シカゴ・メッド Chicago Med 第8話 再会 Reunion

リンク広告 テスト




第8話 再会 Reunion

脚本/David A. Weinstein
監督/Donald Petrie

【ストーリー】

ナタリーが産休明けに病院に初出勤する。マギーはその時黒服の
男たちを案内していた。そんな中ナタリーの姿を見て二人は
久しぶりだとしてハグする。妊娠していたのが嘘みたいだとする
と、マギーはオーウェンはおっぱいは飲んでいるかというと
猛攻撃よというナタリー。この人たちは?というと、何処かの
お偉いさんが心臓の手術を受けに来るのだという。この人たち
は下見の先遣隊だというマギー。私の復帰の歓迎ではないのね
というと、マギーはあと2週間は休むかと思ったという。一ヶ月
休めば十分よとし、私って冷たい母じゃないよねという。
そんな中外傷2番に患者よと。

●13歳女性・ミシェル・ジョフィー
救命士は搬送中に悪化。こちらは父のヘンリーだという。20分前
から悪化したこと。喘息や食物アレルギーはあるのかという
ナタリー。食べ物は関係無いとし私が作るもの以外は口にしない
のだという。ナタリーは吸引器科を呼んでという。気管支痙攣を
起こしていること。エピ0.3mmを1000倍稀釈し皮下にという。
ヘンリーは薬を飲んでいるが大丈夫かと問う。メトプロロールと
発作にデクレトール、メタドンは痛み止めだという。メタドンな
んて何故?というとミトコンドリア病なのだという。飽和度低下
だというエイプリル。吸引器科は来ないので挿管しようという。
エトミデート20とサックス80を用意してと。気管支痙攣だとし、
エイプリルは静脈が見えないというと、気管穿刺をするという
ナタリー。
しかしいざ穿刺をしようとするとミシェルが突然大丈夫だという。
飽和度も上昇。エイプリルはあんなに突然治ったのは見た事が無
いというとナタリーは私もだという。

胃ろうチューブを埋めたのか?というと栄養を補うためだという。
娘は食が細いのでサプリとビタミンを点滴しているという
ヘンリー。私のスムージーもと。CVポート?それは薬剤用だという
ヘンリー。妻は4年前に乳がんで亡くなったがその後間もなくして
この子も体調が悪くなったのだという。頭痛の疲労に過敏性腸
症候群。悲しみが癒える過程かと思っていたが治らないままだと
いう。何人もの医者に診せたが原因不明。そこでネットで見つけて
居た所、病名が分かったのだとし、それで初めて症状に納得した
のだという。治療法がないので対処療法で・・と。ナタリーは退院
前に痙攣の原因を検査したいことを告げると、父親は検査には
慣れているので好きにしてくれと語る。

チョウはコナーにいよいよ王族のお出ましだと語る。王子は大勢
居るがキング・ダウニーもその一人だという。デヴィッド・ダウ
ニーは外科医界のロックスターで地球の裏側から神の手を求めて
やってくるのだという。コナーは噂の名医だなとし、どんなに
凄いのか是非お手並みを拝見したいという。

●コナーの元にオペ室の準備が出来たとマギーは告げる。
患者は旦那が奥さんによって脇腹をさされた人だとすると、
チョイは結婚カウンセラーも呼ぶかと語る。

●患者メイソン
メイソンの事をウィルが見るが遠くから患者の姿を見てチョイ
がやってくる。メイソンに対して痛みはいつからなのかと問う
ウィルに対して、チョイはメイソンを見て
「誰がこいつを入れた!」と告げ、メイソンはチョイに対して
「誰がこいつを医者にした!」という。ウィルは一瞬緊張するが
その後二人が仲良くハグするのを見て知り合いなのかと語る。
海軍で同じ空母に乗っていたのだとし、彼はメイソン兵曹長だ
という。チョイに対して少佐に会えて嬉しいという。いつシカゴ
に来たのかと問うと、2年前に退役したのだという。シカゴ・メッ
ドに来たのであれば俺が診るよと語る。どうしたのかと問うと
釣り針を飲み込んだ感じなんだという。

