グッド・ドクター 名医の条件 The Good Doctor 第12話 思い出の紡ぎ方 Islands: Part Two

リンク広告 テスト




第12話 思い出の紡ぎ方 Islands: Part Two

監督/Cherie Nowlan
脚本/Thomas L. Moran
William L. Rotko

【Previously on ..】

リアはショーンに対してこういう時は一休みして頭を冷やす
必要があるとして休暇をとってドライブに誘う。リアは会社
を辞めて引っ越しするという。場所はペンシルベニアのハ
ーシー。ジェシカは子供は要らない・・欲しくないという。
ジャレッドはクレアが指導医コイル医師にセクハラとも侮辱
とも取られることをされぶち切れて彼をロッカーに押しつけ
る。その件でマーカスからは首を言い渡される。クレアは
コイルに訴えの取り消しを求めたが、残念ながらそれも通用
しなかった。ジェニーとケイティは一卵性双生児で更に頭蓋
骨のところで繋がる頭部結合双生児。ジェニーは手術でぶっ
た切る覚悟を持つ。手術後母・ブレンダはいつ目覚めるのか
と問うと、メレンデスは目覚めても良い頃だというが・・

【STORY】

●聖ボナべントゥラ病院

ジェニー(Emily Hinkler)が先に目覚める。
クレアはそれを見て心配していたのだとし目覚めて良かった
と語る。今から『3つの言葉を言うから記憶して』という。
「リンゴ」「ボール」「ハウス」。『100から7を引く計算』
は出来るか?と問う。ジェニーは私はハーバードに行くのよと
言うと「93-86-79-72-65・・」と語る。『ここは何という町
か?』・・「サンノゼ」。『3つの言葉は?』「リンゴ」
「ボール」「ハウス」。流石だとしてこれから検査はあるが
心音に問題はなさそうだという。ジェニーはケイティの具合
を尋ねるとまだ目覚めていないことを語る。

コー医師(Necar Zadegan)はα波とβ波はほぼ消失してい
るという。マーカスはオペ中に何か見落としがあったのか?
と問うがメレンデスは血圧もサチュレーションも問題はない
という。そしてケイティの血管再建は上手くいったと。
マーカスはなぜジェニーは目覚めたのにケイティは昏睡状態
なのかと告げる。コーは新たな静脈を移植したからグラフト
の血管に問題があるかも知れないというと、メレンデスは
MR血管造影でグラフトを確認するという。

そこにショーンが入ってくると血管造影を手配しますと語る


メレンデスは君は二日も休んだがその件の話を聞くのが先
だという。マーカスは院長に話しただけでは休む許可は得ら
れないのだと告げる。ショーンは次からメレンデスにこと
わってからガールフレンドとドライブ旅行に行きますと
語る。コー医師は”言うわね”と語るが、旅行に行ったのか?
としアーロンは「個人的危機」だと言ったのだという。
ショーンはそれは本当ですと語る。その意味が分かって
いるのか?と問われると、彼は「将来の全ての動向が決定
される一連の出来事の重大局面だ」と語る。メレンデスは
死や病気のことを指すのだとしドライブ旅行じゃないと語る


メレンデスはクレアと共にケイティの血管造影をやれと
命じる。

アーロンの元にメレンデス。
双子の様子はどうか?というアーロン。ジェニーはバイタル
安定で会話も出来ているがケイティは良くないという。
ショーンの件を話すメレンデス。本人は家族の事情とは
言っていないというと、アーロンに反論するまもなく5分前
に医局で話した事を告げる。

クレアはこれが新しく作ったケイティの上矢状静脈洞
(じょうしじょうどうみゃくどう)。血流は問題ないし
グラフトは良好だという。何で昏睡状態になるのか?と
クレア。中大脳静脈の流出量が少ないって事は・・と
ショーン、流入量も少ないのねとクレア。そう僕は
考えているとショーン。確認しようとし血流の動脈相を
見る。MRI技師に頼んで動脈相を写してもらう。

