グッド・ドクター 名医の条件 The Good Doctor 第16話 治せない痛み Pain

リンク広告 テスト




第16話 治せない痛み Pain

監督/Allison Liddi-Brown
脚本/William L. Rotko、David Renaud

【STORY】

●聖ボナべントゥラ病院

ショーンは隣人のケニー(Chris D’Elia)は恋人としょっ
ちゅう行っている。乗り物は楽しかった。正式なシートベル
トじゃないから空中に放り出されそうな気がしたけど300
ドル払うだけの価値は有ったという。クレアは遊園地で
そんなに使ったのか?と問うと遊園地だけじゃなくケニー
の恋人はその後映画を見に行きたいと言った。でも
僕はチャイコフの「図解:血管治療」の第2版ほ読みたかった
から先に家に帰った。アレックスは金だけ出したのか?
と問うと、ショーンはそうだとし賭けに負けたからと語る。

メレンデスは回診は後回しだとしてERからの要請が有った
ことをレジデントに告げる。患者はハンター・デノーブル
(38歳)(Ryan Robbins)。症状は首の激痛。レントゲンで
【すべり症】が見られるという。椎間板ヘルニアも?
まだ38歳なのに・・とアレックス。脊椎外傷歴があるなら
あり得るというショーン。メレンデスは実は10年前に
バイク事故で脊椎を7カ所骨折した。私が指導医をして始め
て受け持った患者の一人だという。胸部から下が完全に
麻痺しているとのこと。

●ハンターの病室

ハンターは妻のコーラ(Anna Belknap)と共に来ていた。
彼の話では2、3ヶ月前から痛み大抵は痛み止めで治まった
という。毎日なのか?というメレンデスにそんな所だと
いう。コーラは全然首が動かせなくなって痛み止めも
利かなかったのだという。それでも耐えようとするから
連れてきたのだという。事業のパートナーになったので
休むのがいやだったんだという。俺は入院は嫌という程
してるし・・。レントゲンでは椎間板ヘルニアに見えたと
いう。その場合はどうする?とメレンデスはレジデントに
質問する。クレアは人工椎間板の置換術で1日で済むので
遅くとも明日の朝には退院出来るという。

・ショーンはコーラに幾つか質問する。
「あなたは彼と結婚したのか?」。
(3年前にカンクンでね)
「車椅子でも良かったの?」。
(ハイヒールは無理でも駐車場はお得だよ)

そんな中両足に痛みが出たとハンター。この10年何も感じ
なかったのに一体どうなっているのかと。

・病院内で歌を歌う女性がいた。
「明け行く空を眺め飛んでいきたいと願った。砂に跪いて
涙の粒をすくうのはもう嫌なの~」

クレアはその姿を見てママ!のブリーズ(Sharon Leal)だと
語る。遭いたかったというブリーズだがキレアは遭いたくは
ないという。私から逃げずに話せないか?という母。
遭いたくないのだから話したくないに決まっているでしょ
と。

●患者のエマ(Sarah-Jane Redmond)
掛かり付けの病院が休みだったので来たという。抗生剤を
もらえるかということだった。マーカスは彼女の身体を
見て不味い状態だという。インプラントが感染している
のだという。夫・バリー(William R. Moses)はその一カ所
だけなんだろう?と問うと、モーガンは今の時点ではねと。
「ヒップアップ」「腹部のたるみ取り」「脂肪吸引」
「豊胸」の方は大丈夫だという。マーカスは感染のインプ
ラントを取り除く必要があるという。エマは入れ替えられる
のか?と問うとジャレッドは数ヶ月は様子見していないと
無理だという。エマはそれじゃずっと出歩けないので困る
と語る。保証は出来ないが再感染のリスクがなければ入れ
替えるというマーカス。

