シカゴ・メッド Chicago MED S2 第13話 分身 Theseus’ Ship

リンク広告 テスト




第13話 分身 Theseus’ Ship

監督/Kenny Johnson
脚本/Jeff Drayer

【Story】

◆シカゴ総合病院

朝、コナーはレイサムの元へ。
レイサムは気分の良い日だと語る。
コナーはそんな彼にロックアイランドのマーシー病院から
の電話で要請が有ったという。【A型大動脈解離】の若い
女性のオヘをしたいという事。それも【自己弁温存基部
置換術】で・・と。レイサムはとても珍しく、難しいオペ
だという。向こうには経験のあるドクターが居ないこと。
救急ヘリで搬送してここでやろうというレイ。しかしコナー
は被害者は自動車事故による多発外傷で不安定なので動か
せないとのこと。なら通常でやれば良いとし出張は苦手だ
というレイサム。コナーは先生の個人的事情はわかるが・・
というと、ハッキリと言いなさいとしアスペルガーだという
レイサム。この置換術をやる機会は滅多にないこと。以前
先生の助手で一度経験したが自分で執刀してみたいという。
ヘリで僅か20分なので日帰り出来ますというコナー。
意地を張ることもないかとして私も経験が広がるので行く
ことを了承。

「君が執刀しろ。ホテルに一泊・・それも面白そうだ」
と語る。

・ニーナとウィルが出勤

受付前を通るとナタリーが目の前に居るのをみてオハヨと
声をかけ合うウィルとナタリー。ウィルはナタリーに
聴診器を変えたのかと尋ねると、前のは息子に取られたから
という。あのヌイグルミは診察しなきゃならないからねと
ウィル。

テイトはエイプリルに忘れ物だとしてランチを持ってくる。
ランチならば買えるとするが、妊婦は食べたいものを食べる
として「ポテトチップ」「ピクルス」「キャンディバー」か?
と問うテイトにあなたもホルモン漬けになれば分かるという
彼女。

◆患者・ゲイブ・ムーア

マギーは患者が来るよと語る。チャウト(Alex Weisman)に
よると患者はゲイブ・ムーア (Zach Thomas) 8歳、非ホジ
キンリンパ腫。痙攣を起こし体温40度。ベルセド1mmを投与
したという。ベッドに移動すると対光反射を調べ、同行
してきた父・アダム(Cameron Knight)にナタリーは”ここの
腫瘍科に?”と問うと彼は頷く。投薬履歴を調べるよう
告げ、バンコマイシンとセフトリアキソンを投与を命じる。
お母さんは?もう亡くなったというアダム。
アティヴァン1、ディランティン500mm。
血算、生化、頭部CT、血培、脳波検査をラボにオーダー
してというナタリー。最後のCTからどのくらい経つのか
尋ねると2、3ヶ月だという。熱のせいでガンが脳に転移して
いるのかも知れないという。MRIを撮りましょうと。

エイプリルはナタリーを呼ぶ。
すると薬局によると3ヶ月、薬を取りに来ていないという。
クスリを飲ませていないのか・・息子を見殺しにするか?
というナタリー。

アダムに新しい抗ガン剤が処方されていたのに子供に与えて
いないことを語り、男親が一人で子育てをする大変さは分か
るがこれはどういうことかと尋ねる。

「本人の意志です」とアダム。

ゲイブは化学治療を4クール受けたが吐き気と痛み・・それ
を押さえる薬も酷かったのだという。最終クール中辞めた
がったとし続けても効果はゼロ。だから「息子に決めさせた」
と。ナタリーはそれを聞いて決めるなんてムリだとし8歳
の子はまだ脳が発達途上で複雑なことは理解出来ない。
「生」「死」「永遠」の概念を完全には理解出来ていない
だろうというナタリー。しかしアダムはゲイブは理解してい
るのだという。新しい抗ガン剤は許可出来ないというアダム。