クレアは旅行の件はどうだったのかと尋ねる。
ドライブ旅行は現実から逃げたくてしたりするものだと
いう。ショーンはリアとキスしたと語る。アーロンは僕
に怒っているという。

レントゲンを見ると殆ど完全にふさがれているとし
大脳動脈輪に異常があるという。ケイティの脳には殆ど
血流が無いというクレア。

アーロンはショーンに話をする。
メレンデスは僕に怒っていなかったというショーン。
アーロンはそれは違うとしメレンデスは君にも私にも
怒っているんだと語る。私が君のために嘘をついたからだ
としなぜ逃げ出したのか?と問う。指導医に黙って休んだ
だろうと。この病院でやるべき仕事を全て放り出した。
黙って消えたら逃げたことになるのだというアーロン。
旅行は役に立ったのか?というアーロンに、二週間後に
ここを辞めます!というショーン。

目覚めたジェニーは母・グレンダ(Kerry Sandomirsky)
は氷を頼む。母が氷を取りに行く中、ジェニーが少し
荒い息をしていた為に戻ってきたグレンダは先生を呼ぶか?
を問う。必要ないとしママが出て行ったら急に一人だけ
になったから緊張したこと。自分一人になったのは初めて
だからとても寒かったという。母は一人って寒いことも
あるがでもその内それも悪くはなくなるものだという。

ロス弁護士(Robert Moloney)はジェシカと話す。
ジャレッドの解雇は不当なものだという。しかしジェシカは
ジャレッドは指導医に身体的暴行を加えたという。この
訴えに法的根拠はないとするジェシカ。考慮すべき点は
あるというロス。そこにジェシカの元にメレンデスから
のメールが届く。

■Impression

やばい、週末は桜の写真とボランティアに行っていて
ドラマを見る事が出来なかった。日本人は休日の使い方が
下手だと言われるが、寧ろ自分は今週は有意義で有った
のではないかと思う。

さて今回は2話続いたエピソードの後半部。
先日頭部結合双生児の分離手術が行われて無事に手術が
終わった。そこには紆余曲折も有ってその中にはショーン
の姿もジャレッドの姿も無かった。

タイトルから見ると「思い出」って言葉が前半・後半共に
つけられてしまっているので、言葉から連想するに
別れというものを意識していることは容易に想像が出来る。
ただし別れも広義に取ればいろんな形が有って、良い形
の別れというものも時にあることはあるのだと思う。

人生の中で繋がりとか結びつきというのは、別れたり
離れたり、そしてまたくっついたりしながらその絆を
強固なものにさせていくのだと思うが、一度の別れが
今生の別れとなること程悲しいことはない。まさに
平家物語ではないが「諸行無常の響きあり」である。

人は少なからず他人を人生に巻き込むものだと思います
が、親密であるほどに巻き込んでも良いものだと思うし、
また全く正反対に「愛するからこその決断」という考えも
有り、結局の所どう決断するかはその人それぞれの考え方
や価値観に起因するものなんだなと感じる。

金曜日のDlifeの「SUITS / スーツ」S5E8ではないけど、
マイクが不正をしている事実があることからも、「愛し
て居るからこそ別れるべき」
との主張にも一理有るよね。
しかしそれを乗り越えるだけの執着が愛には備わっている。

ショーンは短絡的な考えの元で今の職場を辞めて、推薦状
を受け取り「ペンステートメディカルセンター」に行こう
と考える。もちろんリアが引っ越しするからというだけで
有って、これは彼自身が人生の明確な目標が有っての決断
ではなく責任を自ら背負って行こうという覚悟がある訳
でも無い。

恋愛をすると周りや景色が急に狭くなり一人の人しか
見えなくなるなんてことが言われるけれど、まさに
今のショーンはその状態に陥らんとしている。

絶対的な絆なんてものは存在していない。そう長い付き合
いでもないリアに寄りかかろうとしているものの、そこに
はショーンのエゴしか含まれては居ない。

また今回は患者の決断も難しいものがあり、この決断には
後戻りが許されないだけの重大な局面でもあった。
その決断を即断していかねばならないところ。しかし
人生はいろんな所で転機が訪れ、「下駄を履くまで分から
ない」という流れが全ての局面で訪れたところがサプラ
ーイズである。ただ予定調和的側面があることもまたドラマ
ならではの作られた意外性ということも感じる。

■興味深い幾つか

・ジャレッドは復帰できるのか!?

