[F] 超能力ファミリー サンダーマン The Thundermans 第19話(20) ボーイVS.ガール Up Up and Vacay

リンク広告 テスト




第19話(20) ボーイVS.ガール Up Up and Vacay

脚本/Anthony Q. Farrell 監督/Trevor Kirschner
——————————————————–
ハンクは廃材を使って巨大ジェンガゲームを作る。
このゲームは集中力が必要だから静かにするんだぞと子供たち
にも語る中、突然フィービーとマックスが帰宅する。
その瞬間思わずジェシガを落としてしまう。ビリーはフィービー
たちに静からしないとダメだと語る。
フィービーとマックスは帰宅早々、いつも家族旅行に行きたが
っていただろう事を告げ、メトロバーグに居た頃にはスーパー
ヒーローとしての仕事に忙しく、金も無かったので旅行に行け
なかったが、もうスーパーヒーローは引退したのだから、家族
みんなで旅行に行かないかという。良い思い出作りになると
いうが、ハンクは職がないので金がないという。実は無料で
いけるのだというと、ビリーとノーラはデカイ鳥にでも乗って
いくのか?と興味津々し。
学校の寄付金集めのイベントで色んな競技があり、「家族で
挑戦ファミリンピック」に優勝すれば世界中何処にでも行ける
のだというマックス。スーパーヒーローなんだから優勝なんて
余裕だという。スーパーパワーを使うなんてズルはダメだと
いうフィービーだが、マックスは負けそうにならない限りは
使わないと約束。やろうよ!と持ちかけるとハンクもテンション
があがり”やるぞ、サンダーマン!”と家族で盛り上がる。
しかしそんな時、ジェンガの木片は実は天井から盗ったもので
有り、突然崩れて落ちてくる。

みんなでランニングに行く。
ビリーは重石をつけて走る。こんなに遅く走ったのは初めてだ
というと、ビリーによく我慢したと語る。普通の人はみんなに
ゆっくり走れるようにしないと、その為にヒドゥンビルに来た
んだという。普通になるためだとし、辛くてもガンバレと声を掛
ける。
マックスはそんな辛さも外国のビーチでたっぷり日焼けすれば
癒せるという。フィービーはビーチよりもヨーロッパの城巡り
がしたいという。バーブもそれに賛同すると、お姫様ごっこ
なんてくだらないというハンク。フィービーはビーチなんてクラゲ
が出るし何処が良いのかというと、ノーラもまたクラゲは反対!
ふわふわしてゆらゆらして、その上刺すので嫌いだという。バーブ
もビーチよりも城が良いとして古城を見ればわくわくするという。
ハンクは王様の幽霊でも出れば確かにわくわくするとして、
男性陣と女性陣で意見が割れていく。多数決で決めようとし、
「太陽燦々南の島」vs「ヨーロッパのファンタジーの城」対決に
なる。ビリーが決めかねているのを知りかび臭い城に二週間も
居たいのか?と問うと、ビリーは能力を使って城を見てくる。
確かに城は退屈だとして、男性陣に票を入れると3対3で引き分ける。
どうするか?とすると、マックスは勝敗を決する方法はいくらでも
あるという。ハンクは爆弾や野生生物を使わない方法だぞという
と、マックスは自分が発明した「ザ・サンダーボール」がある
ので対決しようという。このボールにはタイマーが設置してあり、
タイマーが鳴った時にボールを手にしている方が勝ちだという。
ビリーはノーラに騙されてネコのコスプレをしてくる中、いよいよ
勝負は始まる。そこではスーパーパワーを使って奪い合う壮絶な
戦いが有った。
——————————————————–

いよいよシーズン1の最終話。
サンダーマン家は今まであまり家族旅行をしたことが無かったが
学校でのチャリティイベントの一環で、大会に参加して優勝
すれば無料で海外に旅行に行けるとして参加するよう告げる。
みんな家族旅行に行けるとして盛り上がるが、男性は南国のビーチに
行きたいと告げ、女性は欧州の城に行きたいと考えて対立する
ことになる。

