ドクター・ハウス Dr.HOUSE シーズン8 第13話 チームリーダー Man of the House

リンク広告 テスト




第13話 チームリーダー Man of the House

脚本/Liz Friedman、Sara Hess
監督/Colin Bucksey
——————————————————–
ジョー・リースは結婚救済セミナーで持論を展開する。
フィルとダイアンのことを引き合いに出し、フィルは仕事が
なかなか見つからず、妻・ダイアンはフィルに不安や失望を
打ち明けて欲しいこと。しかしフィルは苦境を乗り越えられる
のを信じて欲しいこと。世の中の男性はフィルと同じで、世の
女性はそんな男性に不満だろうという。男は強くなるように育て
られるのだとし、感情的ではなく弱さは見せるなと聞かされ
育つのだという。その結果は恐竜だと。今の時代男性は狩りに
出る必要も無いし家を建てる為に木を切り倒す必要もない。
必要なのは進化すること。時代に追いつくことだという。
60年代以降、女性の役割が変わったとして、講演していると
突然ジョーは体調が悪化。水を飲んで落ち着こうとするが、
途中で倒れてしまう。すぐに妻のマーリーンは駆け寄ると、
救急車を呼ぶよう求める。

診断チームのコンサル。
アダムスはチェイスに対して足がよくなったことを指摘する。
そんな会話を邪魔するようにしてハウスは38歳の男性がセミナー
の公演中に高熱で倒れた事を語る。ERで血液量、心機能、
自立反射も調べたが全て正常だった。チェイスは患者はセミナー
で男に女のように振る舞えと教えていることを考えれば精神症状
を入れるのがハウス先生ではないのかと問う。脳動静脈危険な
のか?というチェイスにパクは頭部CTでの所見はないという。
患者の哲学は至極真っ当だという。唯一の欠陥はあり得ないと
いうことだという。進化はそういう風に作用しないというハウス。
魚にいきなり脚が生えるか?もし男が絶滅するなら酒飲んでマッ
スルカーに乗って絶滅するというハウス。その主張をした後
ハウスはチェイスとタウブに同意を求めるようなグーで合図
をする。
チェイスは脳血管の線維筋性異形性なのかと問うと、パクはそれ
だと熱が説明出来ないという。妥協は無理なら関係を築くのは
不可能だという。アダムスは患者は受けを狙っているだけで、女性
は自己啓発産業の顧客だと語る。タウブは肺塞栓症ではないか
とし、肺の血栓で右心室の負担が増えて脳への血流が低下したのだと
いう。肺血管造影をしましょうと。患者に肺塞栓症の危険因子は
ないというアダムス。しかしDダイマーを調べようと語る。
ハウスは良いだろうと告げると、この中からNO.2を探すことにすると
いう。つまりチームリーダーを決めること。フォアマンが前に
やっていた仕事だという。どうしてそんな事を知るのかという
チェイスに対して、チームに秩序は必要ないのかと問い返すハウス。
誰かが患者に刺された訳でもないしなと皮肉る中、突然ハウスの
オフィスに女性がやってくる。
「ウクライナの山の神だ」。誰なのか?とみんな問うとハウスの
奥さんのドミニカだと語る。

ドミニカはハウスに刑務所からよく出られたのねと語ると、
そっちこそよくアトランティックシティから出られたなと語る。
ドミニカは郷土料理の屋台を始める事を告げ、ギャンブルで遊んだ後
クニッシュが食べたくなるでしょと。移民局から届いた書類は
全部捨ててしまったぞと語ると、ドミニカは4日後に移民局の人
からの色々と質問が有るのだと語る。結婚生活や休暇や家族の
ことを聞かれるとのこと。ハウスは休暇なんてとった事がない
し、君の家族のことは好きではないと語る。ベッドは俺が上だ
ったとし、帰国したとしてもキエフは今良い季節じゃないのか?
と語る。母さんは死んでるかも知れないが逢いたいハズだと。
ハウスは契約結婚だった為に帰国することを促すが、ドミニカは
天才医師なのに政府の役人を怖がっているのかと問う。あなたが
拒めない提案をするという。

