グッド・ドクター 名医の条件 The Good Doctor 第15話 親愛なる誰かへ Heartfelt

リンク広告 テスト




第15話 親愛なる誰かへ Heartfelt

監督/Regina King
脚本/Johanna Lee
Thomas L. Moran

【STORY】

ショーンはバスに乗って出勤する。
混雑しているバスの中集中するようにして彼はリアの

PLAYLISTとSHAREしてその曲を聴いていた。
ショーンは病院に到着すると警備員(Michael Sangha)に
何が有ったのか尋ねるとロビーでパーティをやるから
準備しているだけだと言われる。

●聖ボナべントゥラ病院

クレアから話を聞くと恒例のCharity Partyだと
いう。ショーンはお祭りみたいなものなのか?と問うと
違うと否定され、ブラック・タイ着用のおしゃれなformal
Partyだと説明を受ける。しかしモーガンは病院のロビー
なのに何処がお洒落なのかと問う。ジャレッドは照明や
飾り付けをすればかなり雰囲気は変わるしお酒が飲めると
いう。しかしモーガンはどうせ飾りはバルーンだろう
とし酒は自分で払うのだという。クレアはCharity Party
なんだから金を払うのも悪くないというが、モーガンは
金を使って金を集めるというやり方が嫌いだと語る。

メレンデスがやってくると嫌いでもResidentは全員が参加
だとし君たちも寄付をと語る。そして彼はコイルの元に
いたDr.アレックス・パク (Will Yun Lee)がウチのチーム
に加わるとしてみんなに紹介する。Costa Ricaは楽しかっ
たのか?とモーガンは尋ねるとビーチは最高だが猿は最低
だったという。理由は猿に新しいカメラを盗まれたから
だった。ショーンは何歳なのかと尋ねるとアレックスは
45歳だという。メレンデス先生よりも年上だというショー
ン。メレンデスはアレックスに対してショーンのことを
説明する。彼は優秀だが自閉症で時々不適切な質問をする
時が有るということ。アレックスはズバっと聞くのも
悪くないよとし僕は遅咲きなんだと語る。モーガンは
フォローするように彼は15年間警察官に勤務した後、医者
になっているのだという。
今週のモーガンとクレアに優先権があるとしてどちらと
組むか選んだか?と問う。

●患者・スピリット・ガルシア (Lexi Underwood)の病室。

彼女は友達にVideo Chatを通して先生を紹介すると
いう。センターにいるのはサスカチワン州ムースジョー
出身のオードリー・リム先生だという。スプリットの両親
ラモーナ・ガルシア (Ese Atawo)とルイス・ガルシア
(Tim Perez)は娘に辞めなさい!!と語る。記念すべき日を
記録に残して居るだけだと語る。リムは言っておくけど
私の出身は台湾のタイペイだと語る。リム先生の助手に
付くのはショーン・マーフィー、ワイオミング州・キャス
パー出身。そしてモーガン・レズニックはカリフォルニア
州ミルバレーだとショーンとモーガンはカメラの前で
自己紹介する。

彼女は【生まれ付き心臓脱出】の患者だという。何故幼い
頃に手術をしなかったのかというショーンに対して胸郭
が小さすぎて出来ないからだというモーガン。リムは成長
まで14年待ったという。スピットはもう正しい位置に戻せ
るのでしょ?と問う。
ショーンは彼女の心臓を間近に見て居た。

「興味深い・・大動脈弓が見える」。

モーガンはそれを止めるが、当の本人は好奇心とか慣れて
いるから別に良いという。

・普通の身体になれる日が待ち遠しいでしょ?
(私が楽しみなのは「人混み」。経験したことがない・・
人が沢山いる所を。学校にも通えないので外出禁止
みたいなもの。)

・それでも友達が大勢いる?
(一緒に遊びに行けないだけ)

・どうしたら友達になれた?
(私はお喋りだからinternetで繋がっている。)
(退院して最初にやりたいのはLIVEに行く事)
(みんなと無茶苦茶にされに行き「ハグしたい」)

