NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン10 第22話 敵討ち Revenge

リンク広告 テスト




第22話 敵討ち Revenge
「aka.復讐の誓い」

監督/James Whitmore Jr.
脚本/George Schenck、Frank Cardea

【Previously on ..】

アミールは撃たれる。マンテルに関する資料や報告書を
全て出せとギブスは命じる。マクギーは危険人物扱いに
なっていると。新しいモサドの新局長・オルリは犯人の
画像だとしてアメリカ出国時のものだという。イタリア
行きの飛行機だったが、ギブスはベルリンに行き先変更
だとトニーとジヴァに告げる。ジヴァはボドナーの
最終目的地がベルリンだという。父が教えてくれたとし
ダイヤモンドで資金を用意して有った。ジヴァの情報屋
のアダムと遭う。ボドナーからジヴァにビデオチャット
で父上の死を私のせいにしているとして反論し君の知ら
ないこともあるのだと語る。ボドナーは近くに居るという
ことで捕まえるがイランの弟のヤニフだった。オルリは
ヤニフが偽名を使いローマに行きの便に乗って兄のイラン
はアメリカに残ったのだという。ローマでどれだけの労力
を無駄にしたか分かっているのかと国土安保省のモロー
は憤怒。みんなを走り回せてアメリカのボドナーが油断
するのを待っていたのだというギブス。

【Story】

トニーは運転しながらジヴァの手を握る。
すると交差点で突然一台のSUVがトニーの車に衝突して
くる。トニーは気を失い、ジヴァも意識が薄れて殆ど無い
中、ボドナーが車にやってきてジヴァが持っていた大量の
ダイヤを奪って行く。手を引けと言っただろうというと
ボドナーは別の車でやってきた人物の車に乗って立ち去る。
ジヴァはなんとか腰に手を回してホルスターから銃を取り
出すと出来る限り銃弾を車に向かって発砲するのだった。

・病院
ギブスの元にヴァンスがやってくる。二人は無事だった
とギブスは告げジヴァによるとボトナーがぶつかってきて
ダイヤを奪われたのだという。看護師(Lyn Alicia
Henderson)がやってくると、退院に関しては整形外科医
がX線を見ていないが面会は出来ると告げに来る。

ジヴァは何をぐずぐずしているのかとしてボドナーは
アメリカにいることを語る。ヴァンスは落ち着くよう告げ
ると君たちは事故にあったばかりだという。ボドナーの弟
は連邦保安局が拘束したというと、ヤニフは勝ちがないと
し死んでもイランを裏切らないというジヴァ。トニーに
銃を渡しているギブスを見て私のは?と尋ねる彼女。
君のは州警察が捜査の為に押収しているし、銃は必要無い
という。医者が良いというまで現場に出るのは禁止だと
いう。
マクギーはギブスたちの元にやってくると、突っ込んでき
たSUVはフォールズチャーチに住んでいる子育てママの
名義で昨日自宅前で盗まれたものだという。逃走した車は
どうか?と問うギブスに対してジヴァが覚えていた特徴と
ナンバーから割り出したとして所有者の住所だと語る。

その所有者の家をNCISや強襲チームが取り囲む。
慎重に家を取り囲む中、ギブスは家の中の住民に呼びかけ
る。反応が無い為にマクギーが催涙ガス弾を室内に撃ち込
むと突然中から発砲が有り、外から家を蜂の巣にする。
暫くして室内に入ると運転手だと思われる人物が死亡して
いてボドナーではなかった。

トニーとジヴァは病院を抜け出しNCISへ。
トニーは今頃ラチェット婦長(映画「カッコーの巣の上で
原題:One Flew Over the Cuckoo’s Nest」)が怒っている
ぞという。ジヴァは彼女はそんな名前じゃなヵったという
と今は病院でじっとしている場合ではないという。みんな
は何処に行ったのか。トニーはマクギーに3度、ギブスに
2度電話したが出ないという。
トニーの電話に留守電が入っていた。保険外交員のハリス
からのもので自動車保険は下りない処か要注意人物リスト
に入ったという。車が大破したのが3度目だからとされる
と、コルベットは盗まれて事故り、マスタングはグルヌイユ
が爆破したので有って僕のせいではないという。

現場にダッキーとジミーが入って検視する。
ダッキーはこのゴロツキは指紋を消して居るという。
マクギーは免許証は偽造でカール・ミラー(Billy House)
という名前も恐らく偽名でしょうと語る。メモがポケット
に入っていたというジミー。