・MRI検査
ショーンはクレアに対して歌詞の意味はわからないが君
のお母さんの声は好きだと語る。プロの歌手なのか?
と問うとクレアは知らないという。でもこれだけは確か
だとして「良い母親ではない」と。アレックスはどうして
なのかと問い、親と問題が有るのは珍しいことではない
という。でも理由は人それぞれだろうと。

クレアは母親にされた仕打ちを語る。
「高校時代、近所の子供たちのベビーシッターをした事。
パソコンを買いたいからで学校の友達はみんな使っていた
ので私もバイトで1000ドル貯めたという。でもある日その
金が無くなりママも消えていた。それで3日後ママはリノ
から戻った。ブランド物の服を身に着けてリッキーという
男と一緒に。パソコンは変えず仕舞いだった」と。

そんな中あれはなんだとして検査画像を見る。
クレアはこんなの一度も見た事が無いという。アレックス
はこれは【脊椎の腫瘍】かも知れないと。バイク事故に
よる第一胸椎損傷でハンターは脊髄に麻痺が生じていた。
でもその部分は今殆ど正常に見える。ハンターの【幻肢痛】
は本物だったという。

■Impression

今回は愛する人とのあり方がテーマだった。

愛する人、信頼している人の間には信頼関係が存在して
いて、無条件な愛情や友情などがあるものとして過信して
いるが、実際にはそんなに妄信する程に人は出来た存在
ではない。その人の持つ「何か」を求めているとしたら、
その信頼関係はその「何か」を失うことで揺らいでしまう。

その「何か」を失うことは命に関わる事と関連しリスク
あるものだとしたら、果たしてパートナーとして傍に居る
ものたちはそれを快く甘受していけるのか。

今回も複数のパターンによって上述した信頼関係や人間性
というものを秤に掛ける流れがある。

相手は自分の容姿に惚れていて、その人本人のことを愛して
いるのかどうか。
怪我による障害を負うというハンデがあるものの逆にその
ことでその人の人生は120%変わってしまった。しかし
失った事によって他人の痛みを知る事になり、自分を
慕ってくれるようになったとしたら、それはとても良い事
だ。しかしそこにはまた問題も遭って果たしてそれらを
失った後には二人の間には何が残るのか。

「家庭の問題」を扱ったものだけど、二人にとって一番
大切なものとは一体何かということを突き詰めていく。
上述した「何か」と関連し、本来その相手そのものを
受け止めているのであれば、病気の有無には関係無く愛し
合えるハズで、それを証明するには命のリスクのかかった
手術は絶対に必要なものだった。

誰にもリスクは計れないものがある。
そもそも生きて居ること自体がリスクにサラされている。
そんな言葉を語るのがアレックス先生でも有り、サン・ミン
の頃とはまるで違う役割だったね。
手術のリスクを尋ねられてメレンデスも困っていたけど
一応統計的数値は一般的には算出されている。人それぞれ
に病状は変わってくるので一概には言えないのだけどね。

■レジデントを襲うリスクの嵐

何と言っても今回はクレアかな。
クレアの母・ブリーズ・ブラウンを演じたのはSharon Leal。
何と言ってもあまりに可愛いので母親には全く見えなく
クレアよりも綺麗だというのはどういうことだって感じ。
双極性障害を患っているのだろうか?娘の金を着服して
自分は恋人と優雅に遊んでブランドの服を買ってくる非情
な母親。父親はどうしたんだ?って感じなんだけど、今回
始めた登場したその母親は優しく近づいたかと思えば
またしても金を無心していくのだからとんでもない。
こういう人は直らないということで良いのだろうか?