先日のエピソードでクレアが渾身の力を込めてジャレッド
を首に追い込んだコイル医師にぶつかっていった。
半ば強制であり、これは倫理違反には倫理違反をとばかり
の勢いだった。
しかし大きく立ちはだかるのはマーカスの壁。
この人は感覚はイマイチ私には理解しがたいところが
有る。

今回のジャレッドは弁護士を立てて正式に復帰を申請しよ
うとした。ロスという弁護士は過去にもこのようなケース
で復帰した前例があるとして主張を行う。

弁護士のエゴが炸裂して自分の利益の高い方を勝手に
選んでしまっているのはなぜなんだという感じ。
この弁護士はクライアントの真意をちゃんと聞いて行動
を起こしたのか疑問だ。

弁護士は過去に医師に暴行して首にはならなかったレジ
デントの話を持ち出した。

・好きなのに一緒には居られない

これを言うと該当するケースはいくつかある。
ここではメレンデスとジェシカのケースに言及したい。
二人の人生観に於ける決定的な差は「子供を持ちたいか
持ちたくないか」
である。「ニューヨークに行きたいか!?」
のアメリカ横断ウルトラクイズとは訳が違う。

当然子供を持ちたくない人はいるし、持ちたくても持て
ない人がいるっていうのが人生の皮肉ではある。。
これは子供に限らず結婚であったり、家庭という言葉に
置き換えても良い。

メレンデスがメールしたことにジェシカは考えさせられた
部分も有るのだろう。

「青いユニフォームだ。コーチを目指すよ」。

彼が子供が欲しいということをジェシカも感じたのだろう
ね。

・新しい環境になること。それは一人になること

イコールかと言われると必ずしもそうではない。
ただyoutube好きの私は海外から日本に留学に来る人が
なかなか日本の人に溶け込めないとする現実がある様だ。
これはある意味では外国人だけの問題でもなく日本人同士
でも同じ問題を抱えている。その問題は別の機会に言及
するとして、一人になることには誰でも不安がつきまとう。

これまでショーンは自分の人生は自分で決めたいとしな
がらも実際には困った時には知り合いであるリアやアー
ロンに頼る一面が有った。

また今回はいち早く目覚めたジェニーは一人の病室に居る
状況が生まれたことに恐怖心を覚えていた。
パニック障害もこれと似た様な感情を持つことはある
(離人感)があるが、似てないこともない。
ただ未来は未知のものであるので誰でも怖いのだ。
そう思えば少しは気が楽になるだろうか。

一人になるのは今回ジェシカとメレンデスにも訪れそうな
状況ではある。

■患者

40時間に渡る分離手術は一応成功裏に終わったかに思わ
れた。
ジェニーの方が術後の容体がよく、ケイティの方が芳しく
はない状況だった。元々腎移植ではジェニーの方が健康的
だったというのも有るのか。
しかし分離後に検査をしていくウチにジェニーの方にも
心室の拡張が見られ、これまでケイティの心臓がジェニー
の身体を支えていたことが分かる。

・ケイティサイド

ジェニーは無事だがケイティが目覚めない。
もちろんジェニーだってあれだけの手術をしたのだから
そう容易に治るはずも無く、手術後の合併症は怖い所が
あるので余談は許さない。

ケイティの意識が戻らないので血管造影検査で脳に血が
回っているのかを調べる。MRIの結果、中大脳動脈が細くて
(2mm以下)血流が上手く流れていない。

動脈をバイパスすれば血流は開腹する。しかしオペした
ばかりでまた手術するのは危険である。
脳の組織がまだ落ち着いていない【血管攣縮】を起こす
リスクがある。
ショーンは血管内の拡張・・つまりステントを中大脳動脈
に留置すること。ただしステントとは本来心臓や頸動脈に
使われるもので、中大脳動脈に入れても大丈夫なのか。

