ザ・ラストシップ The LAST SHIP 第4話 命の水 We’ll Get There

リンク広告 テスト




第4話 命の水 We’ll Get There

脚本/Quinton Peeples
監督/Jack Bender

【前回までのあらすじ】

キューバのグアンタナモ基地で補給していたトム艦長率いる
アメリカ艦隊ネイサン・ジェームズ号。ところがそこにロシア
のルスコフ海軍中将/提督が現れて脅迫してくる。原始株と
スコット博士とこれまでの検査データを渡せと要求し、拒めば
原爆・キノコ雲が揚がることになるという。更にクインシー
が妻子を人質にされてルスコフ提督の内通者となっていること
が分かるが、彼がレイチェルを連れ去ろうとしていることを
逆手に取って脱出作戦を決行。爆弾を積んだボートで体当たり
をして混乱に乗じて水路から外洋へと逃げる。クインシーと
彼の妻・ケリー、ルスコフ、そしてウィルス学者は今後大きな
障害となりそうな感じだった。
クインシーはトムに対してもうおしまいだと告げると、人質が
アンタの家族ならばどうしたのかと問うが彼は答えられなかっ
た。

【ストーリー】

トムは北極任務前の家族団らんの時を思い出していた。
妻・ダリアンに娘のアシュリーと息子のサム。今回の任務は
地中海ではなく北極に行くこと。武器システムに関連して、
無線は封止されるので電話も通じなくなるという。しかし6ヶ月
後にこの航海が終われば暫く嫌と言うほど一緒に居られると
してサムとアシュリーに説得する。サムは優勝した時の写真を
トムに渡すと、アシュリーは手作りのブレスレット、ダリアン
は家族の写真とDVDを渡す。

トムは無線機で救助を求める人物たちの声を漠然と聴いていた。
マイクがトムの元にやってくると、みんな休憩していることを
報告。世界がどうなっているのか気になったというトムは、
オヤジは山小屋に古いアマチュア無線機を置いていたのでダリ
アンが使うかと思ったという。今日は結婚記念日だというトム。
マイクは妻はオレのことは探していない事を告げ、出航前には
既に俺たちは終わっていたのだという。無線封止が終わった後
に息子の死を知ったこと。アイツ一人でその死を乗り越えなけ
ればいけないのだという。トムはまだ誰でもチャンスはあると
いうが・・・

甲板内ではバスケをしていた。
一方アリーシャはゲーターにコスタリカに行く事を告げる。
ワクチンのテストに霊長類が必要だとし、川を上れば猿が捕獲
出来るだろうとのこと。それよりも良いビーチがないかなと呟く。

機関室では大変なことになっていた。チャンはリンやコナーに
対して、修理リストに載っているハズなのに何故何もしなかっ
たのかと問う。機関長からも指示があるがパーツがないのだと
いう。チャンはこの音が聞こえるかと問うと、かなりまずい
状態だという。

ダニーはテックスに対して艦内を案内し食堂へと連れて行く。
こんな狭いところに5ヶ月も閉じ込められていることに尊敬する
テックス。目の前にカーラが通りかかると、テックスは美人だ
として見とれる。ダニーとしては気まずい感じでテックスに
対して規律を乱すなと語る。テックスはラボは何処なのかと問う
と学者・レイチェルに挨拶したいと語る。

レイチェルは一人でウィルスのテスト・分析をしていた。
三種のウィルス株の配列分析をする必要が有った。始原株、
エジプトで回収した株、クルーズ船で回収した株。トムに検査
をする為にはクインシーが必要だと語るが彼は戻せないという。
私一人では無理だとするが、アイツは船内にウィルスを蒔こうと
した男だという。今は瀬戸際な状態だとすると、それならば
リオスに手伝わせたらいいという。彼は衛生員として優秀だが
今必要なのは高度に訓練されたウィルス専門学者だという。
危険な真似は決してさせないという。

レイチェルはクインシーの元に行くと何とか3種の株株配列を
押さえたことを告げデータの入力も出来たことを語る。
分析して欲しいとし、ケリーと娘さんのことは気の毒だが一方で
私たちを必要といるという。クインシーは説教はウンザリだと
するとウィルスの情報の公表はすべきだと私は何度も言ってきた
のだという。私が悪いのではないというレイチェル。すると
クインシーは僕が悪いのだろうとして君に付いてきたからだと
語る。何も背負う物もない女・・家族も友人も恋人も居ないで
自分のことだけを考えていると非難すると、私だって大切な人を
失ったのだという。月に2度やってくるような体だけの男だろう
というクインシー。このクルーではみんな愛する人を失って
いるとし、悲しみに耐えて前に進んでいると語る。あなたは
卑怯者で弱虫のクズだと語る。
トムはレイチェルに対して説得には冷静さが不可欠だと語る。

