シカゴ・メッド Chicago MED S2 第18話 尊厳 Lesson Learned

リンク広告 テスト




第18話 尊厳 Lesson Learned

監督/Michael Pressman
脚本/Safura Fadavi

【Story】

◆シカゴ総合病院

マギーは急患が来るとEDの医療従事者に語る。
救命士のナイマ(Naima Hebrail Kidjo)が運んで来たのは
22歳男性(Nick Henderson)、腹部に銃創、GCS15点、
血圧100-50・・マギーはチョイ先生に任せるという。

モニーク・ローソン(Casey Tutton)は新人看護士としての
研修として病院に来ていた。EDの忙しさを目にして「不安」
を覚える。マギーは病棟を案内していく。東側に処置室
が7つ、西側には外傷4つ。3と4はぶち抜いて銃創患者用に
なっているとし、だから部屋の相性は『バグダッド』と
呼ばれるという。
シカゴの発砲事件は年間4000件、多い日は10人以上来る。
薬剤ディスペンサーはEDの北と南の端、予備のストレッチャ
ー、防護服は救急用の駐車場、救急絆、包帯、ガーゼ、
その他の備品はエレベーター脇の収納庫にあると説明する。
そしてここが司令部だと。
それを見ていた看護師のドリスは混乱しているじゃないわ
として新人なのか?と問う。マギーは彼女はモニーク・ロー
ソンで小児二次救命措置の資格を取ったばかり。今日は
「EDの技能研修日」。私の指導でね、と。噛みつかれない
ようにとドリス。
モニークは夕べは眠れなかった事を告げる。酷い怪我をした
人たちが大勢来るというと、エイプリルは今日は暇な方だと
語る。ついて行けるかなとモニーク。

マギーはそんな看護師たち(ドリスとエイプリル)に
【看護師の信条は?】と問うと、「時々治し、よく手当して
常に癒す」・・そして「患者を殺すな」・・マギーも含めて
3人で「それは医者の仕事だ」と語り笑う。
ナタリーはそんな看護師たちの話が聞こえたわよと語る。

ナタリーはマギーに私の担当は?と問う。
長期療養施設から来たアルツハイマーの患者、「低血圧」
と「高熱」を患っている・・2番だと。家族の事前指示は?
と問うとマギーはないとし代理人も死亡している。治療方針
はこっちの裁量でとのことだという。ナタリーは患者名
を見るとエイプリルにウィルを呼んでと語る。

モニークはカテーテルの練習。第6の患者で試してとマギー。

●ベラ・ローワン

ベラは外科医でウィルの尊敬する恩師だというナタリー。
ウィルがやってくるとベラの容体を見る。腹部の触診、
水が貯まっていること。
ベラから「あなたは誰?」と問われてしまう。
「バスに乗っていかないと」・・という彼女は咳き込む。
バスに間に合うように頑張りますよとウィルはまた様子見
に来ますという。
間違い無く【誤嚥性肺炎】だというウィル。抗生剤は投与
したので血圧維持にはレボフェド。生化学、尿分析、血培
は結果待ちだというナタリー。
明らかに数日放置されているという。

シャロンもやってくる。
ベラを見て驚きだという。新人の頃に先生の下でオペナース
をしていたと語る。
そんな中看護師が検査結果を持ってくる。セントラルライン
と胸部レントゲンと水分管理に気を付けてと。
20分ごとに知らせてくれと語る。

コナーはロビンと会話する。
夕べ「ジョーズ」に行ったこと。妹がカニ好きだという。
ずっと口を利いてくれなかったので良かったというコナー。
ロビンはそれなりの訳が有ったのでしょ?と問う。
夕食に君を招待したいと言っているというと「値踏みね」と
しローズ家に相応しいかどうかの・・と。コナーはそれを
否定すると父と違って妹は俺が幸せならば良いと言っている
のだという。ロビンは家族に逢う心の準備が出来ていない
という。

レア・バルドヴィ (Shay Rose Aljadeff)が会話中に現れる。
コナーは彼女に君は【大動脈縮窄症】のオペは始めてだろう
というと、勉強したというと師匠は最高のお手本だという。

