[N] ライザのサバヨミ大作戦! Younger S1 第1話 15年も経てば茂みも生える

リンク広告 テスト




第1話 Pilot

原作/Pamela Redmond Satran
監督/Darren Star
脚本/Darren Star

【Story】

ライザ・ミラー (Sutton Foster)、40歳。
この日は結婚前に働いていた出版業界に入社しようと
して面接を受ける。面接官はジュリー・バーク
(Halley Feiffer)とエレン・チャン (Olivia Oguma)。
ライザはアピールする為に過去出版社に3年勤めてマーケ
ティング部のアシスタントから初めてJr.エディタに
なったという。最年少Jr.エディタの一人だった事を
語り25歳だという。エレンは現在の私が25歳だとする
中、ライザは彼女に7歳にしか見えないから大丈夫よ
と語る。「その後(15年間)の仕事は?」と問われ、
育児に専念していたこと。娘は高校3年生でインドに
留学中。暫くは仕事から離れていたという。
しかし15年前よりも遙かに見聞は広がり有能になった
こと。そして1日24時間・週7日・・辞めた時と同じレベル
で働けると語る。しかしジュリーからは長いブランク
があり時代が違うと言われる。Facebook、Twitter、
iphone、ipad、ebook、youtube、insta、snapchat、
skype、matching app、Pinterest、etc…
エレンとジュリーはmatching appとdate appかで意見
が割れる。ジュリーはアリスがdate appで出会った男
にオッパイの写真を見せられて友達のだと言われたが
一目で自分のものだったらしいという。エレンはおっぱい
だけで分かったのか?と驚く。
ライザは読書は得意でアシスタントでも・・と語るが
エレンはアシスタントは変だとし、それは新人がなる
もの。あなたはあまりに”オバ・・(さん)”だと語りそう
になる所、ジュリーはオーバースペックだと語る。

●売り家 / ライザの自宅 / ニュージャージー州

モリスタウンのメアリー・ベス・ベル (Geneva Carr)
が内見の人のためにライザの家を案内する。
ここに住んでいた夫婦は12年住んでいたこと。でも旦那
がアトランティックシティのカジノのディーラーとデキ
て出て行ってしまったという。家は妻のライザに残った
が夫・デビッドがギャンブルで作った借金の抵当に入れ
ていたという。トム(Tim Bohn)は暖炉の上の薄型テレビ
が良いとし、リン(Nadia Quinn)は一目見て、まさに一人
暮らしで猫を飼っていて最後は孤独死する女性の家という
感じだという。彼女はもうここでは過ごせないとし、
家は来週までに売らねば銀行に差し押さえになるのだと
いう。
するとそれを密かに聞いていたライザが出てきて、何か
飲み物でも出しましょうか?とし、コーヒー、紅茶、
青酸カリなどがあると語る。

ライザは娘のケイトリン(Tessa Albertson)に電話する。
しかし娘は折角の異文化に浸っているので毎日電話して
こないでと語る。ライザは毎日ではないとし時差のせいで
そう思えるだけだという。家を売ることにしたから
早く”ボンベイ”から帰ってきてという母に、ボンベイでは
なく”ムンバイ”だと語る。片付けを手伝わせたいだけで
しょという娘に寂しいのだと語る。しかし娘は今はパパ
が出て行って傷つき、自信がなくなっているだけで、
元々ママは出来る人だしイケてる仕事もしていたので
また働くべきことを語る。

●BAR / Shocks & Struts

ライザは親友のマギー(Debi Mazar)と共に飲みながら
愚痴る。

「何で年と経験を重ねる程求められなくなっていくのか」
そんなライザの愚痴に、マギーはまた夫婦関係のこと
かと問い返す。ライザは仕事のことだとし、10以上の
企業と面接をしたが何処へ行っても優越感に浸る若い子
に自分の年を思い知らされるだけだという。ある日
目覚めたら結婚は大間違いと気づかされお婆さんになっ
た気分だという。マギーは正しい判断をしてきている
という。自分を曲げずにアートもレズビアンも続けて
来たし、何よりも早くからブルックリンに目をつけた
という。
マギーがトイレに行く間バーテンダーのタイラーに注文
しようとしていたライザの元にジョシュ(Nico Tortorella)
というタトゥーアーティストが声をかけてくる。

