ブラックリスト The BLACKLIST 第19話 パヴロヴィッチ兄弟“The Pavlovich Brothers (No.119-122)”

リンク広告 テスト




第19話 パヴロヴィッチ兄弟“The Pavlovich Brothers (No.119-122)”

脚本/Elizabeth Benjamin
監督/Paul A. Edwards

【前回までのあらすじ】

リズに対して夫には気をつけろというレッドからの電話。
真実は言えるが信じさせることは出来ないと言われる。
リズは信じる体制が整ったことを語る。今はジョリーン・パーカーと
名乗っている女性。トムに対してジョリーンはリズはあんたの妻
ではなく標的だと語る。今の問題は一つ、君の夫は危険だということ。
レッドはリズに対して彼の正体と雇っている人間を見つけろと語る。
後は自ずと分かると。

【ストーリー】

●中国江蘇省常州強制収容所。WHOワクチン接種プログラム。
そこで監視が行われる中、人々にワクチンが接種されるが一人だけ別の
液体の注射を内緒で打たれる。病院に運ばないと危険だとするが、
現場監督は外へは連れ出せないという。しかしこのままだと死ぬぞと
告げると、救急車に乗せて運ばれることに。しかし現場監督は異変に
気がつき、救急車を止めろと語る。中を開けるが既にそこに搭乗して
いたものたちは接種されて体調を崩した女性と同時に消えていた。
朝にはアメリカに到着すると語る。

●セルビア・クウリェヴォ。
囚人は?ワシントンだという。ヒズボラは後回しだとしてワシントンに
戻るぞというパヴロヴィッチ兄弟。

朝トムはリズに対してなんでジョリーンの失踪が殺人事件の捜査に
なっているのかと尋ねる。警察は容疑者がいると言っていたが詳しい
ことはまだ分からないという。学校に行こうとしている夫の鍵には
発信器がついていたがリズは急いでボタン電池を取り替える。
オハイオに引っ越ししたのではないかと問うと、リズは血痕が
有ったのだと告げる。
トムは学校へと出かける中、リズはレッドに合流すると彼は気がついて
いる事を語る。トムも追いつめられて焦っているのだろうというレッド。
トムが殺したのかと尋ねると、知っていたのかとして呆れるリズ。
どうして黙って居たのかと問うと、言えば君の態度に表れるからだ
という。遺体を見つけて捜索願を匿名で出したという。いずれは警察が
君やトムに接触するという。ジョリーンはトムと同じ組織に雇われていた
と聞かされる。役割は不明だし、ジョリーン殺害が上司の命令なのか
それとも衝動的なものなのか・・彼は挽回しようと必死だったとし、
注意深くくみ取れば必ずボロを出すだろうと。
レッドはトムの件で来たのではないとし、別の件が進行中だという。
パヴロヴィッチ兄弟が戻って来たのだと語る。

中国の研究員を誘拐したチーム5人は元ユーゴスラビアでミロシェビッチ
大統領の護衛をしていたもので、政権交代後にプロの犯罪者に
転身したという。レスラーはあの日6人が殺害されたこと。
パヴロヴィッチ兄弟には政治的思想は特になく金で動く犯罪者だという。
身代金目的の犯罪、政治犯を脱走させるなど、レッドが言うには
彼はワシントンに戻っていること。目的は中国人科学者シャオピン・リー
の誘拐だという。18時間前にCIAの潜入部隊が中国から脱出させたこと。
シャオピンはウィルス・バクテリア専門の免疫学者だというミーラ。
4ヶ月前秘密兵器について我々に話したいと連絡して来たという。しかし
その翌月に反逆罪で投獄されていた。アンジリューズ空軍基地に到着後
にCIA本部に護送予定だが、クーパーは君たちが行ってここに連れてこい
と語る。狙われていることはCIAには連絡したとのこと。

