ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言 Body of Proof シーズン2 第14話(13) 凍った記憶 Cold Blooded

リンク広告 テスト




第14話(13) 凍った記憶 Cold Blooded

脚本/Allen MacDonald
監督/Nelson McCormick

【ストーリー】

デリアはレストランの厨房に居ると冷凍庫で漏電して電気が流れて
いるテーブルに触れて思わず吹き飛ぶ。その先になんと男性が
倒れて凍り亡くなっていた。

ミーガンはピーターと遭う。
冷凍庫に有った遺体は50代男性で、名前はジョー・サネラ。
サネラズファミリーレストランのオーナーだった人だという。この
町で有名な店。ピーターはよく幼少期に親と店に来るとジョーから
はピーティと呼ばれていたという。

発見者のデリアはサネラズの従業員でコードで感電したという。
冷凍庫が現場故にピーターはミーガンに厚手の上着を持って来たかと
問うと、「あなた聞いた事がないのか?私は冷血よ」という彼女。
冷凍庫に倒れている遺体・・犯人は何をしていたのか。
殺されたままの状態で現場保存はされているが、ミーガンによると
組織が壊れ内部検査がやりづらくなるのだという。
凍傷の跡と頬と鼻と耳の全身が芯まで凍っているみたいだと。
36時間はここにいたことになると。暫くは適用と彷徨っていたみたい
だとし、殴られて気絶していること。頭部には鈍的外傷がある。
ミーガンはピーターに全てを撮影して置いてと告げ、凍った遺体を
寒い場所から運ぶと急速に腐り始めるという。

イーサンはペンギンの苦労が分かるとして寒さに震えながら遺体を
運ぶ。ミーガンは凍った遺体を調べるに辺り普段とは手順を変える
という。解凍するまで48時間待たないといけないからだった。
イーサンはレントゲンは撮れると語る。ケイトがやってくると血まみれ
で酷いわねと語る。傷の形状、犯行はレストランと来れば探すもの
は業務用サイズの調理器具だろうという。

バドは肉叩きを見つけたが食器洗い機の中で洗い流されていることを
語る。裏のゴミ箱で血を拭いた布巾を見つけたというピーター。
でも掃除した跡は冷凍庫には無かったという。冷凍室の外で襲われて
冷凍室に引きずり込まれたのではないか。ピーターが溶液を拭きかける
と厨房に血痕を拭いた跡が見つかる。そして裏口から逃げたであろう
血の足跡が見つかる。その跡を追跡していくとヘンリー・ペドローニ
が血の付いたクツを洗っていた。

ヘンリーを署に連れて行き話を聞く。
これは血ではなくトマトソースだという彼。厨房の床にこぼれていた
んだという。私はオーナーであり義理の弟のジョーと共同経営して
いるのだという。ジョーに聞いてくれと。彼が襲われたことを話すと
2ヶ月前に少年の強盗が来て銃を向けられたという。ジョーに聞けば
分かるとのこと。ミーガンはその様子を見て今まで認知症と診断され
たかと尋ねると、アルツハイマーじゃないと否定する。医者の間違い
だと。ミーガンはバドにアルツハイマーの初期の典型的症状が出ていて
混乱、短期の記憶障害、受け答えが困難だという。しかもクツを
洗うにしても犯行の2日後に洗っていること。時間の概念が歪んでいる
のだとし、有罪で有っても犯行は覚えていないと語る。

イーサンは肉叩きを調べたら傷跡と一致したという。
痛かっただろうというピーターに対して、あんたにダニーを取られたとき
位にねというイーサン。ピーターは怒って出て行ってしまう。
カーティスはいい加減にしろというが・・シャツには血がしみこんで
いるがズボンだけは一滴だけ付着していると語る。これは犯人のもの
かも知れないという。

ダニーはピーターに対して出かけるのかと問う。バドがジョー・サネラ
の家族と連絡するので警察署で遭うという。ダニーはピーターのテーブ
ルの上に「家族再会支援所」と書かれた手紙を見つける。何と言って
来たのかと問うと、実の父は3km先に住んでいるという。ダニーはドラマ
みたいだとし、何も知らない二人が他人、でも血が繋がっていると。
ピーターは他人のままだとし準備が出来たら電話をかけるというが・・