「ライシジャーに遭え 19 (See Reisiger 19)」

と書かれていた。ダッキーは人の名前か?と疑問に思う。
クスリのケースの中にはダイヤの原石が入っていた。ボド
ナーからの報酬だろうというギブス。まだどっさり持って
いるというマクギー。

■事件

イスラエルのモサド長官でジヴァの父親だったイーライ
がお忍びでアメリカにやってくる中で起きた殺人事件。
一緒にいたNCIS長官のヴァンス夫妻とディナー中に起きた
事件でヴァンスの妻・ジャッキーも巻き添えを食らって
殺された。
犯人はアミールかと思われたがモサドのイラン・ボドナー
が容疑者として浮上する。新しくモサドの暫定長官と
なったオルリからも情報提供される中、ボドナーはローマ
に居るかと思われたがジヴァは宝石を資産として隠して
いるのはベルリンであることから必ずベルリンに来ると
踏んで訪れる。
しかしいざ行くとそこに居たのはイランの弟のヤニフで、
彼がボドナーに扮してローマ行きの飛行機に乗り色々と
かき回していたことが分かる。ボドナー本人はアメリカに
いるのではないか。その場合、捜査権はNCISではなく
FBIや国土安保省となる為にモロー捜査官と調整しながら
捜査することになるが・・・

■感想

モサド関連の相手との対決はやはり怖いですね。
イーライとジャッキーが殺害されたのはシーズン10の
11話
のこと。
これまでにも地味にジヴァはボドナーの居場所を調べて
いたし、そして妻殺しの復讐として応援していた感の
あるヴァンス局長の後押しも有ったので、ジヴァとして
も心強いものが遭ったと思う。ジヴァはこれまでにも
孤軍奮闘で戦って来たし辛い宿命を背負って兄を殺して
いたりもするので本当に大変だろう。
それだからこそトニーのようなおちゃらけた人物が彼女
にも必要だ。
ジヴァさんはトニーに話題を合わせようとして努力して
いるのかかなりトニーの映画ネタにも付いてこられる
ようになった。もちろんイスラエルにだってアメリカ
映画は見られただろうけどね。

ボドナーが途中で色々とジヴァに接触してくる。
息子同然にしてイーライに育ててもらいジヴァとも兄妹
のような関係だったのに、殺すというところが理解出来
ないのだけど、よく考えると日本の殺人は4割以上は
全て身内・親族による事件なんですよね。幼児虐待に
於ける育児の問題の件数なども考慮すると、日本は身内に
対する相当厳しい現実が待っている!?

興味深いのは「足」と「手」がキーワードになっている。
足は取り分け「車」であり「手」はその名の通り「手」で
ある。トニーの車は破壊されてしまい3度目のこと。
ジヴァさんが車を貸してくれることになるけどたかが
物だとして一蹴していた。そして手については指輪の件
も含めて冒頭からトニーとジヴァがベルリンで結ばれた
ということを意味しているようにも思われる。

■捜査

冒頭でいきなりトニーとジヴァが良い雰囲気だった所を
ボドナーが車で突っ込んできた。これは前回のラストで
もぶつかられた衝撃シーンで終わっていたからね。
ギブスから「ベルリンで何があったのか」と問われるが、
やはり「手」を握っていた事からも二人の愛し合ったの
だろう。一緒にベッドで横たわり会話しているシーンは
遭ったよね。
その「手」に関しては、後にジヴァの今回の心情を表す
ものとして指摘されたところもある。彼女は身体の傷を
ガマンしてまでサンドバッグを殴っていたからね。

ボトナーの上手いところはローマにもベルリンにも行かず
にジヴァがダイヤをアメリカに持ってくることを待って
いたのである。

ただ2台の車を使いトニーの車に突っ込んで、逃走して
いるのでそれだけ割り出される確率は高くなる。

1台目は盗難車。
2台目は住所が分かる車を使っているという。

ジヴァが意識が薄れる中でも正確に車に発砲していたけど
残念ながら相手を仕留めるにはいかなかった。
ただこの一件でボドナーが犯人かどうかの線引きはついた
ような感じがする。

ここで2つの疑問が浮かび上がる。

1)
2台目の車の登録車の家に行って発砲する光景。あの場面
でもの凄い銃弾が飛び交った。カール・ミラーという人物
だが彼も指紋もDNAも顔認証にも掛からない人物。果たし
て特定することは可能なのか。