ウィルはナタリーの元にいく。
今日から復帰なのかと問うとお帰りと声をかける。
オーウェンは?と問いボクが作ったモビールは気に入っているかな
と言うと夢中だという。居なくて寂しかったと言うとナタリー
も戻れて嬉しいという。オーウェンと離れるのが初めてなので
心配していたが、居ない方がかえって愛情が深まるという。
ナタリーは居ない訳では無いとして少々険悪になると、そういう
意味ではなかったと語る。ナタリーも疲れているので苛立っていて
ゴメンと謝罪する。13歳の患者の病歴を調べているのだという。
ここにある資料は全て車の中に積んでいていつでも病院に来られる
仕様になっているのだという。気管支痙攣を起こして気管穿刺
をしようとして父親に病室を出てもらった途端に治ったのだと
いう。魔法みたいに・・と。ミトコンドリア病だとすると、
そういう診断をするのは胡散臭い場合が多いと語る。診断が付か
ない時にその病名を使うことがあると。筋生検の結果は?と問うと
まだその資料が見つかっていないのだという。ウィルは手伝うと
語る。

リースとジョーイは仲良くコーヒーを手にしてナースセンターに
やってくる。エイプリルは二人の光景を見る。
リースに対してエイプリルはあんたたち可愛いわねというと、
友達ですよとリース。リースはエイプリルがまた別のデートアプリ
(truesoulm8)を使っていることを指摘する。バーに行けば男が
大勢寄ってくるでしょと。エイプリルはアプリの楽しさを見せる。
この人のプロフィールネームは「風の街の勝者」だという。
そんな中、なんと見た事のある顔が登録されていることを知る。
ジョーイだった。プロフィールを見ると「温っかハートのクール
な技師」と書かれ、好きな事は「プロモントリーポイントから
シカゴの夜景を眺めること」だと書かれていた。リースはPCの前
から離れない癖に・・と告げる。マギーはそんな二人にネットから
離れて現実に戻して悪いが第5がお待ちだと語る。

●女性2人、エイミーとスローンが第5へ。
スローンは世界がぐるぐるしているという。エイミーが説明する。
中学からの親友で大学のルームメイトだという。泥酔している
ようだというと、ワイン2杯飲んだだけだという。ウチで環境学
の期末の勉強をするとし、野外調査に行っていたという。
エイプリルは膝が腫れていることに気づくと今朝シャワールーム
で転んだのだという。普通は大学で自分の限界を知るものよ
というリース。リースは一度もないと言うがみんなに睨まれて
一度だけよと語る。血液検査と点滴をして生食1リットルで
酔いを覚まさなければと語るリース。

■感想

ナタリーが出産して一ヶ月後のエピソードとなるのかな。
一ヶ月で働き始めることが果たして非情な母親に見えないか
心配している光景がある。

今回は救急車で運ばれてくるというシーンが少なかったような
感じも受ける。Dlifeの「コード・ブラック」を見ているからか
時間の流れがスローに見える。これってメイソンもシナリオの
中で、軍病院のことを言及する時にも言っていたな。

シナリオとしては医療問題を取り上げたもので、金では最高の
治療を受けられて外国の王子は治療を受けているのに、国の為
に尽くした海軍の兵士はCT検査さえも受けられないでいる。

更には人間関係に於ける嘘と真実を実益を交えて描かれた。

親子関係に於いては見た瞬間に親子が母親の死を乗り越え切れて
いないと分かるような関係。その関係形成を維持する為に父親が
過度に娘を病気・健康の件で束縛し、その娘もまた父親に生き
甲斐を持たすために意図的に自分に関わらせるような共生の状態
にあるのかなと思わせた。

エイミーとスローンの関係は、彼氏を巡る流れが発端。
何でも話せる関係だとされていたけど、実際にはスローンは親友
の彼氏とメトロに行き、マイルズとデートしていたことが判明
する。

