THE FLASH / フラッシュ 第13話 2人の閃光 The Nuclear Man

リンク広告 テスト




第13話 2人の閃光 The Nuclear Man

脚本/Andrew Kreisberg
Katherine Walczak
監督/Glen Winter

【これまでのストーリー】

ロニーは事故の時加速器の中で粉々になったとされていた。ケイトリン
はロニーが生きていたのを目にする。彼女の姿は”ファイアストーム”
だったこと。ケイトリンはファイアストームの件で相談する。
第一段階では成功したが・・そのプロジェクトはマーティン・シュタ
イン教授がチームリーダーだったという。あの晩何が有ったのか
知っているとして”パイド・パーパー”ことハートリー・ラサウェイが
シスコに語る。その当時の映像を見せると、粒子加速器の爆発時、
ロニーとシュタインの二人が一人となっていた。ダークマターが2人を
融合させたとシスコを語る。

【ストーリー】

バリーはデートの為服選び。ジョーはその姿を見て呆れる。
スポーツ記者のリンダ・パークとのデート。途中で一輪の花を購入し
フラッシュとしての能力を使って遅刻せずになんとか約束の場所に
到着する。時間通りねと言われ、花束ではなく一輪の花のプレゼント
にリンダもまんざらではない。二人で食事にいくと街で一番辛いと
されるタコス料理を食べるとバリーはあまりの辛さにギブアップ
する。リンダは自分が激辛チャンピオンだとするとバリーもそれを
認める。セントラルシティのチャンピオンだと。
リンダが化粧室へと席を外している時、バリーにシスコから電話。
ブランド通りのコンビニでひったくり事件だとするシスコに対して、
今デート中だとして警察に任せたらどうかと語る。シスコは可哀想な
お婆ちゃんがひったくられたんだぞと想像で語ると、バリーは
フラッシュの能力を使って解決し、リンダが戻る頃には既に事件を
解決していた。
リンダはバリーに今まで彼女が居なかったことに驚くと共に厄介な
性格をしているのかと問う。しかしそれを答える前にジョーからの
電話で51丁目で男が飛び降りようとしているので助けて欲しいとの
連絡が入る。リンダが職場から電話している間にバリーを解決へ。
現場ではエディが飛び降りしようとするものに拡声器を使って辞める
ように説得していたが・・・フラッシュが自殺願望の男をエディの
元に届けると、驚いた風にもう一度登っても良いかと問う。
リンダは今日はありがとうとして彼にキスをする。また遭うべきか
のキスだというと、また遭いたいと語る。バリーも同様の気持ちだ
った。

コンコーダンス研究所。
クエンティン・クエール博士の元にロニー/シュタイン博士が現れる。
クエールに対して君とは学校で一緒だったというが、容姿が明らかに
違い不審がられる。同級生だとしてシカゴ大・1974年卒業、一緒に
戦争に反対したという。ナパームを作るよりも愛に生きようと話有って
いたこと。君の弟のこと知っているとし自ら命を絶ち、君が第一発見者
だと。その話を知っている人は居ないとするが、一人だけに話しただろ
うとすると、本当にマーティンなのかと問う。頼むから助けて欲しい
というと、ロニーの体は突然火が出始めて爆発する。

ジッターズ。
シスコはバリーに対して悪者を退治しながらデートするなんて凄いと
いう。今夜も彼女に遭うというと、シスコは色んなことが”早い”のに
大丈夫かと語る。ケイトリンも血流と心拍数が早いので理論上は確か
に”そういうのも”早くなるという。哀しいこと考えて遅らせるんだ
と語る。しかしバリーもまだ2回目のデートだとし、相手はリンダ・パ
ークだとすると、後ろで聞いていたアイリスは良かったわねと語る。
そんな中シスコはニュース映像を見て用事が出来たとして出て行って
しまう。そこには原因不明の爆発・物理学者が重体。燃える男が
付近で目撃されたとのことだった。
アイリスは燃える男のこと、ケイトリンが調べていなかったかと
尋ねる。バリーとケイトリンは動揺する。

STARラボのバンに乗ってシスコはジョーと共にある場所に来ていた。
ここで何をするのかと問うとバリーが住んでいた場所だよと語る。
あの事件に誰が関わっていたか仮説があるというジョー。ある現場の
再捜査を手伝って欲しいとし、当分ラボや他の人にもこの件は黙って
いて欲しいという。解明してからアイツには伝えたいというジョー。
ドアをノックするとシェリーという一人暮らしの中年の女性が住んで
いた。ジョーは15年前にここで殺人事件が有り、その捜査を再開した
ので室内を見せて欲しいと頼む。一人暮らしなのかと問うと離婚した
のだとしてシェリーはジョーに好感度の視線で見つめる。

