シカゴ・ファイア Chicago Fire 第20話 野心 Ambition

第20話 野心 Ambition

監督/Arthur W. Forney 脚本/Andrea Newman
Michael Gilvary

スポンサーリンク
レンタグル大336

【これまでのあらすじ】

ボーデンは子供の死に挙手、敬礼をスタッフに求めて送る。
消防署が銃撃の襲撃を受ける。
バイカン刑事はボイト刑事との関係は有るのか尋ねるケイ
シー。彼はギャングへの影響が強いと。セブライドはミルズ
にレスキュー隊に推薦する。タラ・リトル(Brooke Nevin)
を連れて来るボーデン。候補生と一緒に出動して評価を
聞かせてくれという。オーチスはミルズとドーソンにどっち
から誘ったのかと問うとミルズはドーソンからだろうとし
ボクをディナーに誘ったという。しかしドーソンはあれは
デートではないと否定する。カーチスは怪我をする。
シェイはセブライドに私と赤ちゃんを作りたいと思わないか
と問う。セブライドはやるよと返事。ケイシーの家に行く
セブライドは彼がヘザーと一緒に一晩を過ごしたことを知り
激怒。しかしケイシーは寝ていないことを言うが、セブライド
は認める度胸も無いヤツだと語る。既に説明はしたので
繰り返し話す事は無いというケイシー。お前の勘違いだよと。

【ストーリー】

ケイシーとセブライドはロッカールームで鉢合わせするが
挨拶もせず。シェイはセブライドの元に来るといよいよだ
と語る。今朝病院でホルモン注射を受けたこと。気分はどう
か?とすると何も変わりないという。排卵日は2、3日後
だから他の予定は入れないで置いてという。これで調べて
私が準備okなら一緒に病院に行き互いに任務を遂行するという
シェイ。
ワクワクしているという彼女に対してセブライドは俺もだ
と語る。

オーチスとクルースは署内にピーカン・キャラメル・ポップ
コーンが沢山置いて有るのに気がつく。ハーマンに見つかる
前に食おうというと、ケイシーはハーマンは狩猟に行って
いるという。誰の差し入れなのか?とするとミルズは救急隊
の候補生・タラだという。彼女は95分署のシフトでよく
やっていたとボブ・マッカロイが言っていたというオーチス。
それを聞いたクルースはお前はタラ狙いなのか?と。
何か香水をつけていないかと指摘される。

セブライドに対してキャップが捜していたことを語る。
タラに美味しいことを語る。みんなに優しくしてもらう
為よとタラ。君は優秀なグラフィックデザイナーなんだ
ろう?というオーチス。6万ドルの学生ローンを組んだのが
痛かったという。ミルズはどうして救急隊を選んだのか?
と問うとルームメイトが35分署にいて救急隊の彼女と話を
したら消防の仕事をしたいと思ったという。

そこにディスパッチの声。
●ポンプ51、はしご81、レスキュー3、救急61
「工場事故、ラシーンとストリートの角」。
作業員のフォークリフトで突っ込み相手に崩れたのだという
ミルズ。フィル・マンフレディ(Wardell Julius Clark)だと
ドーソンに告げる。ドーソンは爪が亜エク成っていること。
タラはショック状態なのか?と。頸椎を真っ直ぐに持ち
体を温めるのだという。
セブライドとケイシーは互いに被害者を助ける為に方法論が
違っていた。ケイシーはスプレッターで鉄骨を持ち上げよう
とするがセブライドはトーチを使うという。不安定なので
持ち上げたら何か落ちる可能性が有るからだと。
現場監督(John F. Gray)に可燃性のものは有るかを尋ねると
無いと語る。セブライドはトーチで切断するがケイシーは
可燃性と書かれたものを見つけて避難するよう告げる。
爆発する。ハドリーとセブライドは吹き飛ばされかけるが
フィルを落ち着かせてなんとか救急車に運ぶ。

ミルズが居ない・・はしご81は彼がセブライドと会話して
いるのを知って置いていこうという。ミルズは酸素アラチレン
トーチ以外のものはどんな使い方をするのかをセブライドに
尋ねていた。初心者でもコンクリートの固まりを切れるの
だという。他の機材も見せるよとセブライドはミルズに指導
する。そんなセブライドたちもその場から立ち退く中、
ミルズは置き去りにされたことを知る。

ハドリーとキャップは疲れたとして飲みたいことを語る。
マウチはミルズにトイレ掃除だとして署に戻ってすぐに
道具を渡す。
タラはセブライドに共通の知り合いがいるとしてジェニファー
ロビンソンの名前を出す。スビーベアーのバーで働いている子
で彼女がよろしく言っていたという。友達の知り合いがいて
良かったという。51分署は良いチームだとし君もすぐに上手く
いくという。シェイとドーソンとはどうか?とすると今も
ドーソンに頼まれ毎をしているという。