コー先生は助手にショーンを選んだ。
コー先生はショーンの優秀さを認めているようだ

血管からバルーンを入れて膨らませる。
しかしアラーム音が鳴り血管が裂けていることが分かる。
留置は無理で塞栓を起こすので中止になった。


残念ながら心臓移植をすることになった。ジェニーを
活かして彼女を見捨てる格好になる。しかし人肌という
のはやはり一番心が通じるものなのか。さようならケイ
ティと最後にグレンダが触れた時にJLからは安定して
自発呼吸をし始めたという。

その結果脳幹機能は正常に働いていることが分かる。
呼吸器を外してもしなずに生きる。しかし目覚めは望め
ないという。
呼吸器をつけて生き続けるなら植物状態として生き続け
ること。ジェニーの心臓には打つ手がなくなっている
こと。

ECMOを使って体外膜型人工心肺で時間を稼ぐのはどうか
というクレア。しかしECMOは使えない。抗凝固剤が必要
となる。脳のオペの直後だと出血したら一大事。メレン
デスはそれでもECMOしかないというが、ショーンがアイ
デアを出した。もう一度2人を結合させること。頭部では
なく大腿動静脈のこと。コー医師もそれは思いつかなか
ったとしてわらっていた。このままケイティとジェニー
繋いでやがてケイティが亡くなったら移植することになる。

・ジェニーサイド

心臓カテーテル検査を行い循環の改善があるかを見る。
造影剤を注入して血流をみる検査。

今の所問題はない。

しかし実際には心室が拡張している。
これは分離する前にも起きていた問題だった。姉妹を分離
することで心臓の負担が減ると考えて居た。

心臓移植しかない。ここで問題になるのは適合するドナー
はケイティであること。ケイティはまだ生きてはいるが
GCSは3点という低い数字だ。コー医師はもう反応はなく
脳の血流を取り戻す方法も見つからない。ケイティは
覚醒しないと語る。ケイティが亡くなる時期は分からない。
呼吸器を付けていれば20年くらい形だけは生きさせる
ことは可能だ。ジェニーはこのままだと数日の状態だった。

・グレンダに相談することになる。

脳スキャンの結果ケイティが回復する可能性は少ない。
確実に言えるのはケイティの心臓がないとジェニーは
死ぬ事。
いきなりそんなことを言われて決断出来るハズも無い。

ジェニーを強く生きるように育ててきたがそれでもこの
件で事実を知れば確実に立ち直ることは出来ないという。
ケイティには死んだと伝えた上で移植することにしよう
と嘘をつくことになる。

・ジェニーは真実を知る

ケイティを死んだことにして移植しようとしたことに
ジェニーは知ってしまった。殺そうとしたのでしょと
して憤怒する。脳の高度な認知機能は失われていて生存
しているが生きて居るとは言えないという。
それでも何時間か前には呼吸器を外せばケイティが死ぬと
思ったのだろうとして、今度も間違えていたらどうする
のかを問われる。

「ケイティを私の為の生命維持装置にしたくない」

一晩一緒に二人を過ごさせる。今までのケイティとは違う
と思うハズ。もちろんその逆もある。
取りあえずやってみることになる。

翌朝ジェニーもまた母親の説得も有って手術に同意する
ことになった。

・手術の前に・・
二人の血圧が下がり始めてしまう。測定の度に血圧が少し
ずつ下がっている。単なる変動ではない。それでケイティ
の心臓が二人分カバーしてないのかも知れないという。

ケイティはついに目覚める。
すぐに心電図、脳波、血液検査、エコーを行うことになる。

「頼り合っている」。
ケイティは昏睡だったが目覚めたことによってより心臓に
負担がかかる。

・検査の結果

ガス(Nelson Wong)はジェシーのBNPの数値を見てくれと
いう。心不全が進行していること。
すぐに分離しないと二人とも死んでしまう。

ジェシーの方が心臓が止まり心室細動。エピネフリン1mmg。
心マを行う。

ケイティの方が今度は安定してしまう。今すぐに分離しな
いと血栓で死ぬことになる。
ヘパリンを1万単位。

母親はケイティに対して二人とも失うなんて耐えられない
ことを語る。

結果としてケイティが助かることになる。人生は最後まで
どうなるか分からない。それを活かしたのもまた最後まで
粘ったジェニーだった。

■etc.

