デビアスなメイドたち Devious Maids シーズン4 第5話 災い転じて… A Time To Spill

リンク広告 テスト




第5話 災い転じて… A Time To Spill

脚本/Sheila R. Lawrence
監督/David Grossman

【Previously on ..】

映画監督のエリオットはマリソルが撮影現場に来たので
楽しいか尋ねる。君の本が目の前で映画になるところだと。
しかしマリソルは期待と違うと否定する。エリオットは文句
ならば社長のピーターに言ってくれという。ピーターは
マリソルに今夜食事をしながら相談しようと語る。
エイドリアンはカルメンに子供がいることを知って驚く。
ダニエラはホセフィーナに養女にしてもらったというカルメ
ン。ダニエラの奇行に手を焼くカルメンは故郷のプエルトリコ
からホセフィーナを呼ぶ。ダニエラがここで歌手になりたいと
語ったことを受けてカルメンは容認させたいがホセフィーナは
反対。あの子の人生にあなたは口出し出来ないことを告げられ
たカルメンは私はあの子の産みの親だと語る。それを聞いた
ダニエラはショックを受けて飛び出していく。エヴリンは主人
の所に戻らないのでマリソルの家で暮らすと言う。しかしその
後マリソルはエヴリンに対して何とか自分で稼ぐことを告げ
その為には働くのだ!と告げる。「そんな忌まわしいことを
この私に向かって言ったのはあなたが初めてだ」というエヴリ
ン。しかしマリソルはエヴリンのキツイもの言いは活用出来る
と考えて助手として働かないか?と誘う。ゾイラは男前が
尋ねて来て家と勘違いされて訂正できなかったことを語る。
カイルとデートする中で母だとしてフランシスを紹介される。
フランシスは私も気に入ったがふさわしくない・・将来は考え
てあるという。カイルは友達で居られるなら嬉しいとして
ゾイラを振る。フランシスはゾイラに対してエイドリアンを
紹介する。その二人はひょんなことからキスすることになり
それをカイルは見て居た。
ジャンヴィエーブは美容師のファビアンのことを面白く、楽
しく、情熱的だという。彼こそ私の親友だとロージーに告げ
る。そのファビアンはジャンヴィエーブに【円(サークル)の
完成(JOYNETICS)】の本を渡してそれを読むよう告げる。
スペンスはジョーによって逮捕されるとベンが力になるとし
真犯人を突き止めるという。しかしベンと面会した直後に
スペンスは自分がペリを殺したと自白する。ロージーは【洗脳
された】のだとしてだから嘘の供述したのだと語る。ベンと
シャノンとベンは身体の関係になる中で「サークル」について
言及するのをロージーは聞いてしまう。しかしその意味は
スペンスにも分からなかった。面会室にいる際にスペンスは
突然倒れてしまう。

【STORY】

スペンスは拘置所からドーヒニー病院の個室へと移される。
スペンスは目覚めると目の前にはロージーがいた。
彼は怖い夢を見て居たとしてペリが死んでボクは監獄にいく
夢だったという。しかしロージーがそれを否定する前に
スペンスの手には手錠がして拘束されているのを知り夢では
ないことが分かる。ロージーは拘置所で気絶したことを説明
すると、刑務監視官のバーニーに対して意識が戻ったことを
語る。
拘置所に比べるとここはタージ・マハルだとしシーツに穴も
なく清潔だと。ロージーは何で気絶したのか気にならないの
か?と問うと、深刻な病気ならずっと居られるという。
そこにブルックス医師(Scott Takeda)がやってくる。
彼によると【離脱症状】だという。バルビツール酸素の薬
の様だというブルックス。しかしスペンスは薬など飲んでは
いないという。ロージーはベンに薬を盛られたのだとして
嘘の供述をしたのだという。今はその離脱症状が出たと。
あさってには拘置所に戻れるというと、スペンスは脳腫瘍
でもないか?と問う。

ピーターとマリソルは一晩を共にする。
夕べは最高だったとすると、エヴリンはマリソルに10時から
仕事なのにつまらないノロケを聞かせるのかと語る。
パーティーがあるというマリソル。【ハミルトンハウス】
の貧しい子の為のチャリティーをするのだというマリソル。
ピーターは自分の会社も支援しているという。一緒に来てくれ
って頼むつもりで居たのだという。マリソルはスタッフ40人
を仕切らないといけないというマリソル。君を仕事仲間に紹介
したかったという。仕切りは部下のエヴリンに任せれば良い
というピーター。仕事を頼むのが一苦労なのよとマリソル。
エヴリンは電話に何度出れば良いのか?と問うとマリソルは全部
よ!!と。