恋愛関係に関してはなんとも言えないものが多いな。

■今回の患者

・ミシェル・ジョフィー (13歳)

担当したのは復帰まもないナタリーとエイプリル。

搬送中に悪化し気管支痙攣を起こしている患者。
父親から話を聞くと服用している薬がもの凄く多い。
メトプロロール、テグレトール、メタドン。ミトコンドリア病
だとネットで勝手に診断している父親。

病気の説明をしようとする父親にナタリーは説明しなくて良い
と制した所が笑えた。当然医師なら知っているのだろうのに、
この父親は娘のことなら何でも知っていると考えている。

呼吸器科が来ないのでこの場で挿管/気管穿刺しようとしたら
一瞬にして治った。

彼女の体を見ると胃ろうチューブ、CVポートが既につけられて
いて色々と薬やサプリメントを食の細い娘の為に補助食として
取り入れている。

●妻/母を4年前に乳がんで失っている。
それ以降頭痛、疲労、過敏性腸症候群を患っているという。
これだけ見ると単なるパニック障害みたいな感じも受けるけどね。

ミシェルの病歴が細かく書いて有るのでそれを調べると筋生検を
していない。そのことを父親に告げて是非すべき事を告げる。
ミトコンドリア病の唯一の診断基準だから・・。
ただ父親は検査したくないのか、主治医は麻酔の反応が心配だと
しているので・・と語る。
そして検査を進めると父親は、この病院に来たのは娘の発作が出た
時に一番近かったからで、再検査をして欲しいものではないという。

そうしている間にもミシェルは胃の痛みを訴えて倒れる。
脈はしっかりしているが瞳孔不同なし。アンモニアを気付け薬
のようにして目覚めさせることに・・。

チャールズがこの辺から関わり初めて来た。
歩く薬局状態で一度全ての薬を取り除いてやり直したいとのこと。
しかし父親はそれを言っても聞かない。
病気が生活の中心になっている。チャールズは気がつかれないよう
に観察する必要が有るとカメラを回すことになる。

●カメラで撮影
チャーリーは主治医に言わずに撮影したので問題だとされ、
倫理委員にかけられるかも知れない事をシャロンから言われる。

ただ児童虐待の可能性があること。救おうとしていることは確か
だけどそのせいであの子が心の病にかかっているのだという。
「親子関係は娘が病気になり、父が世話することで成り立ってい
る」
退院してしまったら手遅れになるということで、1%でも虐待の
可能性があるなら私たちは報告する義務があるということで
その確認をしようとする。
MRIの検査をするという名目で親子を引き離している間に
ミシェルから話を聞いていた。
かつて「ウィキッド」を見に行こうとした際に父は母の写真を
見て悲しんでいたこと。しかしその時ミシェルはたまたま目眩
がしてパパを呼んだ時に父は私の世話で忙しくして母の死の悲しさ
を失っていったとのこと。

●父親に事実を告げる時になった。
落ち込んでいる姿を見せまいとしたが為に気を使わせた結果
にこういう事態になっていること。心的要因がある可能性の
高い病気。これ以上治療と称して病気扱いして不適切な治療を
していけば命は危ないこと。児童保護局が二人を引き離した。
法律用語では「児童虐待」。調査が終わるまでは州が保護する
ということになる。

その後父親は警察官を引き連れて誘拐されたとしていたけれど、
医師ってもっと患者に対して権限が有るのではないのかな。
他のドラマだと医師の権力があるように思えるけど、未成年って
ことも作用しているのかな。

シャロンが説明すると警察も理解した。

・サウジアラビアの王族/王子

担当医はダウニー医師。
演じているのが「スキャンダル」のホリス・ドイル役の人だし
怪しさ爆発。アロハシャツ着て、突然リサとコナーが行う
腹腔鏡の手術に関して隣で見に来ていた。