ショーンは隣人のケニーのことを友達だとして気を許し
始めた。しかしよくよく話を聞いていくと知らない間に
金を使われて居る。親しい関係の人間にはそんな金の
損得勘定など必要無いのだろうけど、ケニーは上手い口車
でショーンから吸い取っている。
アレックスはケニーのことを調べたらしく、彼には軽犯罪
と二件の重犯罪(取引で軽減されている)が過去に犯して
いるとされていた。アレックスは元刑事なのでその辺は
お手の物。というかこういう為に出て来たキャラクターなの
か?
ただショーンはそれでもなかなかケニーのことを突き放せ
ずにいる。

ジャレッドはモーガンから色々と言われた。
モーガンが優しくする意図の中には
「自分が不利にならない限り人には親切にする」
「あなたに分からせようと思う。一度失った信頼は何を
しようとどれだけしようと取り戻せない。」

モーガンは自分の功績だったものを全てジャレッドのもの
として報告したもののマーカスが第一助手として選んだの
はモーガンだった。

「(デンバー記念病院のソニヤ・コン医師を)紹介してく
れ・・」

モーガンは厳しい人物だけど現実的に生きて居るというか
他人を説得するだけのスキルは持ち合わせている感じだね。
ただ人に好かれることはないと思う。

■興味深い幾つか

上述したけど人は愛する人の「何か」に惹かれそれを
失っても愛していられるのかどうか。もしかすれば相手の
人格は変化する前・怪我する前の状態に戻ってしまうかも
知れない。特に車イスのハンターは世界は広がり、妻の
コーラは自分のことなど相手にしてくれなくなるかも
知れないと戦々恐々している。

一番興味深かったのは車イスのハンターは障害者として
ショーンに好感を持っていること。
「車椅子になると最悪なのは人が車椅子しかみないこと。
俺を見ようとしない。」
これは自閉症のショーンも外科医
としての彼を見てもらえない彼は理解出来ること。
「普通の医者なら最初から能力があると思われる。暗黙の
内に有能だと。」

そんな中ハンターには治すチャンスが現れたことで
ハンターは歩けることで何か変わってしまうのかを気に
した流れが有る。元々ハンターはそういう人物だったのか
どうか。

ハンターは
「車椅子が要らなくなってもコイツで学んだ教訓は
忘れない」

と語っている。ただ人はどうなるか分からないものだけど
ね。


ショーンはそんな言葉を受けてクレアにも質問する。

「君は相手に障害が有っても付き合ってみようと
思うか?」

「誰だって何かしら問題を抱えている。愛は相手を丸ごと
受け入れてから愛されたいと願うこと」

クレアは良い事を言うね。

・患者の説得


今回手術を拒むエマのことをモーガンを通じて説得する。

結婚している女性が整形する理由は二つだとしてバリー
を説得していた。


一方ハンターの手術に反対しているコーラのことを
メレンデスが説得する。
メレンデスの場合、子供の頃に妹が木登りから転落して
脳に損傷を負い毎朝治ることに期待していたことがある。
その話をしていた。

「私は恋に落ちた相手を失う賭けは出来ない」

「ハンターが歩けるようになると彼の全てが変わる。夫婦
のあり方も変わる。彼を失うと思って怖がっている」


更にオペを受けたら完璧な医者になれるとしたら受ける
かどうか。
死ぬ可能性が5%ならば?・・・2%ならばどうか。

リスクはいつもつきまとう。車の運転をしてもそう。
何よりも家を出た瞬間から何が起きるか人生は分からない。

・レジデントと指導医の組み合わせ

チーム・マーカス : ジャレッド、モーガン
チーム・メレンデス : ショーン、クレア、アレックス

メレンデスは今回初めてレジデントから外科医に昇格し
指導医になった時に受け持った患者で脊椎関係をやられた
患者だ。

マーカスは今回手術に執刀するが自らも患者の身で
数話前より妻と不妊治療をしている。ただ妻からは
子供は別の形でも持てるが性生活のないことだけは嫌だ
として反対された。

■患者

・ハンター・デノーブル

担当医:ニール・メレンデス
助手:ショーン、クレア、アレックス
付き添い家族:コーラ(妻)