・ハグしたことがないの?
(親はキスしてくれるし友達はハイタッチする。でもハグ
は一度もない。リスクが高いと)

ショーンはハグされると窮屈だよと語る。

●患者・エリック・バートランド (Nicholas Sean Johnny)
の病室。

クレアはエリックの腹部を触診すると右上腹部に痛みが
あるという。ジャレッドは黄疸が出て居るという。アレ
ックスはビケルビン値が高いと報告する。
エリックの両親の父・ウォレス・バートランド
(Pasha Ebrahimi)と母・ジェイシー (Medina Hahn)はどう
いうことなのかと問うと移植してから調子が良かったし
検診でも問題は無かったという。メレンデスは一時的に
免疫抑制剤を増やして肝臓の検査し原因を調べると語る。

病室を出た後メレンデスはクレアに肝臓を探せと語る。
生検をしないのか?というと、結果を見るまでもなく
肝移植が必要だと語る。

■Impression

今回は「繋がり」がテーマだったのでしょうか。
命の繋がり、精神的な繋がり、人間関係・人脈的な繋が
りなど・・

また逆にあがなうことの出来ない運命が人生にはあるの
か。それとも運命は自分で切り開くとばかりに決断は
自らの手に委ねられたものなのか。

患者のエリック、スピリットも病気の連鎖からなかなか
抜け出せず、囚人のボリスもまた気がついたら両親から
の虐待を受け悪い事を繰り返して生きて居る。

主役は誰かと考えたのですが、実はマーカスだったよう
にも思える。
興味深く写ったのは、そんな彼に助言を求めにいく人の
多いこと。マーカスと前回登場したイザベルは夫婦関係
が良好だと思われている。
だが実際には子供の問題で妊娠しない現状を嘆いている
所で、子供については少なからず影響を及ぼし別れを
決断してしまったメレンデスとジェシカですが、それ以外
にも価値観の違いや将来性の違いから別れが多いなという
感じ。もちろん色んな形の別れ方が待っている。

今回は子供を持てずにいるそんなマーカスからすれば
患者のエリックが親の心、子知らずという感じに囚人の
臓器をもらうことに拒絶感を抱いていることに関して
少々不機嫌そうな感じだった様にも思える。助かる命、
折角授かった命なのにそれを受け取ろうとしない。

気になるのは主人公であるショーンがあまり医学的分野
に於いてはスキルを発揮していないし口を挟むことが
ない所かな。
日本版は安易に彼を頼りにして彼をヒーローにする
エピソード構成だったんだよね。
アメリカ版での彼は必死に他人の気持ちを知ろうとしたり
医学以外の人間関係で学ぼうとしているところに比重を
持たせている。

■マーカスに尋ねる二つの問題

マーカスに対する興味深い流れが2つ有った。

1)
アオキがまさかマーカスに恋愛について尋ねるとは
思わなかった。今回スピーチを依頼した地元実業家の
エイダン・コールター (Kelly Blatz)について、会話
している時に、彼は元々スピーチの依頼を受けるつもり
だったがアオキがどうアピールして口説き落とすかを
見たかったという。

エイダンはサノンゼ育ちでプリストン大やMITを蹴って
サンノゼ州立大学を選び、そして会社の本社もこの土地
に置いている。シカゴやミネアポリスから税の優遇を
打診されてもこの土地を選んでいる。

アーロンと一緒に野球を見に行った際に、エイダンは
アーロンの背広にビールをこぼしたことで貸しがある
ということになりアオキが彼を紹介してくれとアーロン
に頼んだことがきっかけとなった。

2)
ショーンはチャリティパーティーがドレスコードがある
ことを知り、服のセンスがあるというマーカスに話を
聞くことになる。元々の流れの中ではカリフォルニア育ち
のモーガンが「パーティーで自分のキャリアに役立つ
人たちに認めてもらう為には2千ドルのタキシードを着る
必要がある」
と言ったこと。
マーカスは「それが必要になるのは外科医としての才能
と可能性を認めた時だ」
として200ドルのレンタルで良い
と語った。