ただこの人が金持ちの患者を連れて来るお陰で病院経営に一躍
買っていることは間違い無い。

コナーはお手並みを拝見したいとしていたし、コナーの手技を
見に来た時には助手にでもするのかなと思った。
何よりもコナーはサウジで油田労働者相手の治療を行い
アラビア語だって話せるので先方からのリクエストかにも
思えたんだけどね。

●ダウニーから呼び出されたけどお茶を入れにいっただけで
ホントに何だか分からないな。

ダウニーによると王子は肺動脈内膜摘除術をバイパス手術で
するという。肺動脈血栓症ではバイパス手術は一般的ではない
とするがダウニーは一般的ではつまらないと言い出す始末。

・メイソン兵曹長

痛みを訴えてやってきた患者。
当初はウィルが対応したけどチョイ先生の知り合いだということ
で彼が担当になる。

チョイは対応が37.4度と微熱。
CTスキャンとかやってこなかったのかと問う。
トイレに行くと便に血が混じっていると語っていた。
黒っぽいもので3ヶ月前からだった。
チョイはメッド式の握手だとして肛門に手を突っ込んでいた様だ。
それを見てCTを撮ろうと語る。

レントゲンの結果よくないことが判明。大腸の大きな塊。
遠回しに言おうとしていたけどメイソンは大腸癌だろうと悟って
いたようだ。軍人病院の医師からもそうじゃないかと言われて
いたという。ヴィッキー・グラス先生。
あの病院ではCTがなかなか取れないのが普通のペースなんだと
いう。

メイソンは来週の金曜日にハイチ地震の支援でカールビンソンに
乗っ仲間との懇親会があるのでそれだけは出たいという。

チョイはメイソンの主治医のグラスが早くにCTを撮っていれば
治療出来たハズだとして軍人病院まで乗り込んでいく。
私も頑張ったが許可が下りなかったのだとし、ここは患者が
多いのだという。

「予算も人手もなくても正当に扱うべきだ」(Choi)
「急ぎの患者の便宜を図るべき」(Choi)
「手順を無視して?」(Glass)
「ここに来られない急患の治療費は役所が支払うことになって
いる。だから彼をそっちに送ればとそういうこと?」(Glass)

既にグラスもそのことを知り最善の策をとっていたということ
なのね。先日の「コード・ブラック」でもガンの治療費が払え
ないので意図的に犯罪を犯して刑務所で治療するって人が居た
よな。

●腫瘍から大量出血

コナーが結腸切除をしてなんとか助けた。

●懇親会

チョイ先生が軍服姿で出席。そこにはメイソンの姿も有ったが
グラス医師の姿も・・彼女も海軍。”ヴィッキー”と呼んでと
いうことでチョイ先生と良い感じに・・

・大学生、スローン

エイミーと共にやってきたスローンという大学生。
リースとエイプリルが対応に出る。
この二人、アプリの友として急に仲良くなったか(笑)

運ばれて来た時には泥酔している感じだし、膝は腫れた状態。
野外調査に行ってきたとのことだが傷はシュワールームで転んだ
ようなことを語る。
血液検査、点滴、生食一リットルで酔い覚ましをしようとする。

●エイミーは医学部を志望しているらしく、リースから話を聞きた
がっていた。忙しいが為に夕べもメトロに行けず彼氏との関係が
怪しいこと。
リースによると
「経験上メディカルスクールと男は両立しない。嘘付きと浮気者
が多いから」。

そうしている間にもスローンは発作。アティヴァンを投与する
が一体どういうことなのか。彼女に依存症があるはずはない。
私たちに隠し事はないとするが、一晩でこうなるのは変だと
いう。

ジョーイが検査結果を持ってくると低ナトリウム血症、数値は119。
でも血糖値は74で糖尿病ではない。血中アルコールも陰性でどこ
が原因なのか。

●彼女は相当な水を飲んでいること。
エイプリルがブルーライトで照らしたらメトロのスタンプが腕
に押されていたので、彼女は親友の彼氏とメトロに行っていた
ことが判明。

