LAW & ORDER : 性犯罪特捜班 (SVU) シーズン6 第14話 リアルゲーム Game

リンク広告 テスト




第14話 リアルゲーム Game

脚本/Patrick Harbinson
監督/David Platt

【ストーリー】

メロディは契約内容で揉めたとして、現在ブルーム通りにいる
ことを語る。次に何処に行くのか連絡して欲しいと語る中、
突然スポーツカーが歩道の彼女に衝突していく。

フィンはエリオットに対して被害者は20代後半の女性で、IDも
サイフも服もないという。車ではねられてレイプされた可能性
があるとし、フィンはエリオットは当時女性が跳ねられた現場
で検証を行う。血が付いているので這って逃げようとしたが、
ここで力尽きているという。犯人は車を降りて近づくと服を
破って金を奪ったこと。ここでレイプが有ったのかというエリ
オットに対してそれは分からないが少なくともここで殺したと
いうフィン。

人通りはないというエリオット。通報は匿名だったというマンチ
は24時15分、アップタウンの公衆電話からのものだという。
通報の電話内容を聞くと「ブルーム通りに出た。被害者は一般
人だ、救急車を要請する」とするレキシントンの公衆電話から
のものだという。警察みたいなしゃべり方をしていたというエ
リオットに対して管轄街の事件は目撃したのかというフィン。
犯人だからさとエリオット。

クレイゲンに捜査状況を報告する。
身元不明の女性、精液が検出。目撃者は殆どいないが、犯行
にはスポーツカーが使われていて黒い塗料が出たというフィン。
オリビアは地図を広げて現場と電話された場所を指すと、最も
近いのは27分署だけど、巡回の警察官は居ないという。黒い車
を所有する非番警察官の仕業かも。
死体には無数のアザや刺し傷、激しく殴られ、ドライバーで
指されているというクレイゲン。中毒者の犯行か、怨恨なのか。
クレイゲンは事件の公表はもう少し待つと語る。
オリビアに対して今日は講習だろうとしていくよう告げる。
オリビアの代わりにはフィンが付くよう告げる。

1月24日(月)・科学捜査研究所。
ライアン・オハロランによると通常公衆電話は何百の指紋が付
いているものだが拭かれているという。しかし完全ではない
とし、回線切断のボタンに残っていたこと。NYPDに該当者が
いるとして、トニー・ナスレッティン捜査官のものだという。
合同テロ対策班の臨時メンバーのものだった。
話を聞こうとするが、ムーア警部補が隠しているとしてエリオ
ット、クレイゲンたちの前で不満を述べる。彼は無関係だとし、
潜伏で捜査している身だという。素性を知られたくないのだと
するとクレイゲンは誰かを監視しているのかと呟く。誰かは
言えないこと。盗聴なのかと。被害者には悪いがこれは国家の
仕事だという。エリオットはそんなムーアに、車にはねられて
レイプされた女性だとして写真を見せる。聴取させてくれと
語ると、彼が頼りだという。公表したり裁判では使わないことが
条件だという。

1月24日(月)・西99丁目
監視しているのはフィリピン人でテロ支援国家に金を送って
いるのだという。捜査にはトニーとロリーが当たっていた。事件
を知った経緯を尋ねるエリオットとフィン。従業員と電話で話す
内容を盗聴していたのだという。
その盗聴電話を聞かせる。”チェルシーだ、住所を言う。寒いから
早く言って”。これって娼婦なのかとし、犯人は携帯も盗んでいる
という。更に”メロディにどうしたのか?”というトニーの電話に
“メロディとは音楽みたいに名前だ、プレイが始まる”として電話
を切られた為に事件だと思い通報したのだという。従業員を見殺し
にしたのかと。

監視しているエディ・シャーから娼婦について聞き込みする。
ウチは貿易業だとするが、売春業だろうと問う。コンパニオンだと
して知的な子しかやとわないという。この子の名前は何かと
遺体の写真を見せる。風紀課や移民局に連絡しても良いんだぞ
というフィンに対して、メロディ・クインだというエディ。
デート客だけだとすると、顧客リストを見せるよう要求する。
彼は渋るが、刑務所行きを匂わすと見せてくれる。メロディは
株のプローカーを目指していたとのこと。午後8時半からプラサ
ド氏と逢っているという。

エリオットはプラサドに逢い話を聞く。
レーン氏にはフィンが聞き込みする。
クレイグにはエリオットが話を聞く。いずれの人物もその日
メロディと関係を持ったであろう人物達だった。メロディが
死んだことを告げ、DNAの強力を求める。そしてそれぞれの客
に車について尋ねるが、いずれも該当する車には乗っていなか
ったる

1月25日(火)・テクトップゲーム社
1月25日(火)・ステュアート・デイビスの自宅
1月27日(木)・連邦検察局
1月28日(金)・マーシー総合病院
——————————————————–