・法務の仕事

最近アオキことTamlyn Tomitaさんの出演がないなと
思っていたら、今回は過去のジャレッドのケースと類似
するケースについてジェシカと語り合う。
「2014年12月腫瘍科の部長のマーシャル医師はオペ看を
術後の話合いで突き飛ばした。」(Jessica)

同じ年にもう一件発生。
問題なのは医師は白人で、注意のみで処分は無かった事。
アオキは否定するが、ウエストコーストで価値のある病院
にしてくれる医師。
「人種差別ではなく寄付金を集められる医師の暴力を許して
いるのか?」(Jessica)

ジェシカは法廷で明るみにされたらどうなるかと問うと
アオキは和解してと語る。

・嘘はバレる為にある!?

・今回術中だったか検査の時だったか、ジェニーは私のハート
は分かるかとメレンデスに問う流れが有った。

・ショーンはアーロンが怒っているという。
転属にサインしないとやっぱり怒っていると思う。
サインすれば信頼してると思うと。

人の心は分からない。しかし何時かその真意は伝わる。

・別れの時・・

今回の別れは幾つも有った。

ジェニーとケイティのエピソードを通して融合という
形で一つの人格に吸収された。

・ショーンはリアと別れる決断をする。
必要としてくれている人は周りにも居ることが分かったからだ。
リアからも私の傍に居たいからそうする訳じゃないんだ
よね?と問われていた。

「リアは僕をハッピーにする。」(Shaun)
「あなたをハッピーにさせるのはリアだけじゃないよ。」(Claire)

リアは別れの時にジャイアンツのサインボールをショーン
に”貸す”。

「さよならは別れの言葉じゃなくて再び遭う為の遠い約束」
とは「セーラー服と機関銃」のテーマ曲。
まさにショーンに対してそれを持って遊びに来てと語る。

・ジャレッドは結局戻れたのか?マーカスからは人種差別
を利用したことで失望された。でもマーカスがそう怒る
ことだったのかよく分からない。元々悪いのは暴言を吐い
た医師の方な気がするし・・

・メレンデスとジェシカの別れ。
直前までは洗濯の畳合いの勝負までしていたのに・・ね。
子供を持つ、持たないの人生観の違いは大きかったようだ。
将来相手の負担になりたくないというジェシカからの
要望。

■Used songs

・Someone To Stay by Vancouver Sleep Clinic

■Cast

Dr.ショーン・マーフィー (Freddie Highmore) 自閉症でサヴァン症候群
Dr.ニール・メレンデス (Nicholas Gonzalez) 外科の主治医
Dr.クレア・ブラウン (Antonia Thomas) 研修医
Dr.ジャレッド・カルー (Chuku Modu) 研修医
ジェシカ・プリストン (Beau Garrett) 院内弁護士
Dr.マーカス・アンドリュース (Hill Harper) 外科医の最高責任者
Dr.アーロン・グラスマン (Richard Schiff) 聖ボナべントゥラ病院の院長
アレグラ・アオキ (Tamlyn Tomita) 副院長、財団の責任者

リア・ディラロ (Paige Spara) 隣人
Dr.コー (Necar Zadegan) 脳神経外科医
グレンダ・カンクラー (Kerry Sandomirsky) 二人の母
ジェニー・カンクラー (Emily Hinkler) 陽気な方
ケイティ・カンクラー (Elizabeth Hinkler) 音楽好き
JL (Teryl Rothery) 麻酔医?バイタルチェック
(Sunita Prasad) 外科の看護師
ガス (Nelson Wong) Lab Tech /BNPを見ろと。
ロス (Robert Moloney) ジャレッドの弁護士

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336