ダニエラに何度も電話するホセフィーナ。
一体何処に居るのか。カルメンは落ち着いてとしまだ居なく
なって10時間だという。ホセフィーナは迷子、怪我、子犬を
連れた男について行ったかもと心配する。しかしカルメンは
彼女はもう子供ではないとし電話に出ないのは出たくないから
よと。あんたは落ち着いているよわねと。顔を合わすのが怖い
んでしょと。ホントのことを知られたからとホセフィーナ。
ゴミみたいにあの子を捨てていったとホセフィーナ。
あの子は根に持つタイプだと語るホセフィーナに最悪な気分
だというカルメン。ただあの子はあんたが思うよりもしっか
りものだから大丈夫だと語る。

ダニエラはジェシーの元に泊まっていた。
ダニエラは表示には”ママ”と書かれた電話が鳴っていたが
一切出ようとはしなかった。ママが二人いることを告げる
とダニエラは頭が割れそうに痛いとして二日酔いだった。
夕べは愚痴を聞いてくれたことに感謝すると、ジェシーは
今日も続きを聞くよと語る。それよりセクシーに一発・・
とダニエラの方から迫るが今の君はセクシーとはほど遠い
としてカルメンかホセフィーナに電話するべきだと語る。
放っておけば良いのだとし二人とは口をききたくないのだと
いう。カルメンにはここに居ることを言わないでと彼女。
いつかちゃんと話し合わないと駄目だというが・・

カイルはゾイラの元へ。
これからジョギングに行くとして上半身裸だった。間違って
ウチの手紙が届いていない?と尋ねる。この間の夜見慣れない
車が停まっていたけど車を変えたのか?と詮索するカイル。
私を監視しているのか?というゾイラに対して、カイルは
人の出入りが気になるのは防犯意識のせいだと語る。
ゾイラはデートしていたのだとしこれからも夜中にあの車を
見かけるかも知れないという。

ビバリーヒルズ署。
ショーに対してロージーは薬で自白させられた話をする。
しかしショーは面白い話だがどんな薬を使えば自白する
のかと語る。ロージーはネットで調べたとし、人を殺した
って思い込むようなクスリが有ったのだという。
ショーは二つのことを例にあげてロージーはどちらだと
思うのかを尋ねる。

A) スペンスはクスリを盛られて意志に反して洗脳された
B) 依存症を抱えて入所してクスリが切れた

もちろん「A」です!!とロージーは語るのだった。

■Impression

うーん面白いといえば面白いのだけど、やはりシーズン4
はスパンが短いからね。
それぞれ興味深い流れが有るけど、上述した理由からも
このまんまストレートにものごとが進みそうな感じもする。
いつの間にか忍び寄ってくる宗教的カルトの存在は恐ろしく
も有るんだけどね。

基本的にはこのシーズンは「和解」がテーマなのかな。

・ジャンヴィエーブとゾイラ
・カルメンと娘のダニエラ
・エイドリアンとエヴリン
・ロージーとスペンス

また問題の過程には男女関係に於ける駆け引きによる
や親子関係に於ける「嫉妬」なんかも含まれている。

ここに入ってこないマリソルは誰とどう和解になるのかな。
マリソルは金持ちとメイドの良い仲介役ではあるんだけど
それ以外に書籍の映画化に関してはそんなに発展していき
そうにも無いし・・

カイルとフランシスが本当の親子関係なのかが気になる所
かな。
そしてゾイラの家の主は戻ってくるのかどうか。
ゾイラがメイドだと分かったときのカイルの反応など
謎としてはカイルの流れが一番気になる。この流れは
ロージーにも繋がっているしね。

忘れ去られたジャンヴィエーブとゾイラの子供たちのことも
気になる(笑)

それにしても相変わらず内緒に出来ない人たちだね。
カルメンだったか先週、私に話したら秘密を守れる訳が無い
ようなことを言っていたけど、今回はマリソルを除いたメイド
たちの間でマリソルには内緒だとしていたゾイラとカイルの
関係性だったり、またマリソルが勘違いしてジェシーから
聞いたカルメンの秘密(ダニエラは産んだ娘)だということが
勘違いの流れからあっさりと語られていくシーンがある。
その辺の流れはなかなか面白かったぞ。
やはりメイドたちの間に秘密は無しだよね。

■現在の問題を要約

・ペリの死を巡る顛末。

スペンスは気絶した為にドーヒニー病院に緊急入院。
バルビツール酸系の薬を飲んだことが原因で離脱症状が出て
倒れた様だ。
監獄に居るよりも病院に居た方がマシだとしてスペンスは
変な気を起こさなければ良いんだけどどうもスペンスは何時も
何処かでヘマをする。

ただこの薬を飲ましたのは恐らくベンであり、それで嘘の供述
をさせられた事を悟ったロージーは、もう一度同様のことが
起きるかどうかを試そうということでスペンスに離脱症状を
経験してもらうことにする。

