シカゴ・メッド Chicago MED S2 第6話 未来 Alternative Medicine

リンク広告 テスト




第6話 未来 Alternative Medicine

監督/Eriq La Salle
脚本/Diane Frolov、Andrew Schneider

【Story】

ジョーイとサラは一緒に病院にやってくる。
ジョーイは「滑液左腰」と書かれた献体に関して語っている
とサラは何処か落ち着かない雰囲気。サラはバスを降りた
時に誰かが付いてきたことを語り、尾行されている気がする
という。ジョーイは気のせいだとし、精神科1年目だから
一日中心を病んだ人たちと一緒に居れば影響を受けるのは
当然だという。パラノイアとか・・。そう言われるとサラ
は何か上から目線で言われた事に気分が悪かった。

・シカゴ総合病院

チョイ先生はもう満杯なので患者を移してくれとマギーに
頼む。ナタリーに対してマギーはヘイリー・クライン
(Alyssa Freeman)が来るわと語る。

●ヘイリー・クライン

救命士のブレット(Kara Killmer)が10代女性、非ホジキン
リンパ腫の患者(ヘイリー)を連れて来る。マギーはダメだ
としてバグダットだと語る。ヘイリーの両親のダグと
エリザベスも心配しながら見守る。
GCSは10点、意識障害、せん妄状態、黄疸が認められると
いうブレット。白目が黄色の状態。

チョイ先生は生食と血算、生化、凝固、電解質だとエイプ
リルに語る。最後の抗ガン剤は何時かと尋ねるナタリーに
エリザベスは一週間前だと語る。そうしている間にも
ヘイリーは嘔吐する。冠不全から脳浮腫になったのかも・・
GCSが悪化しているというと、チョイは挿管しようと語る。
エトミデート10、サックス75・・バイタルは下がっていた。
頭部と腹部のCT、そして十分な換気をしてアンモニアも
調べる様告げるナタリー。

マギーは早く退院させてと内線で語る。
ベッド数が足りないのだというと、近くにやってきたシャ
ロンは呼んだ?と問う。ベッドが空かない事を告げるマギー
に対して転院はダメだとし入院フロアが一杯ならベッドが
空くまでICUに入れれば良いというシャロン。

●バート

ウィルは病室ではないところでベッドで寝かされている
バート(Paul Grondy)に謝罪する。「痛みは?」「30分
くらい前」。放って置いて良いと言ったが近所の看護師
が診てもらった方が良いと言ったという。
痛みはへその辺りだという。ウィルは暫く触診などしていた
が心房細動になったことは無いか?と問う。不整脈のこと
でよくある事だけど・・意外と腹部は軟らかく筋性防御は
無いという。硬いのはよくないとのこと。一応調べましょう
というがバートは早く帰りたいを連発する。胸部レントゲン
KUB、乳酸、血算、アミラーゼリパーセ、生化をエイプリル
に頼む。

●コリンズ

コナーはコリンズ(Jack Hickey)に対してよく手術に耐えた
とし状態は良さそうだと聴診器で聞く。レイサム医師も
心音を聞くとコリンズに大動脈弁置換術をやり直すと語る。
収縮期雑音だと。微かな音だと言われコナーは改めて聞いて
診るがやはり彼には聞こえなかった。再手術を手配してくれ
と看護師のキャンディス(Karissa Murrell Myers)に告げる
レイサム。弁が機能しているかせめてエコーで確認してから
にしてはどうか?というコナーに対して、レイサムはもし
疑うなら手術台でエコーすれば良いという。私は着替えて
いるというレイサム。

●シャノン
チョイはシャノン・フィッシャー(Haley Brooke Walker)
(14歳・生まれ2002年10月7日)。腹が痛い原因について
胃に何かあるとレントゲンを見て語る。母のシンシア
(Mildred Marie Langford)はまさか・・というが、チョイ
は腫瘍ではなく異物ですと語ると何を食べたの?と尋ねる。
飲み込まなければ入らないよとエイプリル。小さい人参だ
というが、チョイは否定し恐らく金属か陶器だろうという。
オモチャなのか?。どうせ自然に出てくる・・蠕動運動を
居れば良いというシャノン。動いて欲しくはないとし腸を
傷つけて欲しくないからだという。内視鏡検査をしたいと
いう。麻酔をかけて内視鏡を入れ除去しますというと、簡単
な事ですよというチョイ。

