シカゴ・メッド Chicago MED S2 第21話 宿命 Deliver Us

リンク広告 テスト




第21話 宿命 Deliver Us

監督/Holly Dale
脚本/Jeff Drayer
Joseph Sousa

【Story】

◆シカゴ総合病院

ロビンは精神科の診察を受けることに決める。コナーは
付きそうというが、一人で大丈夫だとし、これでも精神科
医の娘である事を告げる。治療を受ければ元に戻るとコナー
は語る。

・チャールズの元にサラが行く。
ロビンのことは今聞いたとしお気の毒だと語る。クォン先生
からレジデントとして予診を担当するように言われたので
最良の治療を受けられるように努力するとサラはチャールズ
に約束する。君には全幅の信頼を寄せているのでクォン先生
に推薦したことを語る。

・ジェイはウィルの元に来る。
警察官のジェイは兄のウィルに今夜のアイスホッケーの
チケットが二枚余っているので行くか?と尋ねる。
リンクから遠い席だろうと考えて氷の冷気を感じることが
ないと感じるが冷えたビールで我慢しろとし、19時に迎え
に来るという。

●患者・ゲイル・パークス

マギーはコニーに対して心不全の患者・ゲイル(Cassie Beck)
が第三に来ると語る。
救命士のコートニーによるとゲイル・パークス、妊娠21週目。
起き抜けに倒れたこと。胎児は安定。ママは呼吸困難で
飽和度92。徐脈で低血圧だという。看護師ドリスがサポート
する。

少し遅れて夫のマット(Madison Dirks)が娘の
レア(Callie Brook McClincy)と息子のサム(Joshua Satine)
を連れてやってくる。
マットによると前回流産したので大事をとって寝ていたこと。
しかしトイレに立った時に倒れたという。
コナーは呼吸音に左右差はないが微弱で雑音がある。
「胸部レントゲン」を撮るというと、ゲイルは苦しそう
に話をする。「赤ちゃんの害になることはしないで」と。
放射線は最小限で胎児は鉛のエプロンで守るというコナー。
「娘に適合する子なのでリスクを冒したくない」という。
レアは私が【白血病】だとし、助ける為に産むのだという。

マギーはナタリーと会話する。
姉を生かす為に産まれてくる赤ちゃんなんて・何度も骨髄
を提供していずれ腎臓や肝臓も・・でも自分の子が白血病
なら何でもするだろうことも告げる。

●患者・ベン・ウォーカー

ナタリーはベン(Bud Wheeler)の診察をし、ウィルに報告
する。【ST上昇型心筋梗塞】でアスピリンで落ち着いたの
でベータ遮断薬を投与しカテーテルで処置するという。
安定しているので心配はないとのこと。ウィルはベンに
対してナタリーは優秀な医者なので安心だというと、ベン
は「ありがとう、カワイ子ちゃん」という。

どうして年寄りってカワイ子ちゃんって言葉を使うのか?
とナタリーはウィルに問う。ボクは最近呼ばれなくなった
というウィル。それならかわい子ぶってみたらどうかと
ナタリー。武骨が魅力なのに喰っていけなくなるという。

二人の会話を見た後ニーナがウィルの元にコーヒーを持って
くる。どうしてコーヒーを持って来たのかニーナも分から
ないとするが君は思いやりが合って可愛いからだという。

・マギーとチョイはストール医師を目にする。
もうリストの提出日なのか?毎年お馴染みの日。ストール
が推薦リストを出す日で医学生を脅す。
「ここのレジデントになりたきゃ最後に私を唸らせてみろ!」
と。チョイはそれを聞いて海軍教官を思い出すよと語る。
ストールの指導の中には医学生のノアも居て、その様子を
エイプリルは遠くから見守る。

●患者・ロビン・チャールズ

サラは予診を任されている為にロビンとの関係を築く為に
色々と話をする。最近どんな様子なのかを尋ねて、次に採血
を行い基本検査をする。そして結果が出た後にもう一度
ここで話をして改めて診断をするという。

■感想

職場からアップしているので上手く出来るかなぁ。
失敗していたら再度帰ってからアップします。

今回もまた見ていると濃い内容でした。

基本的に【親と子供】の問題を扱ったケースで、それと似た
ケースも中には有り、ノアとエイプリルのような姉弟の
関係がそれにあたる内容で有ったり、ジェイとウィルの兄弟
関係、そして師弟関係のようにして教訓をたたき込むチョイ
先生とノアのケースも親子の関係のそれに似た様な流れが
有ったかと思います。