エイプリルはそれを聞いて児童保護局に報告しようとナタリ
ーに告げる。しかしナタリーはまずはMRIで転移してないかの
確認だという。

◆リディア・ホロウェイ

ウィルは看護師のドリスがリディアの対応に出る。
突然ぱったりと倒れたという。トロポリンが0.08ナノグラム
も・・小さな心臓発作を起こしたのだという。血糖値が456
だというドリス。糖尿病なのか?静脈血ガス、インスリン10
単位の静注と生食1リットル。内分泌を読んで入院すると
循環器にも知らせてくれと語る。

■感想

タイトルは分身か・・
まぁこれに適合しているのは多数の人格を内面で形成して
いるグレース/ベッカのケースだったけど、分身という
よりも「何がその人の決定権を握るのか」という事の方が
分かり易いテーマだったような感じがする。
勿論決定するのは自分自身では有るのですが、情報過多な
時代にあり、その人となりに信じるものが有ったり、影響
を受けるものが有ったり、またはそれを自分の中に取り
入れる方法としてのコミュニケーションが有ったりする訳で、
それを決定するのはなかなか難しく複雑なもの。

二つの人格は誰にでも有る。
ウィル先生のケースではないけど、「本音」と「建て前」と
いう形がその最たるものだ。
正直な人ほどバカを見るようなケースが今回は多分に見ら
れた。
相手の本心が何処に有るのか他人がそれを知る/図る術
なかなか見つけづらい。それに近づく為には多くの情報を
手に入れること。そしてそれを手にするにはコミュニケー
ションというやりとりが求められる。

コミュニケーションツールは多様化された。
その分だけ多種多様なルートを使って匿名性の高い相手に
は心をさらけ出せるようにはなったが、身内に対しては
なかなか本音は開けていないのもまた現状であり、それを
阻害するのは互いの感情に有り、それは脆く儚いものでも
有って引き出せないことも多い。

人間同士、関係性を築くのが難しい。
しかしヌイグルミだとか、動物(今回は猫が引き合いに)だ
とか、タルパと呼ばれるものに逃げてしまう場合もある。
それを一つのコミュニケーションツールとして人は精神を
保っている人も居るのだということを端的に示していた。

■今回の患者

・ゲイブ・ムーア

8歳、非ホジキンリンパ腫で痙攣を起こして運ばれて来た。
元々この病院で癌治療を行っていたようで、化学療法を
行っている。

運んできたのはチャウトくん。
体温40度も有ってベルセド1mmを既に投与している。
対光反射は有る。バイコマイシンとセフトリアキソンを投与。
そして更にアティヴァン1とディランティン500mmを追加で
投与。熱のせいで癌が脳に転移している可能性を示唆する。

新しい抗ガン剤が出来たという。
しかし化学治療4クール終わった後に薬を飲んでいないこ
とを知る。
当初私は抗ガン剤治療の為の金が無いのかと思った。
癌治療って鬼のように高いですからね。

父親のアダムによると4クール受けたが何一つ治らずに苦し
みと痛みだけ。

暫くすると呼吸が荒くなり敗血症になったようで抗生剤が
まだ効いていない。

・決定権

脳の発達についてナタリーは8歳ではまだ「生と死」「永遠
という概念」を完全に理解出来ては居ないとして親が押し
つけた決断だと思っている。それを全否定する父。

「今度の薬は効くかも知れないと励まし続けて・・」

そんなナタリーの言葉に父親は
「息子はもう闘っていないんだ。無理矢理戦わす気はない。
意志を尊重したい」

しかしナタリーはゲイブに対して
ゲームのキャラクターは死んでも生き返るが人間の場合は
やり直しが利かないことを理由に出来るだけ長く生きて
みたいと思わないかと尋ねる。
しかしゲイブの答えは・・

「ありがとう。でも人それぞれに寿命があったらボクは
終わり。その先がみたい」

しかし抗ガン剤を早く飲ませなければ悪化の一途だ。

・児童保護局しか道は無い?