患者は13歳で縮窄症の診断が遅すぎたこと。父親が石油
労働者でナイジェリに住んでいたから遅れたんだという。

●患者ブランドン・ジェイコブズ (Joey Cipriano)

父のミッチ(Jason Gerhardt)と逢うコナー。そして手術の
助手のバードヴィ医師を紹介する。コナーはブランドン
に声を掛ける。ブランドンは

「ノコギリでボクの胸を切る?」
「怖いんじゃないよ、ハロランに格好良い傷が残るか知り
たい」

という。ミッチはオンラインゲームのキャラクターだという
がブランドンはそれを否定しゲームではなくファンフィク
ションだと語る。ボクが毎日配信している小説でハロランは
敵と戦って倒す・・・Dr.イナゴってヤツを・・。コナー先生
のことだと語る。

コナーは縮窄症の修復は複雑そうに聞こえるが実は比較的
単純な手術。左胸を切開した後、部分体外循環に接続して
大動脈の狭くなった部分を切除しグラフトをつける。何か
聞きたいことがあればいつでも言って欲しいという。
そんな中ミッチはネットで調べたこととして、ブランドンの
足が細くて体が貧弱なのは病気のせいではないかという
もの。良くなるのか?と問うと見た目より健康が最優先だけど
血流が良くなれば成長のスピードも早まる可能性はあると
語る。

■感想

今回も色々と有りました。

一番耳に入ってきた言葉は、「怖い・恐怖」「緊急」
「未練」「決断」
。ED病棟なので緊急と決断というのは
よく耳にする事だけど、今回の問題は患者側の方にも随分
と過失がある。3人の患者(正確には冒頭で銃創患者が運ば
れて来ましたけど)の中で、ベラは長期療養施設の中で元々
嚥下障害を患っていたのに、職員が誤嚥性肺炎を見逃して
いたこと。
そしてブランドンにしても父親がナイジェリアに仕事に行っ
ていることも有ってその発見は遅れてしまっていた。

ここの所精神科医的にはウィーラー先生の件を見逃して
しまったこともあり、自殺に関しては特に厳しい視線を
送っている。ウィーラー先生のそもそもの問題は酒に逃げて
いたことも有って、それを通報・通告していればもしかする
と自殺にまで及ばなかったのかも知れない。だから今回の
ダニエルは依存症患者・自傷者に対して厳しい視線で通告
をすることになった。過去にはチョイ先生が銃創患者を
扱った時にも見逃した結果、また同じように撃たれて運ばれ
て来るという生産性の悪さを露呈していた。

今回は他にも患者がベテラン医師でウィル先生だけでなく
なんとシャロンもまたオペ看護師をしていた際に、ミスした
時にベラ医師から「ここに居る人みんなに礼儀正しく接する
価値が有る」
と語ったことでレジデントから絞られていた
シャロンとしては辞めようとしていた看護師を辞めずに
済んだ。
この流れは看護師研修としてEDにやってきた流れに精通して
おり、モニークという新人の指導に於いてマギーが行って
いたが、時に厳しく時に守る姿勢を見せていた。今回は
ドリス看護師が少し悪者のようになってしまった。
赤ちゃんの人形相手に試験している最中に「一体誰が指導
したのか」として失敗続きのモニークが凹んでいる手厳しい
言葉。それを守ったのがマギーの言葉でも有る。

ベラ医師はウィル先生にも餞の言葉として
「病気ではなく患者を治す」という言葉を何度も聞き返して
いた。

そして何と言っても恋愛事情も動き始める。
ナタリーとウィルの関係。ニーナが懸念していた事だけど
結局ハグしている所を見られてしまう。
ロビンとコナーに於いてはバルドヴィがちょっぴり二人の
関係に食い込んで行きそうな感じも受ける。
ロビン家とコナー家の性格の違い何かも見られたしね。

■今回の患者

・ベラ・ローワン

元外科医。アルツハイマーの患者で長期療養施設に入って
いる。ウィルとシャロンは随分とお世話になったみたい。

ウィルにしてもシャロンにしてもそれぞれの思いがある
ようで、患者への感情移入の仕方は今回のウィルは相当な
固執するものが有った。
これは数話前のナタリーの拘りに似ている。
だからこそ今回ラストで二人がハグするシーンは面白い
互換関係にあるなという感じ。そしてそのシーンを二人の
関係を疑っていたニーナが見てしまうのだからね。
この二人の間には入り込めないとするものが有ったのかど
うか。