2)
謎のメモも残していった。
「ライシジャーに遭え 19」

ダイヤもまた回収されたのでこの男性とボドナーの繋がり
も発覚する。

・トニーとジヴァも後を追う

怪我したトニーとジヴァは捜査から外される。
トニーは鼻を怪我していてジヴァは全身が痛そうだった。
二人してアビーの元に行き、みんなが何処に行ったのかを
聞き出す流れが面白い。

「心配したよ・・・グループハグ」(Abby)
「モーレイ夫人」(Tony)
「鼻を失いかけたが良かった行きが出来てた」(Tony)
「フェイ・ダナウェイと我らがジャック」(Tony)
「知ってる。チャイナタウンでしょ」(Ziva)

嘘のつけないアビーが必死に誤魔化していたところが
可愛い。

「ギブスとマクギーは何処に行ったの?」(Ziva)
「知らない」(Abby)
「忘れるな、ジヴァは拷問するのがうまいぞ」(Tony)

・トニーとジヴァも合流

ギブスたちが追っていった犯人の家の持ち主はギリスと
いう女性。金払いの良い人でイランの姿は見ていないと
いう。ただ車庫の前でバイクをいじっていたということ
だった。

ただジヴァも遺体やライシジャーのメモについては知ら
なかった。

インターポール、イスラエル総保安庁、FBIのデータベース
にもライシジャーの名前は出てこない。

■それぞれの捜査

・ダッキーの調査

何と言っても今回は少ない情報から容疑者の場所を
特定しなければならなかったし、そもそも死体の情報
も分からない。

顔認証を避ける為に整形している。
その為「ジョーン・リヴァースやシェールよりも整形
手術を受けている」
とジミーは語る。
耳の大きさまで変えていること。近年では指紋よりも正確
に分かるとしていた。

歯は全てインプラント、肩のタトゥーはケイしている。

・マクギーの調査

ミラーが借りていた家のライフラインの利用状況を調べる。
過去半年の電気・ガス・水道の使用量のグラフ。
3ヶ月前から急激に増えていることから住んでいる人物が
増えたことが判明。

指紋やマグカップはボドナーのもの。
ディクチオステリウム・ディスコイデウム
(Dictyostelium discoideum)という粘膜の一種で育つのに
二ヶ月かかる。その程度はボドナーもここに居たという
ことになる。更に採取した指紋の中にアミール・マンテル
の指紋が採取出来る。車のトランクに突っ込まれていた
モサド工作員。

■捜査の進展

・指紋消しの男のバイクがユニオン駅で発見。

・指紋消しの男はシリコンプロテーゼを使ってオトガイ
形成術をしている。シリコンプロテーゼはリコールに備え
て登録義務のあるもの。シリアルナンバーから外科医の
名前が判明。
フィールディング医師によるとクライヴ・ゴダード
(生年月日1977/10/12)で南アフリカのパスポートの持ち主。
ブラッドダイヤモンドの密輸に関わっている傭兵。
4年前にアンゴラで姿を消した。

・アラシュカズミとの接点。

・ジヴァを舐めすぎた?ボドナー
罪悪感とは言っていたけど頻繁にビデオチャットでジヴァ
に連絡していたよね。背景を調べたマクギーは落葉樹の
状況から3、4週間早いニューヨーク市。ビルが発している
熱、地下鉄猛のせいでニューヨークは他よりも温かい。
街灯はリンカーン記念館を設計したヘンリー・ベーコンが
1907年セントラルパークの為にデザインしたものだと
していた。

タイムリーのネタだけど、今日の独立記念日(2019年7月
4日)にトランプ大統領はリンカーン記念館で演説してい
る。

・マクギーの間違い

マクギーは何処か腑に落ちないために調べていた。
マンテル、クライヴ、ボドナーの接点はマンテルとゴダー
ドが南アフリカの傭兵だった5年前にモサドはテロ対策の
一貫でブラッドダイヤの動きを追っていたことがあると
される。
そして何よりもボドナーが通話してきた背景は単純に合成
したもの。

・アフリカーンス

「バイオ・ダンケ!」とダッキーがアフリカーンスという
南アフリカの公用語を話していた。”どうもありがとう”
という意味だけど、ドイツ語みたいだね。ダッキーは南ア
フリカの大学で一夏、解剖病理と臨床病理の法医学を
教えていたので知って居た。ドクトールアイエントと学生
に言われていたという。意味は「カモ/ダッキー先生」。