タウブはジョーに問診する。
セミナーを始めたのは2、3年前からで、それまでは企業を対象
としていたこと。意見を変えた理由は何かというアダムス。
それを聞いた妻・マーリーンは夫は日和見主義ではないとし、
金の為に意見を変えた訳では無い事を語る。しかし男が女性の
わうに振る舞えといえばそれは変だとすると、ジョーは三人の男
にスポーツバーでボコボコにされて変わったという。その時
手首の骨折をしたとのこと。その三人が気が付かせてくれたとし、
たかがアメフトのことで争いになることの愚かさを知ったという。
そこでマーリーンと出会い、私のキャリアと食事を変えてくれた
とのことだった。彼女は人生の道筋を示してくれたのだという。
食事はいつどう変えたのか?というタウブ。

ハウスはウィルソンのオフィスにいくと、アパートの鍵を返せと
語る。ウィルソンは僕と別れたいのならば理由を言ってくれと
語る。小言は言うのにやらせないだろというと、僕は結婚
している男とは寝ないという。合い鍵を作るのだというと、ウィルソン
は君は元犯罪者で移民局に偽証がバレたら刑務所に戻されるぞと
語る。君たちは互いによく知らないし、本物の夫婦に見せる為には
時間がないと語る。ドミニカにはビザがもらえるが君に利益は
有るのか?と。相手は愛しているってフリをしているだけだとする
が、ハウスは面接をパスしたら3万ドルをくれるっていうし、
相当屋台が儲かっているんだろうと語る。

そこにタウブがやってくると、Dダイマーは正常で、肺塞栓症は
除外出来るという。患者は男らしさは必要ないと本気で信じている
というアダムス。3年前に目覚めたこと。グルテンと赤肉を辞めた
こと。症状は説明出来ないが・・と。ハウスは基本本能に逆らって
いることを指摘。遺伝子に逆らっているということだと。
反論する部下たちにくだらないことを言っているとリーダーには
立候補させないというハウス。誰もリーダーには立候補しないと
するが、週50ドルの昇給させるといってもリーダーに立候補しな
いのかとみんなに語る。パクはそれを聞いて立候補すると語る。
チェイスはパクに辞めた方が良いとし、自分のプライドを保ち
たいのであれば・・と。パクにも夢が有るんだろうと。

患者の目覚めが訪れる前に肉体的変化は有ったのかと問うハウス。
大怪我をしたとか・・。
ハウスはチェイスとアダムに検査するので来いと告げ、パク
とタウブには合い鍵を作ってこいと命じる。

ハウスはジョーの元に行くとタマを蹴られたのかと問う。
会話している最中にペンをわざと落とすハウスはアダムスにそれを
拾わせる。意図的にジョーを刺激するようアダムスを使っていた。
また再度は物を落とすとチェイスに物を拾わせる。男性か女性
に興味を持っているのか確かめる為のテストだった。
女性が更年期障害で顔がほてるのとあんたも同じだという。
どっちの魅力的なケツにも見向きもしないと語る。
話を聞いても視線は自由に動くもので、あんたのテストステロンは
ジャスティン・ビーバー並みだという。血液検査で確かめて
ホルモン補充をしろという。3年前に女になったようなものだと
語る。
タウブはテストステロンが低かったのでホルモン補充で最初は大量
補充するが今後は減らしても良いと語る。それを聞くとマーリーン
は性欲が強くなったりするのかと問う。マーリーンによると
いつも誘うのは私の方だという。私にそそられないかと思った
とするとジョーはそれを否定する。タウブは注射で性欲は高まる
ことを語る。しかしそんな中、ジョーは何か異変だとして小便を
もらしたみたいになっているという。それを聞いて退院は延期だ
と語る。
——————————————————–