そんな中ブリッジに機関室から異常事態だとして連絡が入る。
オーバーヒートして火事が起きていたのである。第二機関室
だという。
トムはチャン中尉に現状を聴くと、火の消火は出来たが海水を
取り入れる為のシステム(濾過システム)のトラブルで、フィル
ターが破損し、海水がこされないという。外洋に出た時に
珊瑚礁にぷつかりフィルターが外れたのだろうという。水が流
れないとオイルの冷却が出来ずエンジンを回せないという。
発電機は3番だけが動いている状態とのこと。CICとラボに全電力
を回すよう告げ、ラボの冷房は止められないという。

トムはこれから節水を始めるし、真水は飲用と食事だけどシャ
ワーなどに使うことは禁止だという。しかし38度を超える状況
であること。マイクは船員に不必要な活動は控えさせたいという。
そんなマイクにトムは頼みたいことがあるとして、クインシー
の説得を頼むのだった。
——————————————————–

■グアンタナモ基地脱出での傷跡

ロシアの提督の脅しから上手いこと回避した格好だけど、
狭い水路からの脱出劇だった為に、サンゴ岩礁に船底をぶつけ
てしまい機関室では、海水濾過システムが破損したことが
あげられる。どうやらフィルタ部が無くなった様で修理リスト
には載っていたが、変える為のパーツがない為に強引に航行し
ている状態で、次第に船全体を揺るがす事態に発生していく。

またウィルス専門学者の一人・クインシーが家族を人質にされ
ているとは言え裏切っていたことで、この戦艦のスタッフから
の信用を失った。しかしCDCのスタッフの二人のウチの一人と
いうことも有り、レイチェルだけでは運営出来ないことは
明らか。どのようにして彼を活用していくのか。

■窮地の時こそ本音が出る

3話のラストでもクインシーはトムに対して自分の家族が同様
のことが起きればどういう行動を起こしていたのかを問われて
いた。答えることが出来ずに居たトム。
そんな言葉を投げかけられたからか、トムの中では何度も
回想シーンに於いて家族とのシーンが描かれたし、何よりも
艦長たるや通信室に入り浸って助けを求める電波の交信の流れ
を聴いては、自分の妻子がそんな声をあげないかを聴いている
かのようだ。マイクとの会話の中で今日は結婚記念日だと語って
いるトムの姿が有った。

そして何よりもクインシーとレイチェルの間で交わされた会話。
クインシーはウィルスの情報を公開して防ぐべきだったこと
をかねてから主張していた人物で、今更のことだけど、それを
しなかったレイチェルのことを責めていた。ただレイチェルだっ
て組織の人間としては容易にそういう情報を公表できないとする
ものが有ったのだろうし、まさかここまで酷いことになるとは
思っていなかったのではないか。
クインシーからレイチェルに対して散々糞味噌言われたけど、
彼女のラップトップの壁紙には彼氏と思われる人物との写真が
掲載されていた。

■機関室が大パニック

海水濾過装置が壊れている為に、海水から水への変換作業が
出来ず、エンジンオイルの冷却が出来ない為に、タービンが
回らず発電が出来ない、飲料水も得られないなどかなり規制が
要求される。まさかここまで大変なことになるとは思わなか
ったけどね。

何と言っても気温が38度。
ウィルスの分析が終わったもののウィルスの菌株を失わない
ようにするためには摂氏5度に保つ必要が有ること。
全電力でラボに回すために、今回もまた前回に続いて管制
レーダーが使えなくなるという状況に加えて、航行する為の
エンジンも使えなくなった。

更にオーバーヒートを起こして火災が発生したり、ヒューズが
飛んで最悪な状況。

そして何と言っても機関士長をしているアンドレアが先日の
グアンタナモ基地でアルカイダの攻撃を受けてケガしている
状態なので、仕事を任されたのはチャンを中心とした部下たち
だった。こういう職人芸的なところにはアジア系の中でも
日系の人物を据えて欲しかったな。

■クインシーを脅すマイク

マイクはクインシーの元にいく中でこの暑さは8月のシカゴを
思い出すとしていたけれど、元々はシカゴで刑事の殺人課で
働いていたようだ。サウスサイドと言えばやはり凶悪犯の多い
ところなのだろう。キュールスクリュー(Keelhauling)という
言葉を知っているかとして、18世紀半ばに問題の多い船員に
船長が与えた罰で、ロープでぐるぐる牧にして減速した船から
海投げ込み船の下をくぐらせるのだという。生きて戻れば
従順な船乗りに更正するというものだという。200名の船員たち
は喜んでお前を試したいと思うハズだとして、脅していた。

「オレの信念に説得に暴力は要らない。ちょっとした人権への
配慮と相応の見返りを示せば何でも応える」という。

この辺は刑事ならではの脅しって感じ。

クインシーが何を要求するのかなと思ったら、日光を浴びる事
とチェスの相手だという。

不要な人物の処分という意味では「アンダー・ザ・ドーム」のS3
を彷彿とさせるし、チェスする相手を要求するところなどは
「Major Crimes」のラスティと精神科医・ジョーのエピソード
を感じさせる。