ベラは水が貯まった状態。まさに誤嚥性肺炎だった。
抗生剤やら検査を行う。
大事な恩師を放置されていたことを知りウィルは施設の
シャーウッドを訴えようとしていた。

取りあえず胸部レントゲン。
水分管理を看護師に任せる。

・検査結果

肝機能の数値、クレアチニンが異常に高い。
腎臓も白血球も多い。これは多臓器不全で呼吸器も危ない
こと。ウィルは挿管して感染が収まるまで肺の負担を抑え
ようとするがナタリーは反対する。

その後施設のシャーウッド(Matt Thinnes)が来た時には
ウィル先生は相当噛みついていた。

「公衆衛生局に訴えてやる!」

・延命措置は辞めさせようとする人たち

ニーナがまずウィルの元にトリプルチーズを持ってやって
くる。体温を下げて飽和度を上げれば峠は越えるという
ウィルに、ニーナは祖母が倒れた時の母親の苦労と決断に
ついて語った。しかしウィルは恩返ししたいとして延命
させると言って聞かない。

・心室細動

いよいよ心室細動を起こす。心マにパドルで電気ショック
を与えようとするがナタリーは反対する。今やれば確実に
肋骨が折れるから。しかしウィルは聞く耳を持たない。

シャロンとしては複雑な気持ちで見ている。
ベラのお陰で今の自分があること。
シャロンがオペ看護師の新人だなんて想像も付かないけど
今回はそれと対比する為なのかモニークを登場させたし、
モニークを扱うマギーの態度は、シャロンが話していた
ベラ医師のそれにも似ていた。

・急性腎不全

病状は進行する。高カリウムでアシドーシスとなる。
それに対応してウィルは低血流透析で電解質とPhを正常に
するとして腎臓内科を呼ぶ。

しかしシャロンはウィルに話をする。
透析しても寝たきりになる。その内気管切開にもなるし
ウィルは蘇生時に肋骨を折っている。褥瘡が出来て胃瘻
(PEG)をつける。

「人としての尊厳を尊重すべきではないか」

・ブランドン・ジェイコブズ

13歳の少年。大動脈縮窄症患者だということでコナー先生が
担当することになる。

この少年はファンフィクションというオンライン小説に毎日
のように投稿していて、現実逃避の為にオンライン上で
現実に逢う人たちをキャラクターとして迎えているようだ。
コナー先生は手術するということで、メスはノコギリとなり
先生自身はDr.イナゴという名前を付けられていた。

オペに関しては父親のミッチに詳細を伝える。
父親は当然自分が夢に見ている子供と元気よく遊ぶ夢を
見ているが、その肩入れ具合を見てコナーは自分の父を見て
いるようになっているにしい。

・大動脈縮窄症の手術

取りあえず左胸を切開したあとに狭くなった部分を切り取り
グラフトを付けた。血圧は高いが徐々に下がるハズだろう
こと。
手術したばかりなのに既に父親は息子と庭でフットボールを
投げ合いたいことを語る。父親とやったことだという。

・容体悪化

左腕が動かなくなる。
足も冷たいことから血管造影で手術でつけたグラフトの状態
を確認するという。

・選択肢は2つ。医師の選択は?

グラフトがねじれたせいで再狭窄を起こした。要するに
血管が狭まっている状況だ。グラフトの修復にはカテーテル
室でステントを留置すれば良いがその結果、ステントが
左鎖骨下動脈を防ぐことになり左腕への血流の遮断が起きる。
「腕を切断するしかない」

バルドヴィ医師はこれ以外にももう一つの選択があるとして
いた。それが何なのか。
頸動脈下鎖骨下動脈バイパスなら腕を切らなくても良いこと。
しかし頸動脈の血流遮断は若い患者の20%から30%の脳梗塞
を発症し死亡事例もある。リスクが非常に高い。