カッディと別れたハウスは衝動的行動によってS7-17 「セカンド
チャンス」でドミニカ・ペトロヴァと結婚式を挙げる。
しかしそれは互いにとって都合の良い関係であり、彼女は
ウクライナから来てアメリカ市民権・永住権を得たい為にハウスと
偽装結婚した格好で、ハウスとしてもカッディに見せつけたり、
身の回りの世話をしてもらったりと都合の良い存在だとして契約した
格好だった。忘れた頃にドミニカはハウスの元を尋ねてくる。
アトランティックシティで仕事をしていたが、今度移民局が
本当に結婚生活をしているのかどうかの調査に来るというもの。
急場凌ぎで取り繕えるものではないということで、ウィルソンは
正直に話して、彼女に帰国させれば良いとするが、ハウスは彼女
の為に色々と二人の結婚生活のすりあわせを行っていく。
そんな中ハウスでは患者を見ていく中、チーム内にもNO.2となる
人物が必要だということで、リーダーを決めていくと語る。
週50ドルの昇給をするということで、奨学金の返済や自宅のローン
返済のあるパクは真っ先にハウスの提案に立候補していくことに
なる。

男女の性格性の違いというのを描いたエピソード。
男は男らしく、女は女らしくというのは時代遅れの主張なのか。
それとも人間の本来持つ本能的なものなのか。
患者のジョーが2、3年前から突如、男性の持つ攻撃的性格から
突然女性的融和策を唱える人物に変わったことで、それが病気に
よるものなのかどうかを探っていくことになる。

ファッション界ではジェンダーレスなんて言葉が聞かれるし、
社会ではジェンダーフリーなどの概念や意識などを求める声は
もう随分と形を変えて伝えられてきている。
日本はその概念が遅れていて、女性の社会進出が遅れていて
女性が生きづらい世界だという人も居れば、寧ろ今の女性は
家庭に収まることで、社会との繋がりこそ消えて不安になる事情
は有るにせよ、300円くらいの牛丼ランチを食べているサラリーマン
に比べて、寧ろ女性は優雅な生活をしているのではないかとの
論も大きい。
今の時代、ジェンダー的に不利なのは女性なのだけど、年齢に
よって変わってくるもので、高齢者になっていくウチに男性が
逆に地元地域社会との繋がりがない為に女性は外に出ていく傾向に
あるのに対して男性は室内に留まってしまうということが有り、
色々と良い面と悪い面もあるようだ。

相変わら診断チームの流れは、私生活の流れと患者の流れの会話
が混在していて、選り分けていくのが面倒臭い(笑)
ハウスがチームに語りかけているのは、勿論患者の件もあるには
あるけど、今の心配はドミニカとの関係に有り、そんな事情を
コンサルの場に持ち込んで、夫婦としての生活感を演出する為に
撮影を行ったり、色々と互いのことを理解する為のテスト勉強の
ような形で会話している姿が有る。
「ようこそパクの教室へ」として、分度器を持って来たパクが
なかなかハウスがドミニカの家族の件で覚えられない家族構成に
関して、アルファベットテクニックという記憶術というのを
駆使して覚えさせようとしたり、ウィルソンがそんなハウスに
協力して、隣人役をさせたりするところが笑えるところ。
ハウスならばもっと上手く根回ししているかなと思っていたけど、
そういうところでバレてしまうところは、ちょっと抜けている
ところが有る。
アダムスからハウスに指摘していたけど、私たちのことに関しては
何でもよく覚えて居るのに、なんでドミニカのことは覚えられない
のかということが象徴しているように、人は興味のないことには
なかなか覚えられないところがあるんだろうね。