■目指すべき道

今回のドラマの冒頭ではコスタリカを目指そうとしていたけど、
冷却システムが壊れ、4機あるウチの3機のエンジンが壊れた為に、
残った1機を動かす為には、一時間の稼働に対して5時間の冷却が
必要だとされた。何よりも必要なのは水の問題で、1万リットル
前後の水が積まれている状態だとしていたが、大体4日程度で
飲みきってしまう量だという。セラナバンクという無人島が
近くにあり、年間降水量は2500mlにもなるとのことだけど、そこ
に到達するまでには逆算して6日から6日半はかかるという。

取りあえずそこに向かうしか無くなった。

■海上の夜

度々「ふしぎの海のナディア」を例にあげて悪いけど、潜水艦
のノーチラス号が時々海面に揚がる際に、みんなで夜空を
見上げるシーンが有ったりするんだよね。これが実にドラマ
を癒すシーンで、船員達のホッと一息つく場面なんだけど、
流石にこのドラマではなかなかそうも行かない感じだった。

しかし回想シーンに於いてトムが子供たちに空は繋がっている
的ありがちな論を語り、見上げれば同じ空を見て居ることを
語っていた。

トムが一人まったりしているところに、レイチェルがやってきて
お茶を持ってくる。お茶を持って来たとして渡していたけど、
名前もそのまんま、チャノキ(学名:Camellia sinensis)。
特別なときの為に取って置いたという彼女はウィルスの試作品か
出来た事を語る。

■冷却システムが稼働せず

最後の発電機のブレーカーがショートして、ラボの冷蔵ユニット
も機能しなくなった。摂氏5度を超えればサンプルのワクチンも
ダメになる。チャンが出したアイデアはそのワクチンを発電機を
直すまでの間に海底に沈めて置くというものだった。

■風頼み

ゲーターが観測した結果、低気圧が近づいているので発電には
風に任せようという。プロペラを動かせればラボに電源が供給
出来てその分エンジンを使うことが出来る。
ただし風が吹かなければ船員たちは亡くなるという状況もあり
トムとしてもその決断が正しいのかどうかで困惑する。

そんな中で、先任曹長のジーターが、自分は過去7度死ぬ機会
が有ったがその都度生き返らされたことを語る。
神はどうして自分を生き残されたのか理由があるハズだという。
ジーターはトムにはビジョンがあり、内なる声を聴いて
行動してきた結果、これまでの難局を乗り越えてきたことを語り
勇気づける姿が有った。
ジーターはその後船員達にモーゼのエピソードを例に挙げて
神のことを口にしていた。色んな宗教を持っているとは思う
けど、こういう時にはみんな共通する神に祈るものなのか。

■風は吹く、そして島も見つかる

風が吹いて小さなパラシュートを3つ打ち上げただけでネイサ
ン・ジェームズ号が動いてしまう辺りちょっと滑稽だったけ
し、島が見つかるという辺りもまたできすぎていたか。
でもそれまでに艦内では死傷者が多く出ていて、弱者はふるい
落とされた感じだけど、結局はどの程度の人数が生きて居る
のだろうか。
上陸することになるけど、トムだけは残っていた。
「ふしぎの海のナディア」でもネモ艦長と機関士が島に上陸
せず残っていたシーンが有ったよね。

■使用された曲

・A change is gonna come by Christina Elmore

■出演者

合衆国海軍駆逐艦ネイサン・ジェームズ・艦籍番号151

トム・チャンドラー (Eric Dane) 中佐(艦長) (CO CDR)
レイチェル・スコット (Rhona Mitra) 博士、CDC/鳥類ウイルス学者
マイク・スラッタリー (Adam Baldwin) 中佐(副長)
ジーター (Charles Parnell) 先任曹長 (CMC)
クインシー・トフェット (Sam Spruell) 博士
テックス・ノーラン (John Pyper-Ferguson) グアンタナモ・刑務官
ダニー・グリーン (Travis Van Winkle) 大尉、海軍山岳戦闘ユニッ


カーラ・フォスター (Marissa Neitling) 大尉、戦闘指揮所(CIC)
アリーシャ・グランダーソン (Christina Elmore) 大尉、通信士官
ドック・リオス (Maximiliano Hernandez) 衛生員
Lt.カールトン・バーク (Jocko Sims) 黒人
Lt.アンディ・チャン (Andy T. Tran) エンジニア、エンジンを直す
メヒア (Michael Curran-Dorsano) Gator

クルス (Ness Bautista)
アンドレア・ガーネット (Fay Masterson) 機関長
ウィル・メイソン (Chris Sheffield) Comms Officer
ダリエン・チャンドラー (Tracy Middendorf) 妻
アシュリー・チャンドラー (Grace Kaufman) トムの娘
サム・チャンドラー (Aidan Sussman) トムの息子
ミラー (Kevin Michael Martin) 兵士、気弱
コセッティ (Tommy Savas) VBSS teams
オコナー (Paul James) 機関士
バーニー・コウリー (Amen Igbinosun) “ベーコン”、厨房、チェス
リン (Chris Marrs) エンジニア
ベイカー (Jamison Haase) TAO 、司令室
— (Liana Green Wright) Enlisted Girl
— (Keith Chandler) Boatswain’s Mate of the Watch
— (Ethan Stone) Sideline Musician
— (Ariston Green) Quartermaster
— (Ryan Keating) Leehelm

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336