オーチスはドーソンにこれを見てくれと語る。
祖父母の写真でマドリードで撮影したものだった。
ここで祖父がプロポーズしたこと。ロシア系のお爺ちゃんは
こんな良い顔はしないという。ヨーロッパで一番古いレスト
ランの一つ。いつか行きたいという。「モリーズ」にも
重厚で時代を超えた価値を持つドアが有ったら良いと思わな
いかというドーソンに対して、祖父母の話はそこに繋がるの
かと語る。今は店のデザインは無理だとしハーマンは
オンタリオの森の中で連絡が付かないこと。今だからこそ
決めたいというドーソン。古い資材のドアを売る店は
知って居るというケイシー。捜してみたらどうか?という。案内
するというケイシー。

二人で話が有るというミルズとケイシー。
ミルズは今朝のことを取材する。不適当な行動を取ったこと。
でもレスキュー隊を目指すのを認められたと語るミルズ。
だが今ははしご隊の一員だとしその任務を全うするんだと
語るケイシー。

■感想

色んな意味で危険の足音が迫るエピソード。
ドラマとしてもシーズン1の終盤にさしかかっているからね。

折角やってきたタラ・リトルが実は単なるビッチだったところ
がショックな訳だけど、もしかして共通の友人のジェニファー
とやらがセブライドによって傷つけられたとか、タラが
誘われずにプライドが傷つけられて仕返しに来たとかあるの
かな。
でもどう考えてもタラの行動は他の人がみて居るし、セブラ
イドにかけられたパワハラ的嫌疑は晴れそうだ。
オーチスは狙っていたみたいだけどこんな人物にハマらなく
て良かったな。

また今回はハーマンが何処かに狩猟に行っている間に妻で
妊婦のシンディが痛みで倒れる。なんと肺塞栓症を患って
いたということで、今回は身内や消防士たちも危険が迫る
ところが有った。
そして何よりもカーチスが殺されたことによってどんな
弊害が生まれてしまうのか。

■エピソード的には・・

・ケイシーの恋愛問題

うーんちょっと忘れている部分も多いのだけど、ミルズが
ドーソンと結ばれるきっかけとなったことってケイシーには
恋人が居たからだっけ?
ドーソンとミルズの間でどっちがデートに誘ったのかで
ちょっとした食い違いがあるも、それが重要な役目を果たし
たりするのかな。

ドーソンはミルズとの関係を無理に進めようとしているけど
やっぱりケイシーに惹かれているのは明らか。
ケイシーとの宝探し/アンティークドア探しをすることで
“普通に”と語るドーソンにシェイは「好きな気持ちを隠し
キスしたい衝動を隠すのが普通?」
と思わず突っ込まれていた。

ミルズがレスキューで忙しくしている中でケイシーとの関係
が進んでいくが・・

・シェイの人工授精問題

シェイとしては準備万端。セブライドにも2、3日中にヤマ
だから用意しておいてと告げる。ホルモン注射を打って排卵日
に上手く任務を遂行させようとする。

しかしシェイは元々男っぽいハキハキした所はあるけど
ホルモン注射を打つことで益々男っぽい粗さが出て来てしま
った。
セブライドがタラと賭けをしてビールを一緒に飲むことになり
その流れからシェイとの約束を忘れてしまう。

その件で一端はセブライドに対してシェイは決別宣言をする
も、翌日になるとホルモン剤の影響が抜けたのか、友情は
絶対に壊したくないものだとして仲直りしていた。

・ミルズは本当にレスキュー向き?

ミルズは任務中にもレスキューのセブライドにベッタリ。
その事も有ってはしご隊としては気分が悪いし任務も
疎かになっているということで現場からは置いてけぼりに
されるわ、トイレ掃除をさせられるわと散々。
ケイシーからドーソンを奪われそうだぞ!!

ミルズは許可は得ているということを盾にしていた。
その件でボーデンに話をするケイシー。
ケイシーはミルズがレスキューの道に進むのは早いと思って
いるみたい。

「才能を見抜いて育てた部下をレスキューに横取りされる」
ことへの指摘をされるも、ケイシーは自分やチーフ自身の
気持ちは関係無いとして、「ヘンリー・ミルズへの義理も
関係無いと言えるのか?」
と問う姿が有った。

人には向き不向きがあり、タラも忙しい現場では難しいと
判断された。ただその判断をハッチャー署長に聞かれて
「度胸がない」という判定を出した。

・タラ・リトルとしては・・

この人はグラフィックデザインの才能は有った様だが、
突然進路を救命士に変えた。人生は分からないものだね。
候補生として先週ボーデンに任されることになったけれど
結局の所彼女が出来そうな所は都会ではなく郊外向きと
されそうだ。
立ち去る際にタラは急にセブライドに厳しい態度を見せた
かと思えばパワハラ/セクハラを受けた様なことを言って
滅茶苦茶にしていきそうだ。

・ハリーが戻る?