今回はハウスへのご機嫌取りというのもメインとして働いていた。
ハウスが自分の部下としてNO.2を設置するというもの。
元々はその位置にフォアマンがいたが、彼が医院長になったが為
に新たに設置することになった。
チェイスは冒頭では興味が無さそうにしていたし、タウブは最後の
最後までまるで興味がないという感じで関わりを見せていなかった
けど最終的には全員がその流れに加わっていくことになる。

ハウスがやる気を起こさせる為に、チームのメンバーが何かする
度に「何という積極性だ。それこそリーダーに必要なものだ」と
発言してチーム内での葛藤を煽るような発言をするところが笑える。

「まさかそんな見え見えのワイロには引っかからないでしょ」
というアダムスが胸が大きく開いた服を着てくることで、パクが
「見え見えの谷間にもね」と語るところが笑える。そんなパクも
またハウスの為に今回は積極的に上述した「ようこそパクの教室へ」
とばかりに永住権の件で協力している姿が有るところなど笑える
構図だった。「オッパイの得点は大きいぞ」ってハウスも笑えた。

今回の患者がジェンダーを意識するところとか、そういう精神論や
野心的視線を持ってかつて企業人にセミナーをしていたことにも
繋がるのだろうけどね。
「妥協が大事だという話をよく聞きますが、我々はセサミストリート
で生きている訳では無い。現実の世界で生きているんです。成功
しなければ負け犬だ」とし、そんな過去の映像を見た妻が、自分の
知らない夫の姿を見たとばかりに、この頃に知り逢っていたら
付き合っていないというように、どの価値感がその人に取って
生きていく上で重要なのかというところに触れている。
この辺の流れはハウス先生の価値感を刺激していくことになるんだ
ろうけどね。

最後は移民局のワインマンにウソがバレてしまうが、ドミニカは
「ウソの関係ですが本当に思えた。無理な良いのでこの人を許して。
愛してるんです。」そんな言葉にハウスも揺れてしまったけど、
追い詰められた人の演技力なのか、その後「あなたを好きになるなん
て程バカじゃない」としていた辺りの流れが切ない感じだったね。

タウブ先生が消極的姿に臆病だとされていたり、患者が治療を受けて
また前のように攻撃的姿勢を持っていく中でも、今の自分が
結婚もキャリアを偽った上で成り立っていることを告げ、
例え鬱と不眠症、骨粗鬆症などのリスクが有ったとしても、より
良い人間でいたいとして、妻の為に行動を起こすことになるなど、
病気になってみて価値感が変わるって人は多いんだよなと改めて
感じさせる。

「出世レースがチームに秩序をもたらした。」
「お前が一番賢い。関わらなければ負けないからだ」

そんなタウブが最後に参戦する決断を見せるところなど、患者との
接触によって医師の意識も変わっていくのだから何とも言えないね。

それ以外に・・
途中でドミニカからタウブに対して、「小さい人だ」とか。
ハウスにタウブがリーダー争いなんて止めましょうと語った際には
「口を動かさずによくそれだけセリフを言えるな」とからかわれた
り、リーダー争いに於いてパクがマイノリティ優遇してもらおうとか、
チェイスがシンプソン医師から撮影機を奪い取ってくるとか
色々と工作が有ったところが面白かったね。

■今回の患者

・ジョー

ジョー役を演じるJake Weberは、なんといっても「ミディアム」
でのアリソンの優しい旦那様ジョー役の彼。私的には
「アメリカン・ゴシック」が放送していた時にサイトを開いて
取り上げていたのでマット役の方が印象にあるかな。

ジョーは38歳の男性。

元々は公演中に高熱で倒れて運ばれた患者。
講演の内容から精神疾患も症状に入れるべきなのかどうか。

色々と意見が出たけどタウブが肺塞栓症の疑いを告げ、血流の
低下から起きたものではないかという見解が採用された。

タウブは問診する際に、被害者が3年前にスポーツバーでケンカ
して骨折。それ以降意識の変化が起きたことを聞かされる。
検査の為にDダイマーを調べていた結果、肺塞栓症は除外。