アーロンに相談する訳でも無くマーカスに相談した所が
彼に好感を持たれたのかも知れないね。アーロンとマー
カスは対立する立場だし。

しかし結局ショーンは2368ドルのタキシードを購入して
着ていた。ジェシカは「自分のご褒美は必要」としていた
けどそれ以外の意図が有ったような感じだ。

■興味深い幾つか

・新しい医師、アレックス・パク (45歳)

元々は警察官。そこからの転職組のようだ。
警察官から医師免許を取る為に医学の道に進むって相当
大変じゃないのかな。「Cicago Fire」でも救命士が
医師になろうとしている光景があるし、元々衛生兵だった
人が医師の道へということはありそうだけど。

モーガンがこの人に詳しいなと思っていたら、冒頭で
メレンデスがコイル医師の元にいたレジデントである
ことを語っていましたね。二人共チーム・コイルの人
だったようだけど、モーガンにはコイルはセクハラされ
なかったのだろうか?

また今回は肝臓のドナーが囚人になると聞いて刑事だった
アレックスは囚人のことを何一つ信用していない。
寧ろクレアやジャレッドは人は変わるものだとして償い
をしたいというボリスの話を信用してしまっている。

鋭い観察眼で刑務所での内情を知っている彼は色々と武器
になりそうなものを片付けさせたり、爪の長さまで見て
いる。
マットレスの金具を調べさせる中、「尖らせて静脈を狙う」
「曲げて手錠の鍵を外す」「コンセントに突っ込んでス
パークさせる」など・・「トイレットペーパーで作られた
ナイフで”太った”男の脚も切断出来る」という。
後にこの爪によって上手いこと脱出の機会を
狙っていたことが判明するが、彼が思っている意図では
ないことが判明する。
しかしボリスが銃を奪ってイニシアチブを奪った時の
アレックスの説得は上手かったように思う。ただ倫理的
問題が有るのか無いのかだよね。

「今から何をするか決めるのはお前だ。主導権はあるが
限界もある。お前はここから逃げ出すことは出来ない。
ただ選択肢はある。お前の人生をもっと良いものにする
んだ。」(Alex)
「俺を生かそうとするなわ。人命救助なんてして欲しく
ない」(Joris Jarsky )
「そんなのダメよ」(Claire)
「耳を貸すな。自分のしたいようにするんだ」(Alex)

・レジデントと指導医の組み合わせ

チーム・リム : ショーン、モーガン
チーム・メレンデス : クレア、ジャレッド、アレックス

モーガンは策士なのでショーンに対してどんな汚いこと
を仕掛けてくるか。クレアとジャレッドは恋人同士だけ
どアレックスが加入したことでどうなることか分からない。

■患者

今回の患者は二人共、子供でした。
ここ最近の流れでは医師の生活と子供の問題は常に
課題に挙がっているので何の因果の関係かって感じです
が・・どちらも予定外に治るハズの時に治る事が出来ず
一癖有るような展開になりました。

・スピリット・ガルシア

担当医:オードリー・リム
助手:ショーン、モーガン
付き添い家族:ラモーナ(母)、ルイス(父)

患者はなんと心臓が生まれ付き飛び出している状態の少女。
胸郭が大きくなる14歳まで待って手術することになる。

彼女は心臓向きだし状態だったので滅多に外に出歩ける
状態ではなかったけれど、結構友達がいるのはビックリ。
どういう経緯で学校にもいけないのに友達を作ったのか
が気になるな。

・ハグしたことがない。
・人混みに行ったことがない。

一度のハグが死に繋がりそうになるというのだから怖い。

検査する際、ショーンとモーガンは二人で患者がMRIに
入るのをモニタで監視しつつ会話していた。見栄えは大事
で人は自分のキャリアに合うリッチな人とだけ遭うのだ
という。