Dr.エイブラムス/脳外科医はヘイリーの症状を見て瀰漫性
脳浮腫で脳溝も脳室も消失しているという。ICUに運ぶ様
告げる。ナタリーは両親にCTで見ると脳がかなり腫れている
のは急性肝不全のせいだろうという。治療法の一つは脳の
腫れを和らげる薬を投与すること。管を入れて圧力を抜く。
許可を頂ければ・・と。病室で出来る様な処置だというエイ
ブラムズ。

■感想

今回も生死を分ける患者の事情が描かれた。
病気・病院ものだけ有って一度で治るというのは稀で、
二度・三度と主治医の元に運ばれて来たりするものが
多いね。

このドラマ、中心はEDだけど病院全体の事情を取り上げて
居ることも有り、精神科や内科、外科、そして看護師や
救命士、ICUなどが配置良く描かれている。

今回は特に患者が多かった。
メインの医師はナタリー、チョイ、コナー、ウィル、
そして精神科医のコンビ、サラ&チャールズなんだけど、
それぞれに一人ずつフルに担当したケースだったのかな。

第六感とビギナーズラックとは違って、下地には経験と
いうものが有るのが前者には有るのかも知れない。
今回はレイサム先生が人には聞こえないモスキート音の
ような音を聞き分け異変を関知出来たのも繰り返しの
経験の賜、ウィルもまたコナーには分かず、そしてCTにも
見た目分からないところ触診だけで腸管虚血であること
訴えられたのも過去にその事例を扱ったことが有った
からだった。

現実主義的コナーにとっては、自分の目に見えないこと
や耳で聞こえないことを受け入れるという今回の一連の
ことは理解しがたいものが有るかも知れない。ただ色々と
不可思議なことの連続によって色々と初心に返ったところ
が有ったのだろうと思う。
レイサム先生との関係に於いても少々チグハグな関係で
信頼関係を築く為にも少々時間がかかりそうなところが
有るのかも知れないと思わせた。

そして最終的にはレッドルームという病室やハワイの
シャーマンを登場させて非現実的なひとをさせる。
誰もが縁起くらいは担いでいないか?それが非科学的だと
分かっていてもだ。

今回は分かりづらいが「特定の場所」が神聖な場所にも
なったり悪夢になったりと・・居場所を求めて彷徨う迷走
具合はまるでゴーストだった。
答えの無い答えを探している人たちなので難しいところは
あるのだろう。
中学生がDNAシークエンシング、C型肝炎の治療薬、
バイオチキンの作成方法などを考えて居る。

「癌の特効薬はああいう所で出来るものかも知れない」

まさに昔の野口英世の世界ではああいう所で作って来た人
なんだろう。

そしてウィルのかつての恩師であるローワン先生は
悲しいことだが認知症で施設に入っているようだった。
それでもウィルは医大生4年の時に「神の手」を持つ彼女
の指導を受けている。嚢胞性線維症、腎嚢胞を当てる
女性。

■今回の患者

S2-4話で登場したヘイリーとダニーが登場。

第4話 束縛 Brother's Keeper 監督/Stephen Cragg 脚本/Jeff Drayer Joseph So...