ケイシーとは婚約関係だった人だけど、ここへは当分戻ら
ないとして自分探しと称して南アメリカの何処かで医療活動
にいってしまった。

そのハリーが最後に「モリーズ」で登場する。
元々ハリーはレイクショアの病院勤務だったので、シンディ
が運ばれた病院だしそこでケイシーを見かけたのかな。

■事件です。事故です。

・工場の事故

ポンプ51、はしご81、レスキュー3、救急61が呼び出される。

フォークリフトで突っ込んでしまい挟まれてしまった。
セブライドとケイシーの現場での判断は違っていた。
鉄骨を切断すべきか、それともジャッキのようなものであげ
るべきか。結局セブライドの判断が優先される。その件で
ミルズは益々レスキューへの思いを募らせたか。

・裂傷事故、ノース・トルマンAVE670番地

救急61が呼び出された。状況からはしご81も追加招集。

アーリーンとデニスの自宅でガレージのシャッターを直して
いる最中にデニスは手をシャッターに挟んでしまうという
もの。最早手は使い物にならないくらいにヤバイ状況だったが
ドーソンの適切な対応で上手くくっつけることが出来た。

・シンディが倒れる

シェイと共にロッカールームにいる際に倒れてしまった。
ハーマンは森の相当奥に行っているので連絡は付かないだろう
とのこと。
レイクショアで検査してもらおうと言っていた時に突然意識
を失った。酸素飽和度が低く肺塞栓症かも知れない。
救急車で運ぶ間に挿管してアンビューバックで呼吸補助。
医者はすぐにTPAを投与した。
血栓が肺に達していたのでそれを取り除いた。
抗凝固剤の投与したが出産までは安静が必要だということに
なる。

・住宅火災ウエストトーマス8800

ポンプ51、はしご81、レスキュー3、救急61が呼び出される。

中に人が見えない。外を見て回ると違法に配電装置を繋いで
電気を使っていた。調べていく内に室内で大麻の栽培をして
いることが分かる。

ただこういう場所には罠があるということでみんなで再三
注意を促していたがキャップが通電している電線に触れて
しまい大変なことに。入る前に一本の線は切っていたが
二本目が有った。
ケイシーは2本目を切ったがまだ電力の可能性もあることも
否定出来ない。それでもキャップを助ける為に助けに入った。

助かったキャップは
「フィッシュのライブ会場の臭いがした」
余程大麻の匂いのするライブなんだな。

・発砲現場

住宅火災から連続して発砲現場にはしご81が要請された。
ただこれははしごの仕事か?
シカゴ警察はどうした。
縄張り争いで不良少年たちが撃ったとされ被害者がカーチス
だと知る。ボイトのおとり捜査の協力者だった。
彼が居なくても起訴出来るとしているが・・

■その他

・ミルズの疑問

ケイシーに対して何故レスキューを目指さないのかを尋ねて
いた。ケイシーは助けられる人にとってはレスキューもはしご
も関係無いとして語る姿。

・モリーズの完成

アンティークのドアを購入して取り付けた。
みんな絶賛していたし、その場所でドーソンはケイシーと
ツーショットで何度も撮影していたね。これを見たら
ミルズはあんまり良い気分はしないのかも。

しかもドアを購入する際にドーソンはミルズとの電話で一人
で買いに来たようなことを言っていたが実際にはケイシーと
買いに行っていたことがばれる。

■使用された曲

■出演者

シカゴ消防局51分署
マシュー・ケイシー (Jesse Spencer) 第81小隊・小隊長
ケリー・セブライド (Taylor Kinney) レスキュー第3小隊長/救助
ガブリエラ・ドーソン (Monica Raymund)救急第61隊、現場責任
レズリー・シェイ (Lauren German) 救急第61隊、ゲイ
ピーター・ミルズ (Charlie Barnett) 第81小隊・候補生
クリストファー・ハーマン (David Eigenberg) 第81小隊、4人の子
ハリー・トーマス (Teri Reeves) レイクショア病院・研修医
ウォレス・ボーデン (Eamonn Walker) 51分署大隊長
ジョー・クルーズ (Joe Minoso) ピーターを案内する、ハゲ、ヒゲ
ブライアン・スヴァナチェック (Yuri Sardarov) “オーチス”、81
ランディ・マクホランド (Christian Stolte) “マウチ”、組合代表81
キャップ (Randy Flagler) 第3小隊ロープを垂らす、ハゲ
ケヴィン・ハドリー (William Smillie) 第3小隊ロープを垂らす
? (Anne Lockhart) ディスパッチの声

タラ・リトル (Brooke Nevin) 候補生、評価対象
シンディ・ハーマン (Robyn Coffin) 38歳、肺塞栓症、妊娠26週目
ハッチャー (Sam Porretta) 署長
カーチス (Roosevelt Booker) ボイトのおとり捜査の協力者
デニス (Tony Bozzuto) ガレージのシャッター修理中腕の事故
アーリーン (Susan Shunk) デニスの妻
(Ian Bratschie) 麻薬栽培?
(Molly Glynn) 医者
フィル・マンフレディ (Wardell Julius Clark) フォークリフトが突っ込み・・
(John F. Gray) 現場監督
(Joe Farina) 制服警官
(Gary W Golden) 医師
(Steve Piper) 消防士
(Michelle Roman) 顧客
ボウ・マッカロイ 95分署
ジェニファー・ロビンソン カビーベアのバー
ブランソン セブライドの知人
ヘンリー・ミルズ ピーターの父

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336