そんな検査を見ると心臓が大きくなりすぎていた。
前回の検診(半年前)から53%も大きくなっている。これで
は正規の場所に心臓は収まらない。

モーガンは彼女に説明していた。
生理が来るようになりエストロゲンが増加。肺高血圧症
になった。それ自体は大したことじゃないが血管系が
通常と違うので心臓が大きくなりすぎたと。

血圧をコントロールすれば身体は成長しても心臓はその
ままに出来るが、その場合18歳になったら手術すること
になるという。当然これ以上待てないスピリットは
反論する。

モーガンがリム医師に提案する。
アルバータ大学病院のDr.フォードが画期的な素材を開発
したこと。その素材で胸郭を広げて心臓を入れる余地を
作る。【人工胸骨】。
リスクは当然有ってオペはやり直しが利かない。合併症が
起きても元の場所に戻すことは不可能とはショーン談。

リムは新素材のプレートはまだ実験段階でリスクもある
が彼女の判断ではやってみる価値はあるので本人の同意
を得たら手術だという。モーガンはそれを承知で既に
全てを用意しているのだから相変わらず手際がよい。

結局手術は成功した。友達三人と会話してハグする光景
がある。
勿論肺の合併症を防ぐ為に色々と防止用の為の注意は
聞くことになった。

・エリック・バートランド

担当医:ニール・メレンデス
助手:クレア、ジャレッド、アレックス
付き添い家族:ジェイシー(母)、ウォレス(父)

一度病院で手術している少年。
右上腹部の痛み、黄疸が出て目が真っ黄色。
メレンデスは既に調べるまでもなく肝移植の必要性を知っ
ていたけど両親やエリックの前ではそれを言わなかったね。
この子はO型の血液なので前回肝移植をしたときにも相当
ドナーを探すのは難易度の高いもののようだ。

生検をしようとするが痛みがあるのでエリックは嫌がる。
アレックスが上手くNBA選手がゲーム前にヘッドホンを
するのは何故かと尋ね、余計な事を考えずに集中出来る。
好きな選手であるカリーはゲーム前にこの曲を聴いている
よとしてアレックスが用意して生検検査をさせた。

ジャレッドはどうしてバスケ好きか知りたがっていたが
シューズが病室のバッグに入っていた事を告げる。

免疫抑制剤を使っていたが急性拒絶反応を示す。
やはりO型の肝臓を見つけないといけない。
そんな中タイミングよくインターネットでドナーが居る
ことを見つける。以前にも一度提供しようとしたが提供
する前に患者の方が亡くなってしまっているという。

その相手は何と刑務所に入っていて殺人罪で7人も殺して
いる囚人のボリス・ティラヤン。ロシアンマフィアの
用心棒。
ただし現在は償いをしたがっていること。

エリックには臓器の持ち主の人格は移されないというが
エリックは殺人犯の肝臓は邪悪だと言って聞かない。

しかし後に自殺したことを告げ、エリックを説得して
彼の命を引き継ぐことになった。

・問題発生

ジェシカら法務も交えてこの件では話合いになった。
囚人がドナーになるのを禁じる法律はないが、リスクが
ある。囚人が何かを要求してくる可能性。そして一度
前例を作ると刑務所が臓器提供の場になることだってあ
る。

何よりもエリック本人が嫌がっていること。
勿論手術の同意は親が出来るのでそれ自体は問題はない。
ただその後の免疫抑制両方には本人の協力が必要。
グラフトが付かないからだ。

・ボリス・ティラヤン

この人自身も麻酔にアレルギー反応があり呼吸できなく
なった。エピネフリン0.5mg投与で呼吸を戻す。
挿管してステロイドを投与。これでオペは無理になって
しまった。

しかし後に彼は自殺をしてまで臓器の提供をする。

■etc.