・ヘイリー・クライン

ブロンドの女性・ブレット救命士が連れて来たヘイリー。
4話にも出て来たばかりでかなり危ない状況だった。
病状は非ホジキンリンパ腫。抗ガン治療をしているので
髪の毛は抜けているし合併症が怖い。それなのに自宅から
通院している状況というのは正直大丈夫なのかという
気がする。日本でもベッドの回転率からして手術しても
意外とすぐに追い出されるけどね。

心配して見守る父・ダグと母・エリザベス。

運ばれて来たのは意識障害、せん妄状態、黄疸が出たこと。
抗ガン剤を最後に投与したのは一週間前。
肝不全か脳浮腫か。呼吸が出来なくなった為に挿管する
ことになる。エトミデートとサックスを投与。

脳外科居のDr.エイブラムスに診てもらうと瀰漫性脳浮腫
だと判明。脳溝も脳室も消失している。すぐにICUに連れて
いかねばならない。脳が急に腫れた原因は急性肝不全の
せいで、ナタリーは両親に治療の一つとして脳の腫れを
和らげる薬を投与するという。

しかし化学療法は昨年から続けて何クールか終わっている。
それでこの状態なのかと考えたエイブラムスは癌治療に
於ける根治は暗黒の時代と呼ばれる程に遠いことを意味
していた。

透析して黄疸を減らそうとしている。
透析すれば回復する。ただ肝臓のダメージが致命的で移植
が必要かも知れない。好転した例もあるというがナタリー
の中にも絶望的状況はこの時点で分かっていたようだ。
その後の患者の両親への対処が実に難しく、チャーリーに
相談する。

非ホジキンリンパ腫の11歳が脳浮腫を伴う急性肝不全で
救急搬送。脳室ドレーンを入れてもらい透析しながら肝移植
を待つ状況。
「望みがないのに期待させる」事にナタリーは罪悪感。
しかしチャーリーは線引きの難しさを解き深入りするのは
どの段階かは難しいと語る。あの子の両親も期待したい
であろうこと。

病状は悪化。
瞳孔散大、対抗反射緩慢、脳の腫れが酷くて脳幹を圧迫。
看護師のメリッサは心拍や血圧、飽和度共に落ちている
事を告げ、心停止の状態に陥る。心室細動にエピを投入
して除細動器でチャージを上げて心臓を動かそうとするが
結局助からなかった。

・バート・ローガン

ウィルが対応した患者。
中年で小太りで病院嫌い。「早く帰りたい」口癖みたい。
へその下の痛みが有る。
データを見たエイプリルが何かに気がついたようでウィル
にその数値を見せると彼は心房細動になった事は無いかと
バートに尋ねる。不整脈になる状態で脳梗塞になる危険性
が高いと言われる。お腹を触診すると軟らかいので、筋性
防御はないという。
ただ色々と胸の方のレントゲンを撮っていた。

アルブミンが低め、クレアチニンと乳酸値が高め。
ローガンに病気に対する現在の見解を語る。腹部は膨満
しているがそれ自体は心配がない。血液検査の結果が
基準値を外しているので原因を調べるために腹部CTを撮る。

ローガンは痛みが無くなったので帰りたいというが寧ろ
状況が悪化している事を知る。痛みがないと言うローガン
は良くなったと考えるが良い兆候ではない。壊死している
為に取り除く必要が有る。

腸管虚血だとしてコナーに執刀を頼む。
しかしコナーは当初勘だけで腹腔鏡または開腹をするのか
と怪訝な顔をする。
ただウィルは心房細動から腸間膜動脈血栓で虚血を来たし
蠕動は消失して膨満したのだと語る。
症状だけ見れば胃腸炎か腹膜炎だが、今日のコナーな不思議
な経験をしている。

手術ではコナーとピーターソン(Jeremy Shouldis)が行う。
開腹すると確かにウィルの言う通りだった。

・アンリ・コリンズ

担当医はレイサムだったのかな。そして実際に執刀したのは
コナーだったようで術後の経過を聴診器で調べる。
心音は正常に思われたがコリンズは大動脈弁置換術をやり
直そうと語る。収縮期雑音があるというレイサムの言葉だけ
どコナーには聞こえない。コナーは納得がいかずせめてエコ
ー検査だけでもしてからで良いのではないかとするが、
そんなの手術室でも出来ると一蹴される。