元々はエイプリルが言い始めたこと。後々大変なことにな
っていく。しかしエイプリルの中には看護師としての何か
よりも寧ろ自分の中の赤ちゃんにこのケースを置き換えた
のだろうか?それともテイトに語る様にホルモンバランス
なのか。
※結局、病気は抗ガン剤を使わないことが効果を発揮して免疫力
を回復していた。そして新たに新しい抗ガン剤が効き始めた
ようだ。

・リディア・ホロウェイ

元々糖尿病を患っているようだ。
それに加えてトロポリンの数値からして小さな心臓発作を
起こしたであろうことを語る。血糖値に至っては458。
ウィル先生とドリス看護師が対応。

ウィルは入院させて糖尿病のコントロールをしなければなら
ないと思っている。しかし彼女はそれを否定。
「ザッカリー・テイラー」「ミラード・フィルモア」を始め
として12匹の猫を飼っている為のもの。名前は歴代大統領
から取ったもの。

・ダニエルの診断

「風変わりな人だが私の警報ベルが鳴ることは無い」

ウィルはそれを聞いてマギーに愚痴っていた。

「昔の患者は医者から言われたことに従っていた。」
「ドクタークイン 大西部の女医」(原題:Dr. Quinn,
Medicine Woman / 1993年~CBS・全140話。)

・再度倒れる

STの上昇。心筋梗塞だった。
アスピリンとニトロ、モルヒネを投与。
酸素を10リットル。トロポニン検査と心電図、血管も調べて
場合によってはステントを入れるという。
そんな中12匹の猫を飼っているということを聞いたロビンは
理由がわかったかも知れないとして改めて確かめ、彼女は
【トキゾプラズマ症】だと判明していく

ネコの糞による寄生虫から感染するもので脳を支配し続けて
ネコの世話をしたい衝動にさせる。トキソプラズマ症は
自分に対する関心が無くなると言われていること。
しかしそれでもダニエルは患者に決めさせるべきことを語る。

・昔と今

昔のホロウェイさんは友達とよく出かけて旅行好きだった
という。ただし年齢的にそういうのは性格的にも変わって
いく可能性はあるよね。

・グレース・スコット

26歳の女性車同士の事故のドライバー。救命士のコートニー
が連れてきた。低血圧と過換気、一リットルのボーラスを
使う。モリソン窩に貯留があり安定している内にパンスキャ
ンをする。

グレースはベッカが暴走したと語る。

・ベッカとは!?

精神科医のダニエルたちも含めて「ベッカの存在」を聞く。
夫のマークはその存在を知っていた。
妻(グレース)の中にいるもう一つの人格。ベッカはグレース
「タルパ」/ 分身だという。

グレース自身にも話を聞くと彼女自身が意図して作ったもの。
その概念として、

「頭の中で好きなキャラクターを作って話しかけていると
その内に本当に人格を持つ様になり実体になる。」

少しずつ彼女の中の別人格が前面に出てしまっている。

・サラは非科学的だと反論

あらゆる検査では異常がない。その為何の病気か絞り切る
のは難しい。似た様な症状として「解離性同一性障害」
「統合失調症」というとサラに対して、あるいは「タルパ」
だと言うダニエル。

ただ警察によると目撃者の証言から自分から車を加速して
車列に突っ込んで行ったという。その場合「自殺未遂」の
可能性も否定出来ない。

・とにかく話合い

サラがグレースに話をする。自殺しようとしたのではない
か。ベッカとケンカになったとは何のことでそうなったの
か。
要するに二人の関係を夫・マークが邪魔しようとしていると
思っているようで・・架空の友達ではあるが友達が出来た
ら普通は喜ぶハズなのにマークは違ったという。

二人の関係を引き離すのは難しそうだということで、マーク
も含めて話す事になる。

マークはベッカが関係を邪魔していると思っているが実際
にはグレースのことをコントロールしているのは自分で
有る事を告げる。高校の時に彼女はベッカというキャラを
作っていた。グレースが実家から出られたのも、パーティー
でマークに声を掛ける勇気を与えたのもベッカだという。
それを聞いたマークは・・妻にどっちか選べと選択を求める。