ハリソン博士はこれでロニーを自由にさせて置けないとケイトリン
に語る。彼はもうロニーではないとして中身はシュタインだという。
まるでバンパイアだとするが、何故そういう組み合わせになったのか
と問う。ハリソンは進化論と同じで、生きる為に強いパーツを選んだ
のだろうと。肉体は元気なロニーが選ばれ、頭脳はマーティンを選んだ
ということ。市民に危害を加えることは分かったんだというとケイトリン
に対して何をすべきか分かっているだろうと語る。
ロニーが襲ったクエールは元同僚でマーティンがロニーを操っている
のなら自分に何が起きたクエールに聞きに行ったのかも知れないという。
バリーはどんな人なのかとして写真すらないという。マーティンの写真
をモニタに出すハリソン。するとバリーはこの人ならば過去に遭った
ことがあるという。加速器が爆発した日の電車の中で会話したとのこと。

— 回想シーン —
バリーは列車の中で目の前に居たマーティンに偶然話しかける。
スターラボって格好良いですねと。科学者は大抵美的センスを持ち合わ
せていないが例外のようだと語る。バリーがアインシュタインを例に
出して話した為にマーティンは驚いて物理学は趣味で行っているのかと
尋ねる。実は警察の犯罪捜査班で働いていることを語る。今日は加速器を
見に行くのかとすると、これで世界が変わるでしょうねと語る。
バリーはカーソン駅で降りる。マーティンは”ファイアストーム”と
書かれたアタッシュケースを持っていた。
夜、マーティンはスターラボに行くと、外では加速器使用に関して市民
たちの反対の声があがっていた。マーティンはそこで爆発する瞬間
建物の中にいた。中に入っていた”ファイアストーム”のケースが開くと
中から謎の装置が出てくる。

— 現在 —
ハリソン、バリー、ケイトリンはマーティンの妻のクラリッサの元へ
とやってくる。家の中にはマーティンと一緒に写る写真盾が飾られて
いた。スターラボのことは知っているとしマーティンがいつもライバル
心を持っていたという。科学の発展に寄与するコンウェイ賞のトロフィー
が3つもあることに驚く。ハリソンは自分も受賞したいと思っていたのに
彼は三度も受賞しているとして凄い科学者だと語る。主人は人を
嫉妬させる才能があるのだという。私も彼が私よりも定理や実験を
愛していると思っていたという。変な話だが夫が亡くなってから一度
も連絡はないかと尋ねると、バリーはこの人と遭ったことはないかと
してロニーの写真を見せる。ご主人の事件に関わっている人だとすると、
クラリッサは誰かに見られている視線を感じるようになったとし、今で
も同様だという。主人が亡くなってから一ヶ月後くらいからだと。
その人が現れたのはその時だという。

■概要

・バリーはアイリスのことを諦め前進し、リンダという記者とデート
するようになる。そうしている間にもシスコやジョーからは事件の
連絡が届いてデートする暇もない。
・そんな中、物理学者のクエール教授が研究所にいた際に火のついた
男によって傷つけられたという報道があった。その為にケイトリン
、バリー、ウエスト博士は解決の為に動く。
・一方シスコはジョーに頼まれて、バリーの母が亡くなった件の
再調査をすることを決める。なんとかしてヘンリーの容疑を晴らして
バリーにもいい結果を知らせたいと考えるが・・・

■感想

今回は二つの流れが有りましたね。

結果として見るとどちらも救われない感じの流れが有り、オマケに
アイリスがバリーの恋愛を邪魔していると思われても仕方が無いような
ことをリンダに語るものだから、元々アイリス嫌いの私には心の
拠り所がない感じだった。

しかしジョーは何者かからこれ以上バリーママの件での捜査を続ける
ようならば危険なような脅され方をしていたけど大丈夫なのかな。

■チーム、ジョー&シスコ

15年前に発生したバリーママ・ノラの事件現場を再度調べていくことに
なる。
シェリーという女性が住んでいたが快く家の中に通してくれた。
ジョーがその気になれば二人は良い感じの関係になっていたのかな。

シスコのアイテムが色々と役に立つことになる。
スーパーライトという名の紫外線増強スキャナーで改めて室内を調べる。
彼によると600mボルトまで分子を検視出来るものだという。
ただその装置では何も検出されず・・

シスコは時間が経過しすぎている事を告げるが、ジョーが当時の現場の
状況を覚えていたことも有り、鏡の位置だけは変わっていないことが
判明。
鏡はビンテージもので硝酸銀が使われており、二つの閃光が居たなら
ば火花がカメラのフラッシュの役割を果たして鏡がカメラの役割を
果たしているハズだという。当時は雷も10回以上光っていた為に、
それを使って当時の現場を再現させる。しかも写真に映し出すのではなく
それを最近技術で3Dのホログラムで表現させるのだという。
イマイチどういう技術か分からず(笑)
カメラが残っていたとしても、何処に投影/残存されたんだろうね。

まぁそれは良いとしてもそんなに高性能なスーパーライトならば
壁紙を貼った下の血液くらいは検出しろと小一時間だったけどね。

当時のホログラムによって現場を再現したけど、それで何か分かった
のだろうか?