手術室ではコナーは外にはじき出された状態でバードヴィも
レイサムもコナーの縫合の手際の良さに関心していた。
「8-0プローリンをいとも簡単に・・」。

コナーはナタリーとエレベーターで逢い”イジー”・レイサム
のことに付いて語る。聞き取り不能な心雑音を聞き取れる
能力。ナタリーによると演奏時の彼も凄く耳がよく、経験
とか繰り返しのものによる敏感さであることを語っていた。

・シャノン・フィッシャー

チョイ先生が担当した14歳の黒人のメガネっ子少女。
腹が痛い原因として胃に何かがあるのが分かる。
チョイ先生はすぐに腫瘍ではなく異物が入っているとし
何かを誤飲したのではないかと考える。
どうせ蠕動運動すれば出てくるわと14歳の少女が語る。
しかし逆に異物が腸に達して動いて欲しくないと考えて
内視鏡で取り出したい旨を伝える。

内視鏡で取り出すと中から謎の物質。
シャノンによると地下室で作っていたロボットの試作品。
手術しなくても詰まったりした所を治してくれるもの。
皮肉にもそれが詰まってしまったりするが、母親のシンシア
によると仲間達とバイオのチーム「バイオ・ハッカーズ」
を作っているようだ。

シャノン = バイオハッカー
カイルとジェン = バイオハッカーズ
指導教師 = 生物のハーバート

ナタリーは子供が遺伝子実験しているのかと驚く。
ただ自分の身体を実験にしてはダメだと語る。

チョイ先生はシャノンの家を訪問して地下室を見に行く。
その後ナタリーがヘイリーの死で落ち込んでいるのを知り
その地下室を見に行ったらどうかと語る。

・ダニー

サラは冒頭から誰かに尾行されている気配がしていた。
過去ヘイリーのエピと同時に出て来た青年で、これ以上
嫌なことをされたくないという。これ以上耐えられない、
もう死にたいと言われる。

チャールズに相談するが見解の違いを見せる。
後に語られるがチャールズの過去が起因している所も
あるし、コンプライアンス的にも病院の外での治療はすべき
ではないし、「深入り」することのリスクを語る。

「君にしか救えないのか?」
「君にしか彼のことを理解出来ないのか?」
「その先は危険な道だ、行くな!」

サラはどうしてもチャールズのことに納得がいかない。
そこでチャールズは昔開業医をしていた頃の話をする。

・20代のミュージシャン、面白い子で才能が有った。
・彼女は不安抑鬱発作に悩んでいて治療に凄く前向き。
・彼女が好きで診察が楽しみだが、ある時電話が鳴り
飛び降り自殺したこと。
・遺書には「もうダメ」と書かれていた、理由がわからず
何度もノートや手がかりを探したこと。
・その時の答えは今でもチャールズは分かっていない。
立ち直る事は出来ずに結局診療所は売って救急の精神科へ。

ただチャールズの言った「他人の人生に立ち入るな」という
のは傲慢な判断であったこと。ただし絶対に病院外での
治療だけはやるべきではない。

「シカゴP.D.」でお馴染みのリンジーに相談することに。
救出計画を練るのでそれまでは身長にやってと語る。彼ら
はダニーは目撃者でもあるので抜け出せば殺すという。

サラはダニーに対して「自殺したい」「希望が無い」
「やる気が出ない」というのは鬱のサイン。薬の処方は
出来るが根本的な問題があること。それは環境問題だった。
状況は変えられる・・・そうすればそう思う事も無くなる
だろう事を告げる。

ダニーは救命士のコートニー(Courtney Rioux)によって
連れて来られた。自殺したのかと思ったけど実際には
埋め込まれている発信器を自ら取り出そうとしたようだ。
「生きたいという気持ち」
これこそ鬱ではないことを示していたね。

■その他

・気になること

・鳥肉

昼食を買いに屋台にいくエイプリルとチョイ。
どうもチョイ先生はオウムを飼ってからというもの鳥肉
を避けているようだ。

・病院の西棟

普段マギーとかあんまり行かないのかな。
看護師のキャンディスとか居た。
アイザック・ジョンソンがICUから移ってきたとか、整形
の患者が病室に入ってしまったとかで連携はバラバラ。
レッドルームの存在を聞いて医師達はナースを困らせると
マギーはぶつぶつ・・「オペの時はオレンジの靴下、
同じ曲をかけろ」など・・