ロビンもその選択肢を話さないことに疑問を投げかけていた。
コナーによるとあの父親は自分の父親と似ていて「自分の
理想を押しつけるタイプ」
。きっとバイパスを選ぶ為に
言わなかったという。しかし選ぶ権利は父親にあるはず
だよね。

・どちらを選ぶか。

父は息子に片腕のピッチャーの話をしていた。障害が有って
も強くなれるということ。MLBでは最近ではジム・アボット
が有名ですね。最近といっても26年前にヤンキースに所属時
にノーヒットノーランした片腕の投手。グローブの使い方
が凄かったのを今でも覚えていますが・・

結局二つ目の選択肢を話すとそれを選んだミッチ。
バルドヴィもコナーの変更には驚いていたけど・・

「君は立派な医者で俺は完璧な医者じゃない」

結果としてはかなり手術はシビアだったけど成功した。
脳波を計測していた人はカーラ(Anu Bhatt)という初キャラの
医師でしたね。

・ショーン・アダムス

元海軍飛行士で現在は民間のチャーター機を扱う。
点検中に気を失いかけたことによって運ばれて来た。
副操縦士によると前にも有ったこと。
そして会社は精神鑑定を求めている。医者の許可がない
限りは決して操縦させないという。

そして会社や社員もショーンのことには少々疑問に思って
いる。
「最近以前と様子が違う。遊びに出かげずうたた寝が多い。
元気が無くなった」

元々担当はチョイ先生だったのかな。
ダニエルとサラも精神鑑定で治療に参戦する。

自分は混乱していないしプレッシャーなど感じていないと
いうショーン。寧ろ空母にF14を着陸させていた時の方が
プレッシャーは有ったという。
サラは鬱傾向があると考えてウィーラー先生の二の舞だけ
はさせまいとしていた様子。ちょっと先走りスギだぞとは
ダニエル談。

ショーンに飲んでいるクスリについて尋ねるが仕事に影響
を与えるものは飲んでいなく、コレステロールを下げる薬
だけで酒も飲んでいないという。酒も飲んでいない。

ただパイロットは自殺が多いこと。
そしてサラは鬱傾向だとしていたが、ダニエルからは思い
こみで決めてはいけないという。この「思いこみ」に関して
は全ての医者に当てはまっていたのではないか。
ウィルは治せると考えて居たし、コナーとバルドヴィも
同様だった。

「薬物について答える時、若干自己弁護が過ぎた」

・妻のヴィヴィアン(Lia D. Mortensen)

夫が倒れたと聞いてやってくる。

・薬物検査に異常なし

薬物は異常は無かったが深刻な感じで重度の貧血が起きて
いる。原因を突き止めるまで入院して欲しいと頼むが
急にショーンは逃げる様に退院すると言い出す。
ヴィヴィアンにもそれで良いのかと問う。

サラなども明らかに不自然な行動に見えるが、引き留める
だけの根拠がない。

・退院・・・吐血

すぐに戻ることになる。モニークがこの時ルートを取り
胃潰瘍の既往はなかったを聞く。肺の音を聞くが呼吸音は
良好。血液2単位下げる。

結果酷い胃潰瘍から出血。止血は焼灼した。内視鏡で見る
と慢性的な腐食性食道びらんが起きている。
レントゲン写真では肺炎だった。

ある種の炭化水素を飲用を示すパターンであることを告げる。
洗浄成分を口にしたのか。ガスライター、モーターオイル、
ガソリンなどの猛毒を長期間少量ずつ摂取したのではないか
ということ。しかし自殺とは限らず誰かに盛られた可能性も
ある。自殺か計画殺人か・・・

・真相は・・

ショーンは怖さを認めることが出来ず、怖くなっている状況
を語っていた。ガソリンを飲んでいたこと。
異食症という精神疾患。有毒物を衝動的に摂取してしまう
もの。塗料片や土を食べる人もいるとしていたけど、確か
中国でそういう人が居るのをテレピで見た事が有るな。

その代償はライセンスの剥奪。相変わらず妻を激怒していた
けど夫の命は良いんですか?