刑事のショーからどんな薬を飲めば・・と指摘され物証がない
と警察も動けない事を聞かされる。ロージーはネットで調べた
ことを告げるが、せめて殺人の事件な訳だし一人くらいロー
ジーの為におとり捜査の見張りに協力しても良さそうだけど。

「ベンはいつもコーヒーを持って来てくれていた」
「あの中に入っていたのよ」

警察が協力すれば別に薬を飲む必要は無かったよな。
そのコーヒーを回収するだけで良かったんだから・・

ベンがスペンスの元にいく。
コーヒーを持ってやってくるとロージーはそれを携帯で録画
していた。

ロージーが余計なことを言っていた。
「あなたは監獄に戻りたい」
後になってその効果が聞いて来たらヤバイと思ったけどその中
には最後になって薬は入れなかったことを語っていた。

・ピーターを巡る二人の争い。

ジャンヴィエはもう撤退したで良いのかな。
マリソルはハミルトンハウスでのチャリティーパーティーを
するが、そこにはピーターの会社を支援しているという事で
一緒にパーティーに出る。

そこにはマリソルの本の映画化に際して一度は立ち消えに
なっていたけど、パーティーには

・ヒュー・メツカー監督(Sam McMurray)
・配給社のマーク・カーン(Johnny Green Jr.)
・企画のアンドリュー・ソスラー(Todd Gable)

が来ていた為に、脚本はマリソル自身が行うことで映画化に
向けて再出発するようだ。

更に三人の女性陣K・K・Kことキャンディ、キアスティン、
キルスティンが出席していてこのウチの二人は女優さんだ
そうな。名前が似すぎていてよく分からない(笑)

キアスティンとキルスティンは女優。
キアスティンはマークの為にダイエットしていることを告げて
いた。太ったら捨てられると。

マリソルは女性陣が男の脇役をすることはないという。
キャンディは家の会社の会長だとしてダニエラに言われる。

・ゾイラとカイル

カイルは裸でゾイラの前に・・・。

カイルがゾイラに近づく理由は何なのだろうか?
金づるだと思っているのか、それとも信者として入信させよ
うとしているのか。それとも本当に恋人関係に築きたいのか。

車を変えたということでカイルは心配する。
元々カイルが振った訳だし何とも言えない。

・エヴリンとマリソル (エイドリアン)

人を貶すのは得意だというエヴリンは、業者相手に一歩も
譲らない。その態度にマリソルは昇進話をちらつかせて
「スタッフの仕切りの担当」を任せようとする。

「別れなさい、如何にもハリウッド的男性優越主義」
「あなたをお飾りとしたいだけ」

しかし実際にはエヴリンは労働者として見られなくない。

今回のエヴリンのセリフ
「一体何回電話に出ればいいの?」(Evelyn)
「毎回よ」(Marisol)
「一体何度お礼すれば良いの?」(Evelyn)
「一度も聞いてない」(Marisol)

・社交行事

分担を決めて置こうとしてエヴリンとエイドリアンが呼び出す。

「子供の肥満撲滅仮装パーティー」
「過敏性腸症候群 カジノと葉巻」
「認知症すみれ色パーティー」
「ハミルトン家のチャリティパーティー」

流石はこの二人は相手を心理を読むことに長けているな。
エイドリアンはハミルトン家のパーティーにエヴリンが彼を
行かせないようにしていることが気に掛かる。
私が投資銀行家のバーソルミューと行くからだと。

・エヴリン

イブニングドレスでやってくる。
制服に着替えてとマリソル。その際にアシュリー
(Katie Carpenter)が引き合いに出されたけど可愛い。

当然エイドリアンは来てしまう。
見つかってしまうがエイドリアンは相手を紹介するとゾイラ。
ジャンヴィエのところのメイドだとしてエヴリンは大笑い。
取りあえず自尊心は守られたようだ。

ハミルトン牧師にエヴリンが食事に誘われる。

・ダニエラとカルメンとホセフィーナ

ついにダニエラが産みの親、育ての親の事実を知ってしまった。
ホセフィーナの心配は母親としての権利やダニエラの意識が
カルメンに向かってしまうことにあるのだろう。
カルメンとしても捨てたという罪悪感がある。

ジェシーは優しいね。
話さないと約束してしまうがアルコールに相当手にしていた
からね。

ジェシーの元に二人の母が駆けつける。
「ここおれん家だけど・・」(Jesse)
「プエルトリコの怒れる女2人がマジギレするよ」(Carmen)
「怒れる女3人よ!」(Daniela)

途中で一拍おいた後にダニエラとは会話することになるが、
彼女はやはりホセフィーナとは性格が合わずこれまでの人生
に違和感が有ったとしてカルメンの方にベッタリ。
ホセフィーナはダニエラから母親ではないと言われたことで
ショック。

しかし結局ホセフィーナ自身は結婚していないのかな?