ジョーの妻・マリアがやってくる。
初めてジョーとデートに出かけた時にヘンリー兄さんはジョーを追い払
おうとして待ち伏せしていたという。しかし追い払えずに二人は親友
になったという。正反対の性格だったこと。だから店は上手くいった
という。ジョーは客相手でヘンリーは経理を担当し良いコンビだった
という。ジョーは仕事が増えて大変だったこと。しかしヘンリーには
生き甲斐が必要だったのだという。ジョーは人の気持ちを考えていた
という。マリアは夫に遭わせて欲しいと頼むが、捜査が終われば時期
に遭えると語る。ヘンリーに遭いたくないかと問うと、兄がジョーを
殺したのかと尋ねる。

息子のアンソニーとその妻のカレンも来る。
有機農場は携帯が通じないので遅れたこと。聞いてすぐに来たという
カレン。父はジョー叔父さんを傷つけないと語る。二ヶ月前、店に
強盗した少年がジョーを殺したと言っているが調書がない事を語る
と、アンソニーはあれは僕が12歳の時の事だと語る。アンソニーには
つらい事ばかりだというカレン。ヘンリーは話も聞いてくれず医者
にもかかろうとせず薬も飲まなかったという。ヘンリーに暴力の傾向は
と尋ねると、車のキーを寄越せとアンソニーにイスを投げたことが有った
という。いらだちもアルツハイマーの症状だと。父の面影を探して
いたがもう消えたのだろうと。

ピーターは父・ジャックに電話をする。

カーティスは帰宅しようとしていたミーガンにちょうどDNA検査が出た
と語る。ズボンの血のもので、血の持ち主は鎌状赤血球だという。黒人に
多く見られる遺伝的疾患ねというと、ミーガンはカーティスを見る。
オレを見るなという彼は持ち主は女性だと語る。確か黒人の従業員
デリアがいたことを思い出す。

■概要

・町で有名な家族経営のイタリアンレストランの”サネラズ”の経営者
の一人、ジョー・サネラが鈍器で頭を殴られ、そして冷凍庫の中に
置き去りにされて殺される。
・血痕の跡を見ると、倒れていたのではなく、座っていた状態だという。
気絶していたのにそんな状態で居られるのか。
・更に調べると目などに点状出血の跡が有ることから窒息させようと
して手を口で塞いだであろうことが伺える。

■感想

ドラマとしてはピーターと血のつながりがあるジャックとの再会を
演出すると共に、ミーガンの父親との思い出を通して「家族」という
ことが抽出されるような話だった。

ジャックは何故両親から捨てられて養子として育てられなければなら
なかったのか。

ジャックの話では高校時代に愛し合い16歳の時に妊娠したことを
聞かされていた。ピーターとしては母親と会いたかったけど、
哀しいことにピーターを出産する翌日に合併症で大出血を起こして
亡くなったことを聞く。彼女の名前はケイティ・トラメルで写真を
見るともの凄く美人のブロンド女性だった。

そんな話を聞くことが出来たのはダニーが背中を後押ししてくれた
ことが大きく、ミーガンとしても喜んでいた。

またミーガンは今回の事件の解決した後に、両親との思い出の
旅行のことを語り、その時車の中でかかっていた音楽が「ロケット・
マン」
であることをライバルで有ったケイトに話していた。
ケイトとの関係は、ミーガンの元夫と別れて以降完全に良好な
感じだね。

ミーガンはニューヨークに旅に言った際に、ボンウィットテーラーで
買い物し、ロシアンティールームやブロードウェイを鑑賞し、それが
家族としての最後の時間になったという。

「あの曲を聴くと私は12歳に戻る。まだ痛みが残っている。でも絶対に
忘れたくない痛みだ。今の私を作った」
と語っていた。

■捜査のポイント

認知症だと思われたヘンリーは現場にいたことを示唆するものが
有った。近くでジョーが死んでいるのに、悪びれた様子もなく
血のクツを洗っていることから、不自然だったけど、ミーガンの
お陰ですぐにアルツハイマーの初期の典型的な症状だとされていた。