■その他

・気になること

・サラ先生の苦悩

みんなそれぞれに苦悩はしているけど今回はサラがウィー
ラーの流れを汲んで苦悩していた様子。
冒頭ではいきなりウィーラーが自殺した場所に居たので
驚いたけど、あの場所意外とみんなが行く場所になってきた
ね。

飛び降りる時にウィーラーの心情はどうだったのか。
死ぬということに対する疑問、生きるということに対する
疑問。医者には必要な疑問だろうね。

サラは考えたくないけど気がとがめるので考えざるを得ない
ことを口にする。

・ダニエルの名言

「自殺は決して孤独な行為じゃない。多くの犠牲者を残す」

・モニークの奮闘記

マギーが指導教官、そしてドリス看護師がベテランでちょ
っぴり新人には厳しい役。
色々とコードブルーという設定で2歳児の心停止・心室細動
の処置の手順の訓練。パドルを当てて除細動器を使う時に
ドリスが離れることを言わずにやったので私が死んだと
される。

上室性頻拍を起こした時の患者の対応についての訓練。
除細動を使いサイナス後の処置について・・
バイタルチェックに静脈ルートの確保。血圧が低かったら
どうするのか。
ドリスからはアデノシン濃度を尋ねられると、答えはマニュ
アルから消されていた。自分で計算するよう言われていたが
何処からか6.5mmと答える。正解は0.65mmだった。
ドリスはショパンの「葬送行進曲」を口走り人形の顔に
布をかけていた。ザ・PLLか。

・怖いもの

ロビンは怖いものの一つに「人間関係」をあげていた。
外科医と付き合うのは大変だとして拘束されるし仕事の
ストレスも長いという。そしてバルドヴィ先生のような人
もいる。

「媚びて足下にひれ伏す女たち。」
「全部と太刀打ち出来るか不安。」

まるで今回のエピソードはブランドン少年の小説のストー
リーのオチみたいな話
になりました。

■使用された曲

■出演者

シカゴ医療センターの救急外来

Dr.ウィル・ハルステッド (Nick Gehlfuss) 内科医。弟はシカゴ警察
エイプリル・セクストン (Yaya DaCosta) 看護師。ブラジル出身
Dr.ナタリー・マニング (Torrey DeVitto) 小児科医。救急外来研修中
サラ・リース (Rachel DiPillo) 医学部の4年生
Dr.コナー・ローズ (Colin Donnell) 外科医、父とは長年の確執
Dr.イーサン・チョイ (Brian Tee) 感染症の専門医。海軍の予備役
シャロン・グッドウィン (S. Epatha Merkerson) 管理部長
Dr.ダニエル・チャールズ (Oliver Platt) 精神科部長
マギー・ロックウッド (Marlyne Barrett) 主任看護師

Dr.イシドール・レイサム (Ato Essandoh) 医師・外科医
Dr.ニーナ・ショア (Patti Murin) 病理学
Dr.ジョーイ・トーマス (Peter Mark Kendall) 臨床検査技師
ジェフ・クラーク (Jeff Hephner) 新しい医学生、元消防士
ノア・セクストン (Roland Buck III) エイプリルの弟・看護師
Dr.ロビン・チャールズ (Mekia Cox) ダニエルの娘、感染症科
Dr.サム・エイブラムズ (Brennan Brown) 脳神経外科
Dr.マーティ・ピーターソン (Jeremy Shouldis) 麻酔医
Dr.レア・バルドヴィ (Shay Rose Aljadeff) 研修医

ドリス (Lorena Diaz) 看護師
ベス (Mia Park) オペ看護師
ディーナ (Amanda Marcheschi) 看護師
レア (Tonray Ho) 看護師・アジア系
モニーク・ローソン (Casey Tutton) 研修ナース
ナイマ (Naima Hebrail Kidjo) 救命士
カーラ (Anu Bhatt) EEG Tech / 脳波計測

ショーン・アダムス (William R. Moses) パイロット、気絶
ヴィヴィアン・アダムス (Lia D. Mortensen) ショーンの妻
ミッチ・ジェイコブズ (Jason Gerhardt) ブランドンの父
ブランドン・ジェイコブズ (Joey Cipriano) 13歳、縮窄症
Dr.ベラ・ローワン (Jean Moran) 元ウィルやシャロンの恩師
ライアン・シャーウッド (Matt Thinnes) 施設の責任者
(Nick Henderson) 22歳、銃創患者

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336