・ダニエラ

ホセフィーナは一人傷心の中帰国してしまう。ダニエラは
カルメンに憧れているのか。それとも本当の母に会えたのが
嬉しいのか。父親は誰なのかを知りたがるダニエラに対して

「その話はしたくない」

カルメンは母親になる気は無いがやはり気を使っているのか。
本人は「母性が欠けている」と語っている。

ダニエラは帰国せずに父親探しをするみたいだ。

■メイドたちの時間

・話題が裸のカイル

ロージーはこの件に食いつく。
エイドリアンとキスされたのを見られたと聞いてカルメンが
相変わらずゾイラへの悪口が酷い(笑)

「彼、キス上手だった?」(Rosie)
「ヤダ聞きたくない」(Carmen)

カイルが嫉妬するならば・・

・話題がカルメン

マリソルがやってくるとカルメンに話しかける。

「私は知ってはいけない秘密を知ったようなの」(Marisol)
「口止めしたのゾイラ」(Carmen)
「正直今までバレ無かった方がびっくりよ」(Rosie)
「私だけなの知らなかったの」(Marisol)
「あなた怒るから」(Zoila)
「素晴らしいことよ、カルメンが母親なんて」(Marisol)

■その他

・ジェシーとマリソル

互いに相手が出来たことを語る。
マリソルにはピーター、ジェシーにはダニエラ。
カルメンとマリソルとは仲が良い。知りたくないことまで
教えてくれるという。

・ファビアンとジャンヴィエ

ファビアンはゲイを装ってジャンヴィエに近づいた?
バレエを見に行くというのはアメリカのドラマで描くゲイ
の描写的シグナルの一つだよね。
ただジャンヴィエはバレエダンサーの尻チェック。
ファビアンが繰り返しこの前あげた本を読んだか?と問われ
忙しいという理由で読んでいない。読んだだけでなにか
あるのか?本当にファビアンがしつこいので気味が悪かったね。

ジャンヴィエは彼を親友として見て居るが、彼は彼女にキス
をしていた。時々ゲイ声がストレート声になる。

ロージーに相談するジャンヴィエ。
私以上のグロスをつけて居たと。

またしてもディナーを共にする。デートだというファビアン。
お泊まりバッグ持参で来たという。相当やかましいファビアン。

「恋愛する気は無い」
「あの本は正直つまらない」
「あの本の思想は新しすぎるの。あなたは年だから・・」

・サークル

カイルはゾイラにチャンスをくれと語るとキスする。
しかし母親には内緒だと。

ロージーとジャンヴィエは会話していると、ジャンヴィエは
ファビアンの持ち物を捨てようとする。その中には
「サークル」についての本が入っていることが知る。
ファビアンがずっと読ませようとしていたとして、それは
カルトだという。

カイルとベンが接触。マザーはベンに不満を示していること
を告げていた。

■Used songs

■Cast

マリソル・スワレス (Ana Ortiz) スタッポード家のメイド
ロージー・ファルタ (Dania Ramirez) ウェストモア家のメイド、子供が
カルメン・ルナ (Roselyn Sanchez) 歌手志望、アレハンドロのメイド
ゾイラ・ディアズ (Judy Reyes) ゾイラのメイド、ヴァレンティナの母
エヴリン・パウエル (Rebecca Wisocky) 意地の悪い妻
エイドリアン・パウエル (Tom Irwin) 浮気性の夫

ジャンヴィエーブ・デラトゥア (Susan Lucci) 母、精神不安
スペンス・ウエストモア (Grant Show) 夫、ソープオペラ賞の男優
ジェシー・モーガン (Nathan Owens) 男性メイド
ダニエラ・メルカド (Sol Rodriguez) ホセフィーナの娘

キアスティン (Katrina Begin) チャリティパーティーにて
ピーター・ハドソン (James Denton) 映画会社の社長
ベン (Carlos Ponce) ペリのマネージャー、実は依存症相談役
カイル (Ryan McPartlin) カルト?ゾイラの隣人
ホセフィーナ・メルカド (Elizabeth Rodriguez) カルメン従姉妹
ヒュー・メツカー (Sam McMurray) 映画監督
ファビアン (Christopher J. Hanke) 美容師、信者
ジェームズ・ハミルトン (Sean Blakemore) 牧師
ショー (April Parker Jones) 刑事
アシュリー (Katie Carpenter) ケータリング・ウェイター
アンドリュー・ソスラー (Todd Gable) 映画企画
キャンディ・ソスラー (Laurel Harris) “キャンディ”、会長
カースティン (Lauren Olipra) チャリティパーティーにて
Dr.ブルックス (Scott Takeda) ドーヒニー病院
マイク (Julian Brittano) 捜査官
マーク・カーン (Johnny Green Jr.) 映画配給会社

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336