・10年前にバイク事故で脊椎を7カ所骨折し胸部から下
は完全に麻痺している。(第一胸椎の損傷が麻痺を起こす)
・今回は2、3ヶ月前から痛みを生じるようになった。痛み
止めを使えば治まるが今は全然効いていない。

レントゲン検査では椎間板ヘルニアに見える。
その場合人工椎間板の置換で簡単に済む。
・しかしそうしている間にも両足に痛み。

・MRI検査
レジテントたちは画像を見てこんなの一度も見た事が
ないと語っていた。
「脊椎の腫瘍なのか」
ただ脊髄の部分に関しては正常に見えるとして「幻肢痛」
だろうと語る。

脊髄が切断されているのではなく機能している場合、歩ける
場合もある。腫瘍が原因で脊髄を圧迫しているのではない
のか。腫瘍を切除すれば状況は変わるだろうとメレンデス
は告げる。

手術が成功すれば理学療法を受けた後に歩けるかも知れな
い。

ただ手術には9時間を要する。その間麻酔を使うので心臓・
体力が持つのかどうかの検査も必要だ。

・詳細な調査
メレンデスは脊髄髄膜症ではないかと考える。
脊髄を囲んでいる硬膜と癒着している部分をレーザーで
細かく除去する。
第二胸椎の最も大きな部分までくも膜下に沿って切れば
塊のまま取れそうではある。
しかし腫瘍は浸潤している。延髄錐体かと思ったけど
ショーンが浸潤で間違い無いとしたことでメレンデスも
同調。錐体はもっと中央にあり色持ちも違う。浸潤は
なんと脳幹に絡みついている。

ただし選択肢があり腫瘍の成長は遅いので手術しないと
いう選択も有った。
痛みは神経抑制剤を埋め込めば和らげられる。

手術のリスクを尋ねると心拍や呼吸の維持が出来なく
なること。死ぬ恐れが出てくる。
手術によって死ぬ確率的には15%だった。

いよいよ手術。オカンポ看護師が呼びに来た。

・手術
しかし手術は難しそうだった。
腫瘍は完全に延髄を覆っている。ワンドを使うも端の部分
が延髄から切り離せない。電位は落ちているし脳幹が圧迫
している血圧も下がり続ける。輸液を使ったりして昇圧剤
で血圧上昇を試みる。
神経原性ショックを起こしてしまう恐れが有る。
最後の一つに浮腫がある。デキサメタゾン100mg投与。
残り1cmを何とか切った。

・手術に反対

妻のコーラは手術に反対。
車椅子の人間には分からないとするが、コーラは命あって
の物種だと思っている。死んだら元も子もない。
しかもコーラは車椅子の苦労を一緒に知って居る。
階段や砂浜を一緒に移動するときにはコーラの助けは必要
不可欠だった。
ただ後にメレンデスとコーラが会話する際に全てを見透か
されていた。
「手術に成功しても失敗しても怖い」

・エマ・ニュートン (Sarah-Jane Redmond)

担当医:マーカス・アンドリュース
助手:モーガン、ジャレッド
付き添い家族:バリー・ニュートン (William R. Moses)(夫)

・元々は別の病院にかかっている患者。
胸にインプラントを入れているようで抗生剤をうっている。

何の病気なのかイマイチよく分からなかったのだけど
インプラントが胸部で破裂してしまったのか?
1ヶ月前のヤフーのトップページにインプラントと癌リスク
みたいな事が書かれているのを目にしたけど斜め読みした
だけなので正直よく分からない。ただこのインプラント
って海外の仰天動画というので見たのだけど、AV女優が
入れていたインプラントが撮影中に片方のインプラントが
割れてしまいその後胸がへこんでしまっていた。

これを放置しておくと色々と癒着とかガンリスクが高く
なる。除去して新しいのを入れるのは可能だと言われて
いたけどね。

エマは旦那の為に様々な美容整形をしているようだった。
バリーは浮気していると思ったから・・
ただ実際に話を聞くとバリーは平凡な人生しか与えられ
なかったのでギャンブルに興じていたことを語り、浮気
などはしていない事を知る。

