが色々と口を挟もうとするが、マイクがそれを止める。
リアンが主任の時にテイラー部長やペレロ部長が同じ事をしたら
許せます?と問うと、彼女も納得したみたいだ。

ただマイクが身内を贔屓にすることはないと思うけど、それでも
やはり誤解されない為にもあんまり兄弟で指導医と研修医の立場
として接しない方が良いと思われ・・

最後にアンガスは死亡した男の葬式に出席していた。

・グレースの登場

今の所シーズン1の最終話まで出演するみたいだ。

正直ロズリーヌには何の責任もないが、グレースという女性は
今の所自分の目には最悪に写っている。ニールを捨てていった
であろうこと。ニールが傷ついて立ち直り始めたのにそこにまた
現れるという暴挙。それを見たクリスタがちょっぴり妬いている
じゃないですか!?

手術して一週間後にハイチの難民キャンプに戻るという。
キャンベルは今の所は緊急性がないので手術することは出来ない
し、何よりも手術すれば数十万ドルの費用がかかる。

グレースは誰も傷つける気はなかったとしているが、完全に
人の人生を滅茶苦茶にしている女性。

最近の日本は観光大国になりつつある。
日本に来た旅行者が倒れるケースが有り旅行用の医療保険に
加入していない人のニュースが至るところで耳にする。
妊婦が早産になり医療センターに運ばれて最低600万円の医療費
がかかるとされたが、心臓発作で倒れた外国人の医療負担は
1600万円だったというニュースが一ヶ月もしないウチに連続
してYAHOOニュースを通して伝わってきた。

結局医療費の問題がどうなるかグダグダのままだったし、突然
ニールはこの手術の為ばかりに外科に異動を願い出るという。
しかも待遇の問題を有利にしようと主張していたが、そうも
言ってられることなのか。

話を聞くとグレースはロズリーヌの中に過去の自分を見ている
様だ。勉強をしたいのに苦労した環境。その為に拘り、ロズリー
ヌをアメリカに移民させて学習させるのが目的なのかな。

・ニール

決してニールは嫌いじゃないのだけど、外科に異動することに
なり、その途端に外科医としてのスキルがアップする訳では無い。
彼は確かに外科医の研修を受けているとはするがそんなにスキル
が高いとも思えないし、そもそも立場的には弱いハズ。

キャンベルからは俺の部署だとし、研修医にオペ室看護師など
割り当てを決めるのは俺だと言われ、ニールのオペも自分が決め
ると言われる。

ニールはキャンブルの意向を無視して手術したけど、結局出血が
止められずキャンベルを呼ぶことになる。助手として入るという
ニールだが、そんなの必要無いとして排除される。

■使用された曲

■出演者

Dr.リアン・ロリッシュ …… 主任指導医
ジェシー・サランダー …… 看護師長
Dr.ニール・ハドソン …… 指導医
マリオ・サヴェッティ …… 研修医、NY大
クリスタ・ロレンソン …… 研修生、ブロンド
マラヤ・ピネダ …… 研修医、優秀
アンガス・レイトン …… 研修医、マイクの弟

リサ・パーク …… 看護師
ヘザー・ピンクニー …… 外科・研修医
マイク・レイトン …… アンガスの兄、指導医候補
Dr.ウィル・キャンベル …… 外科医
エドワード・ハルバート …… 病院長、エド

本人出演 …… NFLスーパーレシーバー
ケイティ …… 38歳女性、人工受精
ジェームズ …… 25歳、リジーの夫
ミア・ディレーニー …… 娘
ピート・ディレーニー …… 父親、NFLコーチ
グレース・アダムス …… 元ER医師、海外ボランティア
リジー・バーネット …… 22歳、肺線維症
ロズリーヌ・ボーヴォ …… 13歳、ハイチ人
…… 司祭
アニータ …… ジェシーの祖母
ジョシュア …… ケイティの赤ちゃん
ベス・ディレーニー …… ピートの元妻

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336