「ライシジャートに遭え19」はアフリカーンスで考える
と、

・ライシジャーはライシガーの発音。意味は航海者ボイ
ジャー。
。SEEは海・・・オーシャン。

「オーシャン、ボイジャー、航海者、19」を総合して
そういう名前のリベリア船籍が19番埠頭より南アフリカ
ケープタウンに行く事が分かる。
“マクドジ”と呼ばれてしまったものの、汚名を晴らす事
となった。

■クローズド

ジヴァさんが一人船に乗り込んでいった。火を付けて
船員たちの気を引いた隙に船内に入りボドナーを見つける。
ただどうも時間稼ぎなのかすぐに銃で殺すようなことは
なく結局肉弾戦によってジヴァはボドナーを階段下に
落下させた。

復讐は完了だが、最初に疑っていたイラン諜報部の
アラシュ・カズミ殺害(S10E11)に関しては否定していた。

ボドナーはイーライがイスラエルを裏切りイラン側に
付いてモサドや祖国を売り渡そうとしていたので殺さ
ざるを得なくなっていたと語る。

■その他

車に拘りがある人は多いが・・

・トニーの車

これまで3台車を潰しているという。
保険外交官のハリスと電話で言い合っていた。
途中アビーを秘書にしてトニーはハリスとの取引を
有利に進めようとしたがダメだった。

このドラマ・フォード社提供なのかフォードの車がやたら
多いんだよな。クラシックカーにしても色んな型番の
マスタングが出てくるのでどれがトニーのだったのか
覚えてない。

1) コルベット・・・盗まれて事故った S2-21
(逃走する車をテレビで見ると1990年型Chevrolet
Corvette ZR-1)
https://itawind.web.fc2.com/kaigai/ncis_navy/ncis_navy221.htm

2) マスタングはグルヌイユが爆破した S5-01
(1Ford Mustang、トニーが乗っていると思われたが・・)
https://dramatimez.sakura.ne.jp/blog/?p=3539

・マクギーの車・ジヴァの車

トニーは自分の車が潰されたのでマクギーに迎えに来る様
上から目線。マクギーの車(キャデラック)は飲食持ち
込み禁止だとしてトニーに怒っていた。
ジヴァがトニーに車を貸すとして自分は走って帰るという
ジヴァ。

・アダム・エシェル

ジヴァの情報提供している男性・アダム。
現地語で会話している光景があった。
「トダーシュマ・ダクタ」「トベヤヒ ボートカン アダム」
「ラピード」<-ここでジヴァは笑っていた。

■Used songs

・NCIS Theme by Numeriklab

■Cast

リロイ・ジェスロ・ギブス (Mark Harmon) 主任
アンソニー・ディノッゾ (Michael Weatherly) “トニー”
ジヴァ・ダヴィード (Cote de Pablo) 元モサド、NCIS
アビゲイル・シュート (Pauley Perrette) “アビー”分析・解析
ドナルド・マラード (David McCallum) “ダッキー” 検視
ティモシー・マクギー (Sean Murray) コンピュータ
ジミー・パーマー (Brian Dietzen) ダッキーの助手、検視
レオン・ヴァンス (Rocky Carroll) NCIS局長

イラン・ボドナー (Oded Fehr) モサド
オルリ・エルバス (Marina Sirtis) モサドの新長官(仮)
アダム・エシェル (Damon Dayoub) ジヴァの情報屋
ヤニフ・ボドナー (Iddo Goldberg) イランの弟
トム・モロー (Alan Dale) 国土安全保障省
Dr.マディソン・フィールディング (Maxwell Caulfield) 整形外科医
Mrs.ギリス (Stephanie Childers) ゴダードの家主
(Lyn Alicia Henderson) トニーらが運ばれた病院の看護師
(Cliff Simon) 船長
ジェシカ (Sofia Mattsson) マディソンの病院のスタッフ
(Ashlee Fuss) 整形に来た客、トニーと会話
クライヴ・ゴダード (Branden Cook) 運転手、射殺
(Jonathan Davila) Dock Worker
カール・ミラー (Billy House) 偽名、運転手
ジャッキー・ヴァンス (Paula Newsome) 写真のみ
アミール・マンテル (Dove Meir) モサドの工作員(回想)
ハリス保険外交官

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336