インプラントの部分が感染症を起こしており除去するべき
こと。
表面は一見小さい。しかし皮膚の下にはかなりたまりが
見られる。かなりの瘢痕が残っている。頬の除去の時には
局所的だったが感染が広がった状態になっていた。

バリーは扁桃炎みたいなもので取り除けば簡単に治ると
思っていた。エマは取り除くのは嫌だとして広域抗生剤
の薬で治して欲しいと語る。

しかし検査では好中球数が多すぎるという。

・手術

左乳房に広範囲の欠損。6時間前にオペをしていたら筋組織
は失わず済んだこと。心拍数は上昇だとJL。

抗不整薬を投与。敗血性塞栓症なので開胸する。
10ジュールの電気ショックを繰り返した後心マをするが
助からなかった。

・Dr.マーカス・アンドリュース

担当医:Dr.アージュン・ディロン (Stephen Lobo)

不妊治療に於いて問題が有ったのはマーカスの方だった。
ディロン医師からこの精索静脈瘤が精巣の温度を高め
精子の数が減少しているという。手術で静脈瘤を結紮して
数週間後に精子数を調べようと。
局所麻酔なのでリスクは低い。
一週間で回復するがテストステロン値は低下し勃起不全
のリスクがある。子供は持てる確率はあがるが性的不能
になるという皮肉。

■その他

皮肉にも難しい手術の方が成功し簡単に終わるハズの手術
で命を落とした。

色々と今回は愛する相手に求めるものの本質を見せられる
部分も多かった。

不安なのはショーンに近づくケニーとクレアに近づく
ブリーズ。ブリーズは如何にも金目的だよな。
週一回の歌の仕事をしているみたいだけど・・
ケニーは優しいところもあるし面倒見は良さそうだけど
やはり寄生しているところは有る感じだし・・

マーカスとイサベルの関係も興味深かったね。

■Used songs

・On the Nature of Daylight by Max Richter Orchestra & Lorenz Dangel
・Wait by M83

■Cast

Dr.ショーン・マーフィー (Freddie Highmore) 自閉症でサヴァン症候群
Dr.ニール・メレンデス (Nicholas Gonzalez) 外科の主治医
Dr.クレア・ブラウン (Antonia Thomas) 研修医
Dr.ジャレッド・カルー (Chuku Modu) 研修医
ジェシカ・プリストン (Beau Garrett) 院内弁護士
Dr.マーカス・アンドリュース (Hill Harper) 外科医の最高責任者
Dr.アーロン・グラスマン (Richard Schiff) 聖ボナべントゥラ病院の院長
アレグラ・アオキ (Tamlyn Tomita) 副院長、財団の責任者

Dr.オードリー・リム (Christina Chang) 脳外科医
Dr.モーガン・レズニック (Fiona Gubelmann) 研修医
Dr.アレックス・パク (Will Yun Lee) 45歳、警察官から医者
Dr.イサベル・バーンズ (Marsha Thomason) 開業医
ケニー (Chris D’Elia) ショーンの隣人
JL (Teryl Rothery) 麻酔医
Dr.アージュン・ディロン (Stephen Lobo) 不妊治療

ハンター・デノーブル (Ryan Robbins) 38歳、脊椎損傷歴
コーラ・デノーブル (Anna Belknap) ハンターの妻
エマ・ニュートン (Sarah-Jane Redmond) インプラント
バリー・ニュートン (William R. Moses) エマの夫
ブリーズ・ブラウン (Sharon Leal) クレアの母、歌手?
(Emmy O’Leary) 病院の検査室
ロバータ・オカンポ (Lissa Neptuno) 看護師
ソニヤ・コン デンバー記念病院
リッキー ブリーズの元恋人

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336