【Impression】

NHKBSの海外ドラマ枠で始まったドラマ。
「シカゴ・メッド」が終わったので何が始まるのかな
と思って居たら、都会に生きるアラフォー女性の現代的
な処世術という感じの内容だった。

このドラマのCreatorは「Beverly Hills, 90210」
「Sex and the City」のDarren Starさんだ。
このドラマの原語名は「Younger」で、2015年から
始まったドラマはシーズン6まで放送している。
NHKのホームページを見ると50分枠で全18話となっている
が、このドラマのシーズン辺りの話数は全12話。
1話辺り23分だということを考えると、NHKでは週に2話
ずつ放送してシーズン3まで放送することを決めている
様だ。

さてドラマの舞台は、ニューヨークの出版社。
40歳の女性は家庭に落ち着いていたものの夫のデビッド
がカジノで全ての金をすったので家を失い、路頭に迷い
そうな状況だ。
娘は高校生でインドに留学していて大学の進学資金さえも
使い込んでしまっている。

ニュージャージー州からニューヨーク州に出てくる所は
「Sex and the City」のキャリーの設定と同じだし、
ニューヨークというと私は金融業などをイメージするが
ドラマのニューヨークは殺人事件か出版、アパレル業の
印象が強い。

日本のコメディアンの綾小路きみまろさんも
よくネタにしている「あれから40年・・」。

このドラマでは新入社して家庭に落ち着いたという事
で、社会から隔絶されて15年が経過している。
わずか15年にも感じるが、流行に敏感な都心の業界に
とっては万死に値するくらいのジェネレーションの
ギャップがあるのだろう。

1話目は年齢を偽り就職しつつ、何とかジェネレーション
のギャップを埋めようとしている彼女の奮闘記が描かれ
ている。これはこの先もずっと続くもので、「年齢」と
いうものが意味することが一体何なのかということを
追求していくものなのだろう。

ジェネレーションの壁というのは、ある意味立ち入り
ずらいところが有るのも事実。一種の潜入捜査の如く
40歳が25歳の自分を演じて再び人生を謳歌出来るのか
という感じの流れとして描かれる。

ジョシュという26歳の彼氏が出来たことも自分を偽ら
なければならない要因となるが、若い人とつきあうと
その人も若くなるとは言われるよね。

【Work / Mission】

今回上司ダイアナ・トラウトからジェーン・オースティン
の「高慢と偏見」の電子書籍を出すため宣伝の為に
ジェーンとしてTwitterでつぶやくよう告げる。
既に登録の仕方から知らなかった彼女。

再販のアイデアとしてtwitterで故オースティンのアカで
宣伝していたがまだ足りない。そこで大物作家に前書き
を書いてもらうことを提案する。ダイアナはそれを否定
していたが、結局利用されていた。

「J.K ローリング」や「ステファニー・メイヤー」から
前書きをもらおうと。

【be interested in..】

偽る為に必要なのはコミュニティツールの一つIT技術
を身につけることだ。
笑えるのは当初彼女のメールアドレスは
「liza.miller17@aol..」だった。これを「@gmail」に
変えるところから始める。また運転免許証を偽造したり
するところは如何にもアメリカンネタ。日本でやれば
相当ヤバイ。

今回はライザが言った言葉が気になるよね。

「何で年と経験を重ねる程、求められなくなっていくのか」

また今回サッドというケルシーの彼氏と飲むことになる。
2008年ダートマス大の卒業と設定したライザに対して
クレイグ・ファウラーを知っているよね?として共通の
知り合いが居るはずことを語る。まるで「スーツ / SUITS」
のマイク状態だ。

・助けてくれる仲間たち

・Kelsey Petersは会社の同僚だ。大抵同世代が就職
すれば牽制されて追い出そうとするのに彼女は協力的
である。Taylor Swiftによると「他の女性を助けない
女は地獄に落ちる」(ヴァニティ・フェア誌のインタビュー時
のテイラーの発言より)

またダイアナの情報を教えてもらう際に、彼女は今
43歳でバツイチ。私たちみたいな卵巣もフレッシュ
で顔も自然な張りでピチピチの女性が来るとボロボロに
しようとしている。