・レッドルーム

医者が誰も入れるなと言っている部屋。呪われているのだ
そうだ。2週間3人が亡くなった病室。コナーもギャンブル
はしないと語る。

マギーはコナーがハワイのキオーニを知って居ることを
聞いて紹介してくれと頼む。彼はシャーマンであり

「癒しの気配が無い」
「音波が発している振動。物をかすかに振るわせその振動
を刻みつけている。だから中のテーブル・イス・壁が少し
ずつ変化する。悲しみと怒りの痕跡だ。消すことは出来な
いが押さえることは出来る。」

・子供の地下室

今回は部屋とか場所が色々とキーワードになっている。
ここもその一つ。腸内細菌を培養して大腸菌ニッスルを
再プログラムして免疫を高めるようなことをしている。
バイオセーフティレベルは1(1.5)・・。
ヒーラ細胞を移植したり、リンゴのセルロース細胞が育つ
為の足場を作ったり・・
ナタリーがまた彼女たちの年齢の時に培養海馬細胞で低分子
干渉RNAを使ってタンパク質機能の解析をしていたとか
言っているからなぁ。凄い人たちだ。

■使用された曲

■出演者

シカゴ医療センターの救急外来

Dr.ウィル・ハルステッド (Nick Gehlfuss) 内科医。弟はシカゴ警察
エイプリル・セクストン (Yaya DaCosta) 看護師。ブラジル出身
Dr.ナタリー・マニング (Torrey DeVitto) 小児科医。救急外来研修中
サラ・リース (Rachel DiPillo) 医学部の4年生
Dr.コナー・ローズ (Colin Donnell) 外科医、父とは長年の確執
Dr.イーサン・チョイ (Brian Tee) 感染症の専門医。海軍の予備役
シャロン・グッドウィン (S. Epatha Merkerson) 管理部長
Dr.ダニエル・チャールズ (Oliver Platt) 精神科部長
マギー・ロックウッド (Marlyne Barrett) 主任看護師

イシドール・レイサム (Ato Essandoh) 医師・外科医
Dr.サム・エイブラムズ (Brennan Brown) 脳外科居

Dr.ニーナ・ショア (Patti Murin) 病理学
ジョーイ・トーマス (Peter Mark Kendall) 臨床検査技師
ジェフ・クラーク (Jeff Hephner) 新しい医学生、元消防士
Dr.レア・バルドヴィ (Shay Rose Aljadeff) 研修医
Dr.アレン・ヴォースパン (Tosin Morohunfola) 手術室にて
Dr.マーティ・ピーターソン (Jeremy Shouldis) 手術室
Dr.ベラ・ローワン (Jean Moran) ウィルの恩師。認知症
キャンディス・レイトン (Karissa Murrell Myers) 看護師
エリン・リンジー (Sophia Bush) シカゴP.D
シルヴィア・ブレット (Kara Killmer) 救命士
コートニー (Courtney Rioux) 救命士

キオーニ (Branscombe Richmond) ダウニー先生お気にだった店
ダニー・ジョーンズ (Nick Marini) 性的搾取されている
シャノン・フィッシャー (Haley Brooke Walker) 14歳、娘
シンシア・フィッシャー (Mildred Marie Langford) 母
ダグ・クライン (Chris Johnson) 父
ヘイリー・クレイン (Alyssa Freeman) 11歳、娘
エリザベス・クレイン (Abigail Boucher) 母

バート・ローガン (Paul Grondy) 腹痛
アンリ・コリンズ (Jack Hickey) 大動脈弁置換術
メリッサ(Melissa Canciller) PICU看護師
カイル (Armando Carlo IV) 科学少年
(Dennis Bisto) Counter Guy
(Alona Leoine) 病気の少年
(Ashland Thomas) ER医者
アイザック・ジョンソン
ジェン

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336