そんな彼の証言は裁判では役に立たないだろうけど、捜査に於いて
は真意を突き止める為には必要なものが有る。

ヘンリーの症状からして、治療をすれば証言を聞けるようになるの
ではないかとされるが、マリアがなかなか治療することを許さずに
いたので、彼女本人か息子のアンソニーが犯人ではないかと疑って
いた感じ。

・被害者のズボンから鎌状赤血球

黒人特有の遺伝的疾患。デリアが疑われるが、日曜日の夜にチーズ
おろし器で怪我した際にジョーが絆創膏を巻いてくれたと語る。

バドは家族経営の店なので出世出来るのは家族だけなのでそれで
怒っていたのではないかとしていたけど、それを否定する。

・現場のコードに指紋

アナベル・キップというマネーロンダリングで二年服役していた
女性の指紋が有った。ジョーとの関係は何だったのか。
彼女は既存の店をフランチャイズ化させる仕事をしていて店の権利を
買って回っていること。先週ジョーとヘンリーに買収を持ちかけ
200万ドルを提示したが断られたという。
ただ店は赤字で破産する可能性も有ったみたいだ。

・謎の女性アリス

ヘンリーはアリスを見たと繰り返し語る。
厨房でアリスを見た。裏口で走って出て行ったなど・・
ヘンリーの妻で10年前にガンで死亡していること。

・被害者の手に付着していた黒い物質

プリンターのインク。しかもヒューレットパッカード346という型番の
ものだと判明。鑑識はゴミ箱で丸めた提案書を見つけていた。

・右肺の気道の腐敗

何かが中に詰まっていて食べ物の塊だった。
ヘンリーはソーセージを食べているとしていたけど、それはジョーが
認知症で誤ったものいいだと思われていた。
しかしノドに詰まらせたことが原因で、犯人の手から細菌を吸い込んで
いる可能性が有る。
極限環境の微生物。シークエンス法で調べた結果、デイノコッカス・
ラジオディランス・・医学界ではコナン・ザ・バクテリアと呼ばれて
いるものだった。栄養価の高い有機物・食品や糞便で育つ堆肥だと
いうことで、有機栽培が頭に入り、そこから犯人を突き止めていく。

・ヘンリーはアルツハイマーではなかった

正常圧水頭症という頭の中に脊髄がたまり脳を圧迫していた為に
そのような症状が出ていた。シャント術で治療が出来るという事で
脳外科医をしていたミーガンはそれを見抜いていった。

■使用された曲

・Body of Proof End Credits Theme
Composed by Daniel Licht
・That’s Amore by Dean Martin

■出演者

ミーガン・ハント (Dana Delany) 検視官
ケイト・マーフィー (Jeri Ryan) フィラデルフィア医療センター・局長
バド・モリス (John Carroll Lynch) 刑事
ピーター・ダンロップ (Nicholas Bishop) 医療捜査官
サマンサ・ベーカー (Sonja Sohn) “サム”、刑事
イーサン・グロス (Geoffrey Arend) 医療センター・医者
カーティス・ブラムフィールド (Windell Middlebrooks) 医療センター・副局長
ダニー・アルヴァレス (Nathalie Kelley) 遺体の搬送係

アナベル・キップ (Azita Ghanizada) フランチャイズ契約を持ちかける
マリア・サネラ (Donna Pescow) ジョーの妻
ジャック・クランストン (Kevin McCorkle) ピーターの父
ヘンリー・ペドローニ (Robert Picardo) ジョーの義理の兄
ジョー・サネラ (Joseph Martino) レストラン経営
デリア (Ashanti Brown) サネラズファミリーレストラン・スタッフ
カレン・ペドローニ (Kay Wilson) 有機農場
— (Duncan Bravo) ER医師
アンソニー・ペドローニ (Todd Feder) カレンの夫、マリアの息子

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336