タマを蹴られたことが原因なのではないか。
ハウスは遺伝子に逆らう行動を取るのは変だとして、アダムス
とチェイスの尻を利用して、患者の態度を見学。
その結果更年期障害のような形でテストステロンの低さを指摘。
ホルモン補充で治るだろうとのこと。

しかし膀胱がおかしいことが分かる。
多発性硬化症なのか。睾丸を蹴られたことで悪化したのではないか。
腰椎穿刺と脳脊髄MRIで確定しようとする。髄液にタンパク質が
有れば多発性硬化症だと。

少しずつ患者の中ではパワーがみなぎっているということを口に
し始める。

検査中に目が二重に見えるようになり多発性硬化症は除外になる。
複視を起こす原因は何か。
脳腫瘍、甲状腺眼症、バセドー病etx..。

重症筋無力症ではないかとし、外眼筋が弱って複視が起きて、弛緩
膀胱が失禁を起こしたこと。ハウスは免疫グロブリン投与と
血漿交換を指示。

しかし今度は眼が黄疸になっていることが判明。
肝臓がやられていることが分かる。肝酵素の数値以上。
タウブはやはり重症筋無力症ではないかとして主張を貫く。
セリアック病なのか、ライム病なのか・・・
ハウスは取りあえず抗生物質の投与だという。

そんな中治療はまるで回復せず。
食事が変わって悪化したのではないかという。入院中グルテンとか
ハンバーガーを摂取していたこと。腸生検すれば確認出来る
とするアダムスに対してチェイスは生検すれば血小板数が少ない
ので死ぬ恐れがあることを指摘。取りあえずハウスは抗生物質で
様子見だという。
しかしみんな様子見で臆病になる中、攻撃的検査をしたのは
アダムスだった。生検をしたことで、扁平絨毛が見つかったとして
セリアック病だという。しかし呼吸困難を起こした為にセリアック
病は否定される。
肺機能は60%、肝不全を起こしかけていること。ホイップル症
なのか。腸管リンパ腫なのか。寄生虫によるふん線虫ではないか。
治療薬はイベルメクチンだが肝障害があるので痙攣発作を起こす
という。それでもハウスは投与を命じる。

昔のVTRを見てハウスは患者がかすれ声であることに気が付く。
無菌性甲状腺炎だという。現れては消える病気で、
内分泌系を攻撃して分泌腺を移動していくもの。
今までコンサルの際に発言していた、セリアック病や重症筋無力症
も間違いだった訳では無く、移動しながら病変していたことが
分かる。グルテンを食べて悪化したとのこと。高容量のステロイド
の投与で治るという。

■その他

■使用された曲

・Every Heartbeat by Amy Grant

グレゴリー・ハウス (Hugh Laurie) 偏屈な医者
エリック・フォアマン (Omar Epps) 黒人、S8から医院長
ジェームズ・ウィルソン (Robert Sean Leonard) 腫瘍科、ハウスの親友
ロバート・チェイス (Jesse Spencer) 外科医、離婚
クリス・タウブ (Peter Jacobson) 元整形外科医、離婚歴、浮気
チ・パク (Charlyne Yi) 脳外科医、ボスを殴る
ジェシカ・アダムス (Odette Annable) ジョンズホプキンスで研修した医師
— (Bobbin Bergstrom) Nurse

ジョー・リース (Jake Weber) 自己啓発
マーリーン・リース (Rena Sofer) ジョーの妻
ドミニカ・ハウス (Karolina Wydra) ハウスの妻
ネイト・ワインマン (Jose Zuniga) 移民局
カルヴィン・エアーズ (John Gloria) ハウスの弁護士
ヘイスティングス (Duane R. Shepard Sr.) ウィルソンの家の隣人
— (Mykee Selkin) Staff Member
ダイアン (Denny Siegel) セミナー参加者
フィル (Joseph Falasca) セミナー参加者
— (Janice Estrada) Session Wife

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336