その頃CIAも緊急手順に乗っ取って輸送経路の変更をしようとするが
敵によって襲われる。CIAは屋上からヘリコプターでシャオピンを
連れて行くというが、屋上で待っていたのはパヴロヴィッチ兄弟だった。
彼らによって連れて行かれてしまいリズとレスラーはただその
ヘリコプターが離陸するのを見守るほかなかった。

メリーランド州のアナランドル郡保安官事務所からヘリコプターが燃えて
いると連絡が入ったというレスラー。ルートが漏れているとし、CIAが
緊急プロトコルで変更する際にはヘリコプターで移動することを
知っていたのだろうと。アメリカには不法入国しているとし、国家安全
保障局と連携しないといけないという。ミーラに対して国家情報長官
から説明を求められているというクーパーは何と報告すれば良いのか
を尋ねられる。リー博士の研究は地球上のあらゆる国で禁止されている
細菌兵器だったとし、彼女は投獄前にその詳細を渡したいとしてアメリカ
に接触していたのだという。この10年で最大の情報クーデターになる
とのこと。細菌兵器計画なら中国もこの件で騒げないだろうと。

レッドはリズに電話する。
するとリーが誘拐されたのと同時にトムも学校には来ていないことを
語り、指定する場所に来いという。学校には病欠と連絡が有ったよう
だという。一度家に戻りアダムスモーガン地区のラドフォード銀行に
行っていること。そこで公衆電話からトムは3本何処かに電話している
とし、現在一時間ベンチに座っているという。リズはレッドに対して
彼を殺したい衝動と戦っている事を語る。いよいよトムが動き出すが
レッドはここらに居るのは全員仲間だとして尾行は彼らに任せようと
いうが、リズも出て行く。

●国立公文書館、ワシントンD.C。
トムはそこで黒人の男性・ジェフリー・P・シーバースと接触すると
封筒を手渡す。
その頃リー博士はパヴロヴィッチ兄弟に倉庫に運ばれていた。
注射を打たれそうになる中で、彼女は壁に化学式(アルキメデスの原理)
を書くのだった。

●バーデン工科大学、メリーランド州

●ハリフォックス化学肥料

■今回のシナリオ

・元ミロシェビッチ大統領政権時代に護衛をしていたものたちが
プロの犯罪者として金目的で誘拐や政治犯を脱出させていた。
その人物はレッドによるとパヴロヴィッチ兄弟。

・パヴロヴィッチ兄弟は中国の研究者のシャオピンがアメリカで
保護されたことを受けて、再度誘拐する行動を取る。

・一方トムの動きも徐々に追いつめられ、ジョリーンの遺体が発見され
たことから急いで行動を起こす。

■感想

トムの件ではそれなりに接近はしたのだけど、重要なことはまるで
話をすることもなく、ただただリズは感情的になって、これまで過ごした
2年間の生活について全てを否定するような行動を取った彼に激怒する
というだけだった。

もっとそんな私生活のことよりも重要なことを聞き出せと小一時間
だったけど、正直どうでも良いことばかりで核心に触れようとしない。
ホント使えない人だ。

レッドが全てお膳立てしてリズのガス抜きをした話であり、前に進む
為にトムに自分から決着させる流れを演出したのかも知れないけど、
リズは自分で決着を付けるから手を出すなと言いつつやっぱりレッド
が全てをお膳立てして対面の機会を与えた感じ。
彼女がやったのは、彼の鍵にGPSを組み込んだけれど、あっさりと
見破られていたし。

■パヴロヴィッチ兄弟

この流れ気になるのは、冒頭のプレビューシーンで、リズが少女・サラ
を保護してFBIの車で護送していた際に横から車で突っ込まれて彼女を
奪われたことだ。このエピソードはS1の1話に起きた出来事で、
正直リズが生きて居るだけでも不思議なくらい凄い衝撃で横から車を
突っ込まれて、水上から少女を連れ去られてしまった。