・チャリティパーティー

結局ショーンは高いタキシードを購入した。
それで得たものは何だろう。
かつてテレビが欲しいとアーロンに語っていた時が有った
けどタキシードを買う金はあるのか。
ショーンは珍しくジェシカと会話していた。
女性にドレスの値段は聞くなとばかりだったし、酒を飲も
うと勧められるがテキーラは苦手で吐いてしまうとして
断っていた。

ジェシカはメレンデスが別の女性と仲良くしているのを
目にして悲しむ。それはアーロンも同じか。そんな二人は
寂しく踊ることになる。

それに対して楽しく踊りを踊るのはアオキとエイダンか。

そして何よりもクレアとジャレッド。
プロムみたいだとしてクレアは称していたけど、なかなか
病院のロビーもムーディな感じの装飾だったね。
ジャレッドはクレアを踊りに誘う。二人の思い出の曲の
Touchが流れた。DJにジャレッドが頼んでムードを盛り上げ
ようとしたのかな。DJが先週ラスベガスのショーに出て
居たことを知って居たしね。二人はこれを聞きながら始め
てキスをした思い出のものだったがクレアは忘れていた。

愛情はなかなか同時に相手と同じだけの熱量・感情を
持たないところが憎いね。ジャレッドは努力したが
クレアが愛して居ないことに気がついて身を引くことに
なる。

ただクレアは今回「Chicago Fire」S2のシェイの様に
目の前で自殺を目撃して衝撃を受けているハズだからね。
可哀想といえば可哀想か。

そういえばメレンデスと会話していたのはCeleste Ziegler
さんだったのかな。何処かでこの名前を聞いたことがある
んだよね。モデルさんだと思うけど何で話題にあがった
んだっけかな・・

■Used songs

・This Heart’s On Fire by Wolf Parade
・Everyday by Nvdes
・Smooth Sailin’ by Leon Bridges
・Good Time by Earl St. Clair
・Touch by Shura
・Surround Me by Leon
・Build It Better by Aron Wright

■Cast

Dr.ショーン・マーフィー (Freddie Highmore) 自閉症でサヴァン症候群
Dr.ニール・メレンデス (Nicholas Gonzalez) 外科の主治医
Dr.クレア・ブラウン (Antonia Thomas) 研修医
Dr.ジャレッド・カルー (Chuku Modu) 研修医
ジェシカ・プリストン (Beau Garrett) 院内弁護士
Dr.マーカス・アンドリュース (Hill Harper) 外科医の最高責任者
Dr.アーロン・グラスマン (Richard Schiff) 聖ボナべントゥラ病院の院長
アレグラ・アオキ (Tamlyn Tomita) 副院長、財団の責任者

Dr.オードリー・リム (Christina Chang) 脳外科医
Dr.モーガン・レズニック (Fiona Gubelmann) 研修医

Dr.アレックス・パク (Will Yun Lee) 45歳、警察官から医者
エイダン・コールター (Kelly Blatz) 事業家、アオキと良い感じ
スピリット・ガルシア (Lexi Underwood) 患者
ラモーナ・ガルシア (Ese Atawo) スピリットの母
ルイス・ガルシア (Tim Perez) スピリットの父
エリック・バートランド (Nicholas Sean Johnny) 患者
ウォレス・バートランド (Pasha Ebrahimi) エリックの父
ジェイシー・バートランド (Medina Hahn) エリックの母
ボリス・ティラヤン (Joris Jarsky) ロシアンマフィアの用心棒、7人殺し
JL (Teryl Rothery) 麻酔医
(Michael Sangha) セキュリティ
(Robert Zen Humpage) 看守1、銃を取られた
(Darryl Scheelar) 看守2
アニー (Katarina Mueller) スプリットと仲良し
シンディ (Sewit Haile) スプリットと仲良し
ジェニー (Arianna Salvador) スプリットと仲良し
(Lindsay Marshall) 女性
Dr.メイ・カーティス (Marci Chimich) 整形外科医
Dr.ジェイク・レヴィ (Shaun Morse) 腫瘍外科
Dr.トビー・ヤン (Richard Yee) 病理
(Celeste Ziegler) 男好きのする女
Dr.イザベル・バーンズ
バーバラ・ボクサー
Dr.フォード アルバータ大 画期的素材の開発
バーンズ市会議員 フェイスリフトに満足

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336