・サラとダニエルは病気について語る

彼女を正常な人みたいに扱うべきなのか。
しかしそう簡単なものではない。
架空の友達とケンカして潜在意識で車を周突させた。
サラは単純だと主張。
主観的過ぎて嫌だとしこんなものは科学できないというサラ。

「精神医学も含めて医療は科学であり技術だ」と。

・ベッカの容体・・そして原因へ

頻脈に頻呼吸、飽和度は84。脈はリードから外れてしまっ
て心臓が止まっていた。
ただしチアノーゼもとか顔の蒼白もない。鈍的心外傷の
可能性を告げるが、サラは気がついた。
「おちつけ」「平和の場所を想像しろ」。ベッカのアドバ
イス通りにすると一瞬で治る。
これは【パニック発作】だった。彼女は高校時代からパニッ
ク障害が有ったのだろう。ただそれになった原因がある
のかな。

・市長の娘

ロックアイランドのマーシー病院からの依頼。
A型大動脈解離のオペを自己弁温存基部置換術という難しい
手術方法で行う。
自動車事故による多発外傷があり不安定なので移動させる
ことは難しい。そこで現地の病院に行って執刀してもらい
たいとのこと。

コナーの意見にレイサムも最初は渋ったけれど、ヘリで僅か
20分の距離なので日帰りも出来ると言うと認めてもらう。

・マーシー病院

市長のジムと病院の関係者?のボブがいた。
そこで手術を行うことになるけど、執刀している時に
外科医A(John Henry Roberts)とB(Sharon Freedman)が
質問責め。

冠動脈のインプラントを左の前方冠動脈から入れる。
インプラントの切開は5.6cm。
【ケスラーの報告】では移植後の2割は仮性動脈瘤が形成
されるのではないかという。また分岐部が損傷しダブル
バイパスになってもいいのかと問われる。最後の質問は
レイが答えていた。カブロール方のことを言っているので
はないかと。人工血管を左冠動脈に吻合し緊張を緩めるの
だと語る。

■その他

・気になること

・ニーナの男性遍歴

ニーナはウィルがナタリーと親しそうにしている場面を
何度か目にしている。例えばウィルがナタリーの肩にさり
げなくタッチするような直接的なコミュニケーション方法
とか、普通はなかなか気がつかない聴診器の事にも敏感に
気がついた。
ニーナはそんなウィルに対して「気が有るのか?」ではなく
「関係が有ったのか?」という質問をしている。
絶対にいつかはこういう事になるなとは思っていたけど、
実際にはニーナは相当男性を取っ替え引っ替えしている。
そんな彼女はウィルの何が気に触ったのだろうか?
本気で愛して居るってことなのか?それとも他に何か有り?

・ダニエルとロビン

今回はダニエルとマギーのキャラクター性が活きた感じ。

ホロウェイさんが”あの人”に恋人がいるのかと問うとロビン
はその人はウィルかと思っていたが、彼女が言っていたの
はダニエルだった。

マギーはいつも誰かの支えになっているけど、今回は
ウィルの愚痴に色々と付き合っていた。
ウィルはナタリーに少しは気が有ることをニーナに言うべき
か迷っている。そんな彼にマギーは・・・

「アドバイスする?女は彼氏が他の女を密かに思っている
なんて聞きたくない」

ロビンはパパもトキソじゃないの?と疑う。
「「少女探偵ナンシー・ドリュー」(原題:Nancy Drew)、
私はネコ好きじゃないだろう。」
「知らない。パパは秘密主義だから・・・」
「取り消す。「ペリー・メイスン」(原題:Perry Mason)、
弁護士向きだ。」

因みに最後に二人はコーヒーを飲みに行き語り合う。
ダニエルはネコの動画は好きだし昔は飼っていたという。
名前はピート。アビシニアンとシャムのMIX。
ネコの動画が人に良い効果をもたらすと実証されている。