今回冒頭の説明の中で、パヴロヴィッチ兄弟は金目的で誘拐事件を
起こしたり、政治犯を脱出させるとしていたけれど、その前者は
サラの事件のことを指していたのかな。

ということは一話の段階からこのパヴロヴィッチ兄弟は関わっていること
になる。

■トムvsパヴロヴィッチ兄弟

この流れはなかなか興味深かった。
パヴロヴィッチ兄弟に接触する時のレッドがまた、まるで丸腰で
脳天気なまでに敵のアジトにズカズカっと入り込んでいくところが
有り心配させる程だった。
冒頭でパヴロヴィッチ兄弟が何処かから電話が鳴り、ヒズボラよりも
優先してワシントンないくということを語っていたのはレッドからの
要請だったのか。

トムを捕まえることを要請したのがレッド。
トムの逃走に於けるスキルは相当なもので、正直リズがトムと戦う
シーンが有ったけど、勝てるハズもない。

レッドはトムがリズを愛した証拠として優しく思いやってきたのだろう
と慰めていたことを語るけど、寧ろトムが今回リズを殺さなかったが
愛の証なのではないかって感じ。

■犯人の逃走経路を探せ

やっぱりレッドからの言葉がヒントになり、兄弟の居場所を
知りたければ今まで兄弟が居たのかを調べろという。
ヘリコプターが鍵になるということで、アラムはタバコの成長を
促す「エテホ」とトウモロコシの育成剤がヘリコプターのエンジン
から検出され、距離から推定するにハリファックス化学肥料だという
ことが判明。
そこにリー博士が残したメッセージが有った。

何かの元素周期表のようなものが書かれていた。
私が知っている唯一VとGが入っているのはアヴゴレモノ(Avgolemono)
というギリシャのスープだとしていたミーラ。寧ろVとGだけで
そんな単語を見つけ出す方がある意味凄い。
アラムはそれがアルキメデスの原理/浮力の原理だということで、
「水を押しのける」 = 「ボートでの逃走」「船に乗せる」という公式
を導き出した。

そういえば冒頭でサラを浚った時(S1-1のワンシーン)にもボートを
使って犯人たちは逃げていたよな

■トムはレッドの何を知っているのか

ラドフォード銀行の貸金庫3929に、何か資料が残されていた。
「彼は君が思うような人間じゃない。」

あんたが言うなと小一時間でしたが、あの封筒には何が入っていたんで
すかね。写真みたいだったど・・

■使用された曲

・The Blacklist Opening Theme
Written by Dave Porter
・Change of Time by Josh Ritter

■出演者

レンモンド・レディントン (James Spader) “レッド”
エリザベス・キーン (Megan Boone) FBI新人プロファイラー”リズ”
ドナルド・レスラー (Diego Klattenhoff) FBI捜査官
トム・キーン (Ryan Eggold) リズの夫、教師

ミーラ・マリク (Parminder Nagra) CIA捜査官
ハロルド・クーパー (Harry Lennix) テロ対策本部長
デンベ (Hisham Tawfiq) 南スーダン解放軍元兵士
アラム・モジタバイ (Amir Arison) FBIのコンピューター専門家

フィンジャーズ・パヴロヴィッチ (Stivi Paskoski) 兄弟
Mr.パヴロヴィッチ (Goran Ivanovski) 兄弟
クロック・ペトロヴィッチ (Renne Gjoni)
Mr.パヴロヴィッチ(James Biberi) 兄弟
シャオ・リー (Natalie Kim) Xiaoping Li
ジェフリー・P・シーバース (Marc Damon Johnson) バーデル工科大教授
— (Yinka Adeboyeku) Lead Guard
プレストン (Tyler Elliot Burke) スケーター
— (Clem Cheung) Warden
モリモト (Ron Domingo) 捜査官
パトリック・チャンドラー (Mike Doyle)
— (Ruy Iskandar) 看守
— (Jon Kit Lee) Ambulance Driver
— (Christine Lin) 看護師
— (Angel Pai) 看護師
— (Phil Nee) Front Gate Guard
シミール (Dion Sapp) 公文書館から教授を乗せる運転手
— (John Celentano) S.W.A.T

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336