結果としてドラッグではないかと疑うも病名はライム病。
野外調査でダニに噛まれたのが原因で抗生物質で治療すれば
早い内なら長期戦にはならないという。ただし親友との関係修復
には長期戦になるとして覚悟していた。

・妻に脇腹を刺された夫

サムとコナーが担当していた。
そしてマーティーも手術室に入っていた。

肝臓は無傷で横隔膜だけに穴が明いているという。
上手く刺したわねとしているけど、たまにドラマでは上手く骨
を折ったわねという。
ダウニーが入ってくるが一体何をしに来たのか謎。

■その他

・リースとジョーイ

イマイチこの二人の関係の流れがよく分からなかった。
関係をゆっくり進めようと言っていた為に、ジョーイとしては
リースとの関係を進める前に何かデートで練習でもしたかったの
かな。

デートアプリにプロフィールを登録していた。
これはエイプリルも同じだけど・・

・病院は何を優先する?

チャールズとシャロンが話し合いをしていたね。
私の疑問は病院が何を優先するかだとチャールズ。
しかしここがあるのは彼らのお陰だとしてダウニーの功績は
無視出来ないことを語る。まるで観光だとしていたけれど、
日本もそういう医療をやろうとしているんだよね。

・恋愛事情

チョイ先生とグラス先生が良い感じになっていた。
最初は三ヶ月前にCT検査をしていれば・・ってことで怒鳴り込んだ
けど、軍人病院では限界があることが語られた。
懇親会の時にグラス医師が海軍の人だと知って、決してメイソンを
そんざいに扱っていた訳では無い事を知り、二人は良い感じの関係
になっていた。

ジョーイとリースの関係は気になるけど、ジョーイって恋愛経験が
少ないので練習みたいな感じだったのかな。
あのプロフでデートしたのは一回でしかも最悪。ハイキングで蜘蛛
に噛まれたということで、リースとしては今回の患者のスローンの
病気の原因にたどり着いた。

サラとコナーはどうなんでしょう。サラって笑っている時は可愛い
のに・・・

■使用された曲

■出演者

Dr.ウィル・ハルステッド (Nick Gehlfuss) 内科医。弟はシカゴ警察
エイプリル・セクストン (Yaya DaCosta) 看護師。ブラジル出身
Dr.ナタリー・マニング (Torrey DeVitto) 小児科医。救急外来研修中
サラ・リース (Rachel DiPillo) 医学部の4年生
Dr.コナー・ローズ (Colin Donnell) 外科医、父とは長年の確執
Dr.イーサン・チョイ (Brian Tee) 感染症の専門医。海軍の予備役
シャロン・グッドウィン (S. Epatha Merkerson) 管理部長
Dr.ダニエル・チャールズ (Oliver Platt) 精神科部長
マギー・ロックウッド (Marlyne Barrett) 主任看護師

Dr.デビツド・ダウニー (Gregg Henry) “キングダウニー”、外科医
Dr.サム・ザネッティ (Julie Berman) 指導医
Dr.ヴィッキー・グラス (Cynthia Addai-Robinson) 海軍、メイソン主治医
Dr.マーティ・ピーターソン (Jeremy Shouldis) 技師?麻酔?
ジュリア (Cherie Cordero) 看護師

ジョーイ・トーマス (Peter Mark Kendall) 病院検査技師
ヘンリー・ジョフィー (Matthew Humphreys) ミシェルの父
ミシェル・ジョフィー (Maisie Merlock) 13歳、娘
メイソン (Laurence Mason) 海軍兵曹長
エイミー (Margaret Cook) 大学生、スローンの親友
スローン (Janelle Villas) 患者、エイミーのルームメイト
マデリーン・ガスターン (Jodi Kingsley) 児童保護局
タケット (Peter DeFaria) 捜査官
ファイサル (Iymen Chehade) サウジアラビア王子
— (Cesar Jaime) 救命士
— (Mahmoud Alshaikh) ボディガード
— (Reid Carpenter) ボディガード
— (Chad Rosenberg) ボディガード
— (Sarah Timms Chittaro) レポーター

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336