ケルシーの弱点は男性関係だ。サッドと一緒に食事を
した際に彼はヘッジファンド業界にいる人物だという
ことで彼女の事もライザの事も下に見ていて高慢さが
ある感じでその彼には頭があがらない。同性には強い
女性なんだけどね。

・Maggie
彼女は同性愛者のアーティスト。若返りの変身の時に
は力になってくれるし、愚痴の相手になってもらえる。
「Sex and the City」の頃から、NewYorkを楽しむ為の
マストアイテム的条件の一つとして同性愛者の友達が
いることが条件に上がったことがあったよね。

・若返る為に・・

上述したことにも関連があるが、色々と若い人が如何
にも好みそうなことを自分の価値観や知識にたたき込む。

「刺激を受けるのは?」・・カットニス・エバディーン
「お気に入りのバンド」・・ワンダイレクション
「好きなメンバー」・・ハリー

ジョシュと出会った頃、タトゥーアーティストの彼は
「レナ・ダナムのお尻の内側にタトゥーを入れた」
と語るがそれって誰?と思わず語る。

タトゥーアーティストだと聞いて「サロン」という言葉
を使うが「スタジオ」「ラウンジ」という言葉に変化
している。

・クラブ・マガ / Krav Maga

海外ドラマを見ていると時々モサドの工作員やアメリカ
の軍や警察官がそれを習得している。
いわゆる近接格闘術。今では護身術やエクササイズと
して利用されることが多い。

・脱毛

ケルシーからローレンという女性を紹介される。
彼女の友達で、年齢を偽っているライザとは同世代と
いうことになる。
クラブ・マガの後にシャワーを浴びる際に、ライザ
だけは下の毛を剃らずに居た。アジア系の人たちは
基本的に女性は剃らないけど欧米の人は剃ることが
多い。ローレンはヘクター&ドーフの広報担当。ライザ
の茂みに対して写真を撮っても良いかとしてインスピ
を求めていることを告げる。

「茂みの名はウィスコンシン」

ジョシュとのデートに臆するライザに対してケルシー
からは気がついたときには40歳になって郊外の家で
一晩中テレビの前に座る夫と暮らして自分は特別な場所
にシャワーを当てることになる。

「茂みの水やりね」

・REAL!

・主人公演じるSutton Fosterさんは1975/3/18の44歳。
ドラマは5年前の事なので実際に40歳くらいだった。
・恋人役のNico Tortorellaは1988/7/30の31歳。
ドラマは5年前に始まっているので常に-5歳程度を想定
して欲しい。
・同僚のHilary Duffさんは俳優よりもアーティストの
イメージが強い。1987/9/28の32歳。

【Used songs】

・Get Some by Lykke Li
・Hung Up by Cut One, Clark Nikolas
・Birth In Reverse by St. Vincent
・Man Like That by Gin Wigmore
・Azz & Tittiez by Hypnotize Camp Posse
・Low Road by Grace Potter & The Nocturnals
・Feelin’ Alright by Rare Earth

【Cast】

ライザ・ミラー (Sutton Foster) 40歳・エンピリカル出版・ダイアナのアシ
マギー・アマト (Debi Mazar) 40歳、ライザの親友、ルームメイト
ダイアナ・トラウト (Miriam Shor) 43歳、エンピリカル出版のマーケティング責任者
ジョシュ (Nico Tortorella) 26歳、タトゥーアーティスト
ケルシー・ピーターズ (Hilary Duff) 26歳、エンピリカル出版のエディター
ローレン・ヘラー (Molly Bernard) 25歳、ヘクター・アンド・ドーフの広報担当
ジュリー・バーク (Halley Feiffer) 出版社スタッフ
ケイトリン・ミラー (Tessa Albertson) ライザの娘。高校3年生でインドに留学中

サッド・ステッドマン (Dan Amboyer) ケルシーの彼、ヘッドファンド
トム (Tim Bohn) 家を内見
メアリー・ベス・ベル (Geneva Carr) 不動産業者
エレン・チャン (Olivia Oguma) 25歳、ジュニアエディター
リン (Nadia Quinn) 家を内見

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336