ドラマを見たのが木曜日なので、またしても少し遅れて感想を
書いたので内容を忘れているので、その辺は記憶が間違っていたら
済みません。

そういえば投票とかなっていたけど、結果はどうだったんだろうか?
シーズン2も秋には放送してくれるそうだ。

チャリティーの人集めの為のイベントなのかも知れないけど、
家族に世界旅行を与えたら、それだけでチャリティーの収益金は
全て吹き飛ぶ気がする(笑)
アメリカってこういうチャリティの目玉が有るけど、まぁスポンサー
がいるんだろうけどね。

男性対女性の構図というのは面白いものが有ったかな。

最初はサンダーマン一家として纏まるのかと思ったけど、男性は
ビーチ、女性は古城など、なんとなく分かれ方も性格を表して
いる感じ。私は個人的に城の方が好き。ビーチなんていつでも
いけるじゃんかって感じだし。

2段階の戦いが有った。
1段階目は、家族の中でどちらの場所に行くのかを決める戦い。
ボールが爆発するまでに誰がそのボールを持っているのかって
ゲームは日本では有るけど、日本の場合、ボールをその時持っていた
ものが負けだよね。アメリカの場合、ボールを持っていたものが
勝ちだということで、争奪選が行われる。流石にタックルとかして
激しいアメフトばりの肉弾戦的、展開にはならなかったけど、
パワーを使って色々とボールを回し合う姿は面白かった。
勝つためには何でもやるということで、フィービーが怪我したよう
に装い、「パパ娘ラブ」を利用して、ボールを勝ち取った。

2段階目の戦いは学校では「挑戦ファミリンピック」。
もう家族で話合い・勝負の結果決まったことなのではないかと
思ったけど、男性陣は納得がいかないらしい。

男性陣がサンダーマンチーム、女性陣は補欠マンチームとして登録
して置いたという。ダメダメビーだとしてフィービーのことを
語るけど、昨日見た「グッドラック・チャーリー」の90話でも
PJのことをピーピーと呼ぶシェフの姿が有ったな。

全部で15種目有るとしていたけど、主に取り上げられたのは
以下の種目だった。
「スモウバトル」「もぐもぐバトル」「ノックアウトボール」
「オブスタコン」という競技で戦っていた。

もぐもぐバトルでは、バーブvsハンク。虫を食べていたけど、
これってチョコで出来たものなんでしょ?本当に虫を食べていた
のかな。バーブの歯の間にバッタの足がついていたというのが
笑える。

二日目の決勝戦では、男性は女性陣を勝たせようとして行動し、
女性陣は男性に華を持たせようとして行動を起こす。大抵は
譲り合っているウチに第三勢力(ここではポッポビーファミリー)
によって勝利を譲ってしまう格好になるけれど、最後のスローモー
ションでのゴールシーンに於いて、ノーラのリボンが先にゴール
したことで、サンダーマンチームが優勝することになった。

バーブってなんだかんだ言ってハンクを大好きな様だ。
マッチョハンクが居ないとダメだとか言って子供たちが「嫌ーな顔」
するってシーンはシットコムではよく見られる。大抵ベタベタする
両親のことを見たくないとして邪険に扱うんだけどね。

フィービー・サンダーマン (Kira Kosarin) 優等生の14歳、炎と氷の息、念力
マックス・サンダーマン (Jack Griffo) フィービーとは双子、炎と氷の息、念力
ノーラ・サンダーマン (Addison Riecke) 8歳。おませで毒舌、目からビーム
ビリー・サンダーマン (Diego Velazquez) 10歳、瞬間移動
ハンク・サンダーマン (Chris Tallman) 頼れるパパ、怪力、空を飛ぶ
バーブ・サンダーマン (Rosa Blasi) しっかり者のママ、光を操る
チェリー (Audrey Whitby) フィービーの親友
Dr.コロッソ (Dana Snyder) しゃべるウサギ、かつてパパが退治した超悪人

— (Thomas F. Evans) アイリッシュ / 旅行先の人
ポール・ピーターソン (Marcus Folmar) ポッポビーファミリーの父
ポリー・ピーターソン(Johari Johnson) ポッポビーファミリーの母
ブラッドフォード (Jeff Meacham) 校長
ビーティ・ピーターソン () 息子、喘息

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336