■今回の事件

ブルーム通りの歩道を歩いている女性・メロディが車に轢かれ
た後激しく損傷を受けて殺害される。目撃者が殆どなく、
IDもサイフもないことから、捜査が難航されることが予想され
る。レイプされたのか服が破かれて、精液も検出される。
匿名の通報が有り、レキシントンの公衆電話からだとされるが
果たして誰がかけたものなのか・・・

■オリビア研修中

実は13話のDVDが見つからなかったので先に14話を見てしまった
のだけど、見終わって13話のDVDが見つかるというマヌケな
状況になってしまった。
取りあえず先に14話をレビューしてから13話を見ようと思うけど
オリビアが研修する流れは、13話で何か有ったのかな??
12話、13話と実話を元にした内容の作品なんですよね。

■電話してきた相手

公衆電話に付着していた指紋からあっさりと捜査官のトニー
だと判明する。エリオットは通報の声を聞いただけで刑事
っぽいとしていて鋭い視線を投げかけていたね。

結局テロ対策班のメンバーが潜伏中に協力者と電話中に異変を
感じて通報したもので、電話は一つのポイントになる案件だ
った。
異変を感じたとする電話を聞かせてもらうと、そこには被害者
が自動車に轢かれてから亡くなるまでの一部始終が電話回線
を通して聞こえてくるもので、青年の声で「今(電話に)出られ
ない、プレーが始まる」という声が聞こえてくる。裁判には
使えない証拠という確約をしつつ、ムーア警部補はクレイゲン
に情報を開示してきた。

しかしテロに関しては正直大したものではなかったし、人身
売買組織のフィリピン人がテロ支援国家に金を送っていると
いうだけなので早く逮捕すれば良かったのにね。

■仮想現実と現実を混同した容疑者

12話の中でステイブラー家の4姉妹が出てきたけど、今回は
なんと息子のディッキーが登場する。ステイブラーの働く
職場に来ていたけど、ホワイトボードに貼られた遺体の写真
を見せてしまうという大失態(笑)
でもそのお陰で、これがゲーム「インテンシティ」と同じだ
として息子の発言から捜査が始まる。ゲームを見ると事件の
状況と似たような場面が有り、ゲームの模倣をしたのではない
かとして、リアルゲームであることを口にしていた。
今時の子供は遺体の写真を見てもゲーム的感覚で見られるの
だろうか?

■久しぶりのホアン

ゲームの過激な描写と暴力の関連性、ゲームで起きた殺人事件
は存在することを証言していた。コロンバイン事件もそうだ
としていた。ゲームを好むのは10歳から15歳の少年だという
ことで、もう少しネットでのSNSが関係してくるかなと思った。

■ゲームの中毒性を問う流れは良いけど・・

毎回事件が発生すると確かに過激なゲームが子供に与える影響
みたいなものが議論になるよね。ゲーム開発業者のテクトップ
ゲーム社の男も訴訟はウンザリだとしていたけど、訴訟を
受けないようなゲームを作れば良いのではないかと小一時間。
これを言ったら毎回アメリカ人の訴訟で大金をむしり取られて
いるタバコ業界はどうなるんだって感じだし。

隠れステージの内容がどうとかファンサイトに情報は乗っている
とのことだけど、なんのヒントにも、言い訳にもならない流れ
だった。

■検視・分析

メリンダから死因はくも膜下血腫だとされていた。
胸、腕、背中など42カ所も殴られたりアザになったり刺された
形跡がある。傷は全て足で蹴られたり踏みつけられたもので、
刺されたものとされていたものは、ハイヒールで踏まれたもの
だとする結論を出していた。靴のサイズは9号。
メリンダは今夜は監察医協会のディナーがあるとして、自ら
ハイヒールを手にしていた。

そこで青年以外に女性の共犯者が居たのではないかとして捜査が
始まる。

鑑識のモラレスは音響を調整して女性の声を拾っていた。
「服を脱がせて」というのは女性の声だと判明。

■プレイ画像がネットに掲載?

この辺の流れがイマイチよく分からなかったけど、プログラマー
のデイビスに繋がったところは良かったのかな。
そんなデイビスの元に送られてきたメールの中に「新シーンを
作るならば新聞の7面を見ろ」として「身元不明女性がひき殺さ
れる」という事件が掲載。その事件に際して裸だったということ
にLMAO(Laughing My Ass Off)と書かれていたのでどんな意味が
あるのかを調べると、(大爆笑)の意味だとしてフィンが語って
いた。

HNはスケベ野郎(ルードデュード)だということで、モラレスが
追跡することになる。

■メールの送信者・ラリー・ターバー

自宅からはメロディのバッグ、免許証が見つかる。
車の鍵があることからすぐに戻ってくるのではないかということ。
ラリーの車からは血痕、皮膚片が見つかる。
しかしそれと同時にラリーの遺体が見つかったとの連絡がある。

メリンダの見立てでは、頭部損傷・多発骨折だが他殺ではなく
自殺だという。罪悪感から飛び降りたのではないかとして、
血中濃度の高さと突き落とされたものとは違い降下角度を指摘。
フィンは例え自殺しても同情できないことを語っていた。