ロニーとマーティンが合体したという流れも防犯映像が有ったから
こそ分かった訳だけど、結局そこで分かったのは血液が壁について
いたことだけなのかな。15年前の事件なら既に血液のDNA検査は確立
していて、証拠としても保管されていないのか?犯人がヘンリーだと
決めつけてのことなので捜査を怠ったのか。

結局現場で調べた血液はバリーのものだった。
バリーも誰かと繋がったのだろうか。
ハリソン博士が関わっていると思っていただけに、その血の検査結果
は意外だけど、当時のバリーのことは調べているハズで、外傷とか
有れば気がつくのではないか。

因みに見つかった血液型は2つ。A+とAB-だそうだ。

■チーム、ハリソン、ケイトリン、バリー

今回は融合してしまった二人の人物を分離出来るのかどうかという
ことを試すことになる。
ロニーと融合してしまったのはマーティン・シュタイン博士。
意外にもバリーが列車の中で遭っていたのは偶然なのか必然なのか。
そして運命的なものが有るのか。

ロニーとシュタインという二つの人格。
解離性同一性障害の薬で落ち着かせることが出来たが、相変わらず二人が
一人の状態。しかも体はロニーで心はシュタインというのだから厄介。
分離させるとか言っているけど、体はロニーのものが有るのでロニー
は助けるけど、シュタインの場合分離させたら、その脳の行き所は
失われるのではないのか。それとも体の中からタマゴのように出てくる
とか細胞分裂でもするのか。

それぞれロニーがロニーでありシュタインがシュタインであることの
証明として、それぞれの相手であるクラリッサとケイトリンに対して
彼女たちにばかり知り得る情報を語る。
クラリッサの好きな色は決められないために縞々のストライプにして
いたという。
一方ケイトリンに対しては、ハドソン港で有名なピートモント公園の
ことがよく脳裏に浮かぶということで、彼女がプロポーズされた場所
だとして、互いに愛を感じることが出来た。

しかし二つの体は互いに原子同士が拒絶の状態であり、その為に発熱
して爆発しそうな状態であることが分かる。
バリーと戦ったことでロニーの体のファイアストームマトリックスが
悪化し不安定になり、体の中で核分裂を起こしている状態だという。
タキオン装置の試作品をリュウしスプライサーに改造させる。
ギデオンはタイムテーブルに遅れを生じることになるとしていたけど
一体どういうことなのだろう。

爆発しそうになるところで粒子スプライサーを使うが結局爆発は
止められず、結果としてスターリングシティは被害は最小限だった
ものの核爆発したことで軍政府に見つかってしまったということなの
かな。

■その他

・リンダへの愛を知らせる為に・・

タバスコよりも辛いとされる幽霊トウガラシを食べて信頼を取り戻して
いた。アイリスのせいで面倒なことになったじゃないか。

■使用された曲

・The Flash Theme Song
by Blake Neely by Mark Ronson
・I’m Not the Only One by Sam Smith
・Ready To Go by Kaiser Cartel

■出演者

バリー・アレン / フラッシュ (Grant Gustin) 警察の科学捜査官助手
アイリス・ウェスト (Candice Patton) ジョーの娘
ケイトリン・スノー (Danielle Panabaker) 生物工学の専門家
エディ・ソーン (Rick Cosnett) セントラル・シティ警察、アイリスの彼
シスコ・ラモン (Carlos Valdes) S.T.A.R.ラボ、機械工学
Dr.ハリソン・ウェルズ (Tom Cavanagh) S.T.A.R.ラボ、創設者
ジョー・ウェスト (Jesse L. Martin) アイリスの父、刑事
デビッド・シン (Patrick Sabongui) 警部

Dr.マーティン・シュタイン (Victor Garber) 変形能力の専門家
ウェード・エイリング (Clancy Brown) 将軍、ファイアストームを知る
ロニー・レイモンド (Robbie Amell) ケイトリンの元婚約者
クエンティン・クエール (Bill Dow) コンコーダンス研究所
ノラ・アレン (Michelle Harrison) バリーの母
クラリッサ・シュタイン (Isabella Hofmann) マーティンの妻
リンダ・パーク (Malese Jow) ピクチャーニュース・スポーツ記者
シェリー (Chase Masterson) 元アレン家に住んでいる人
ベイツ (Herbert Duncanson) 軍曹
— (Paul Griggs) Jumper / 自殺しようとする?
若い頃のバリー (Logan Williams)
ギデオンの声 (Morena Baccarin) コンピュータAI

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336