言い回しも面白かったね。
「私が秘密主義だという妙な言いがかりを否定する為に
完全なる情報開示をする」
と。

・レイサムの社会勉強

手術が成功するとボブや商工会議所のエヴァンス
(Doug MacKechnie)と”THE CAVE”というバーで飲むこと
に・・そんな中、レイサムは同席した女性から好意を示さ
れているので部屋に戻って過ごすという。
明らかに娼婦でサギ師。バーテンダーの
ケネス(Andy Lutz)と目配せしていたしね。
200ドルと母から卒業祝いにもらって時計を奪われたとの
こと。しかしコナーがケネスの元に行って上手いこと取り
戻す。自分達は市長の娘を治すために来たこと。市長に話せ
ば君たちがどうなるか・・
100ドル多い300ドルを払わせて、食事代を奢るという名目
を作ってレイサムを落ち着かせた。

「人に頼る事(助けてもらう)は弱さの表れかと思って
いたが、今はもっと複雑だと分かって来た。」

NCISのギブスなら弱さの表れだと良いそうだが(笑)

■使用された曲

■出演者

シカゴ医療センターの救急外来

Dr.ウィル・ハルステッド (Nick Gehlfuss) 内科医。弟はシカゴ警察
エイプリル・セクストン (Yaya DaCosta) 看護師。ブラジル出身
Dr.ナタリー・マニング (Torrey DeVitto) 小児科医。救急外来研修中
サラ・リース (Rachel DiPillo) 医学部の4年生
Dr.コナー・ローズ (Colin Donnell) 外科医、父とは長年の確執
Dr.イーサン・チョイ (Brian Tee) 感染症の専門医。海軍の予備役
シャロン・グッドウィン (S. Epatha Merkerson) 管理部長
Dr.ダニエル・チャールズ (Oliver Platt) 精神科部長
マギー・ロックウッド (Marlyne Barrett) 主任看護師

Dr.イシドール・レイサム (Ato Essandoh) 医師・外科医
Dr.ニーナ・ショア (Patti Murin) 病理学
Dr.ジョーイ・トーマス (Peter Mark Kendall) 臨床検査技師
ジェフ・クラーク (Jeff Hephner) 新しい医学生、元消防士
Dr.スタンリー・ストール (Eddie Jemison) 外科部長
ノア・セクストン (Roland Buck III) エイプリルの弟・看護師
Dr.ロビン・チャールズ (Mekia Cox) ダニエルの娘、感染症科

Dr.ジェーソン・ウィーラー (Jurgen Hooper) 医者
Dr.マーティ・ピーターソン (Jeremy Shouldis) 麻酔医?
Dr.レア・バルドヴィ (Shay Rose Aljadeff) 研修医

ドリス (Lorena Diaz) 看護師
ベス (Mia Park) 看護師
ディーナ (Amanda Marcheschi) 看護師
レア (Tonray Ho) 看護師
ステイシー・フィン (Alex Dauphin) 看護師
チャウト (Alex Weisman) 救命士
コートニー (Courtney Rioux) 救命士

リディア・ホロウェイ (Julie Ariola) トキゾプラズマ症
グレース・スコット (Leah Karpel) 26歳、パニック障害
マーク・スコット (Connor McNamara) グレースの夫
アダム・ムーア (Cameron Knight) ゲイブの父
ゲイブ・ムーア (Zach Thomas) 8歳、非ホジキンリンパ腫
マデリン・ガスターン (Jodi Kingsley) 児童保護局
ジム・ヘンドリックス (Tommy Lee Johnston) 市長
マイク・エヴァンズ (Doug MacKechnie) 商工会議所
ロバート (Richard Perez) “ボブ”、市長の補佐?
リサ (Kristi Engelmann) 娼婦詐欺
(John Henry Roberts) 外科医、執刀中に質問
(Sharon Freedman) 外科医、執刀中に質問
(Aaron Barker) 警察官 / 2人の内の逮捕・告知
ケネス (Andy Lutz) “The CAVE”バーテンダー
(LaShawn Hazelwood) 看護師
(Ashland Thomas) ED医者

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336