しかし靴の足のサイズは11。犯人は9。
ラリーのズボンが光っているということで、女性の分泌物の
跡だとしていたけど、どんな分泌物なんだ(笑)死ぬ前にストリ
ップに行っていたのだろうとして聞き込みすると案の定
行っていたことが判明。

■現場にいたのは3人の人物

主導権が誰が握っているのかということは、今回のドラマでも
重要だった。ラリーは30歳なのに、青年によって操られていた
こと。またラリーに電話してきた女性・ルイーズ・カナーキ
は17歳の少女で、彼女の家から押収してきたハイヒールを
取調室に於いてルマライトで照らすと血痕が青く光るものだった。

共犯者の名前を言うよう要求。彼女もまた彼に惚れていたのか
ギャレット・パールが共犯者だという。

問題は誰が主犯だったのか。
それを言葉だけで証明することが可能なのか。

■ゲーム感覚の青年・ギャレット

先日の日本のドラマ「コウノドリ」の中で14歳の少女が妊娠
して、エコー検査でお腹の赤ちゃんを見た際に、CGみたいだと
語るシーンが有った。
彼にとって殺人や暴力はゲームの世界と一緒。
問題は罪悪感、物の善悪を判断できるのかどうか。

ギャレットは取調室でエリオットのタトゥーを見て海兵隊だろう
として、人を殺したのか?と問い、フィンに対しては元ギャング
の警察官かとしていた。殺す気分はどんな感じなのかと問われる
中、最近エリオットが取調室ではギリギリの態度を見せる
けど、顔を近づけて「相手の目に映る恐怖を感じることだ」と
告げていた。

最終的に法廷で有罪が確定した際に、ギャレットだけは涙する
こともなく後悔した形跡もなかったことからも、やはり何かが
欠落していると言わざるを得ないところがあるなと。

女性のルイーズは馬鹿な男に惚れてしまったことが全ての元凶
なのかな。

■法廷で使えない証拠

現場で殺害時の携帯電話の音声分析が法廷で使えればあっさり
と証明出来たんだけどね。
ただこの事件、ルイーズの自白だけで十分な気がするんだけど
ね。

ゲームで発生する高揚感・ドーパミンは麻薬を服用した時の
ものと園児なのか。

後悔しているとして涙するフリを見せたということは、善悪の
判断が出来るということを意味するので、責任能力はあると
思うんだけどね。
全てをジョークで片付けようとする男がなんて憎らしいのか
って感じだけど、確かに最近のゲームは相当酷い描写が多い
よな。

■使用された曲

・Revenge by Caliber

■出演者

エリオット・ステイブラー (Christopher Meloni) 刑事
オリビア・ベンソン (Mariska Hargitay) 刑事
ドナルド・クレイゲン (Dann Florek) 主任警部
ジョン・マンチ (Richard Belzer) 刑事
? (Steven Zirnkilton) Opening Announcer (voice)
オダフィン・チュツォーラ (Ice-T) “フィン” 刑事
メリンダ・ワーナー (Tamara Tunie) 鑑識
ジョージ・ホアン (BD Wong) FBIにも精通する精神科医

ケイシー・ノバク (Diane Neal) A.D.A 検事補
ライアン・オハロラン (Mike Doyle) Forensics Tech
レナ・ペトロフスキー (Joanna Merlin) 判事
ルーベン・モラレス (Joel de la Fuente) TARU Tech
ベン・スアラト (Adam Kulbersh) TARU Tech
マーク・セリマン (Tom O’Rourke) 判事

ギャレット・パール (Seth Gabel) ゲーム凶
ルイーズ・カーナキ (Trisha LaFache) 17歳、ギャレットの共犯
スチュアート・デイビス (Matthew Faber) プログラマー
— (Geoffrey Arend) Game Designer
ラウル・メネデス (Robert Montano) 連邦検察局
オリバー・ゲイツ (Barry Bostwick) 弁護士
エディ・シャー (Jojo Gonzalez) 人身売買、監視対象者
トニー・ナスレッディン (Joseph Kamal) 合同テロ対策班臨時メンバー
Lt.ケイティ・ムーア (Lenore Pemberton) 警部補
リンデン・デルロイ (J. Paul Nicholas) 公選弁護人
ディッキー・ステイブラー (Jeffrey Scaperrotta) エリオット息子
Mr.レーン (John Braden) メロディとH
クレイグ・ヴァティック (Asa Somers) メロディとH
ラティファ (Johnnie Mae) オペレーター
ハニフ・プラサド (Kapil Bawa) メロディと8時半に・・
ベリンダ (Raushanah Simmons) ストリッパー
アイネズ (Kim Taggart) ストリッパー
メロディ・クイン (Mam Smith) 娼婦、殺害される
— (Gregory Sims) Uniform Officer
— (D. Michael Berkowitz) Jury Foreman
ラリー・ターバー (Ray Sullivan) 30歳、ゲーマー

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336