感情的な問題もドラマの中には多く含まれ、愛する人への
複雑な感情のもつれが有ったかと思えば、親子関係に
対する愛情と異性の恋愛関係に於ける愛情の対比なんかも
含まれて興味深い内容となっていたような印象です。

愛情も含めた【感情の問題】は、人によって感情の度合い
とか精神状態が変わってくるので色んなケースへと繋がって
見えますね。

今回は感情の度合いがかなり過度なケースが多かったです。
例えばパークス家の問題は白血病の娘を助ける為に骨髄
移植を前提にした赤ちゃんを産もうとするケース。良い
側面から見ると母親は子供のために自分の身を犠牲にしよ
うとする流れがあるが、悪い側面として赤ちゃんは娘の
為に産まれてくる事実が有り、自分が亡くなれば残された
人の消失感は相当大きなものとなるでしょう。

そして今回は何と言ってもロビンとチャールズの親子関係
の問題が浮上する。下で言及しようと思っているが、
ロビンは幻聴が聞こえ始める。チャールズ自身が過去に
患者の件で心を壊した時期があり、それで家族はバラバラ
になっていた訳だけど実際にはチャールズの娘への感情は
過度なものがあり信頼を失う程のものとなっている。

このチャールズ親子の問題が示す流れが今回のテーマを
最も象徴しており、【感情とコントロール】の問題として
描かれている。このコントロールというのも自分が自分の
感情をコントロールするものだけに留まらず、自分が自分の
都合の良い道筋を描くために他人をコントロールするに
至るものがあるということだ。
ノアは他人に取り入るのが上手いとされたが、ある意味
ではそこには甘えの構図が有ったりして、心理学的には
幼少期の反動などの問題を抱えているのではないかと。

そしてシャロンが核心を突いていたが、サラをロビンの担当
医のクォン医師に推薦したのは傀儡する為の行動である
ことも容易に想像がつくもの。
チャールズは一度に娘ともサラからも信頼関係を失ってしま
った。これを回復するのは難しい感じがするが、果たして
どうなっていくのか。

この件はチャールズも過去に患者への判断を見誤り自殺
させてしなせてしまった事がありトラウマになっているん
だよね。

■今回の患者

・ゲイル・パークス

今回唯一救命士(コートニー)が運んで来た患者。
妊娠21週目の二児の母親で、心不全の可能性が運ばれてくる。

この患者は「呼吸」「脈動」「血圧」に問題を抱えている。
胸部レントゲンを撮ろうとする時にもお腹の中の赤ちゃん
を過度に心配する姿が有り、後々話を聞くと娘のレアの
骨髄を移植したいが為に無事に赤ちゃんを産みたいと考えて
いる。
この家族が振り回されているのは娘の白血病であり赤ちゃん
の容体である。身を犠牲にしても産もうとしている光景は
美談にも感じるが逆に恐ろしい側面も有る。

胸部レントゲンなどの検査をした結果、呼吸機能に問題は
ないが心不全を起こした状態だという。
前回の妊娠で【周産期心筋症】になっている。
赤ちゃんの妊娠期間もあと3週間お腹の中に居れば早期出産
が出来る。
このケースの場合中絶するのが一番安全だがリスクを承知で
産もうとしていてその意思は変わりそうにない。

心臓を強くする薬を投与。血圧が上がれば呼吸が楽になる
とのこと。

・急変

酷い徐脈になる。酸素供給にパットで体外ペーシング。
セントラルラインをナタリーに取ってもらう。毎分60回
電気ショックを与えて鼓動を維持すること。

しかしそれを付けても心室性期外収縮が起きているので
いつ心不全になってもおかしくない。

・手術を選択するのかどうか・・

エルバドという心臓の動きを補助する機械を入れる必要が
ある。それは心臓を止めるので胎児にはリスクが高い。
または手術しないで挿管して装置に繋ぐしかなくなる・・
それは植物状態になることを意味していた。
それでも母親は植物状態でも赤ちゃんは生きられるのかを
尋ねていた。母強しって感じですが確率は低い。
この時点ではその時が来たら挿管してと語っていたけど、
恐らくレアが話したことで心が揺らいだのだろうね。

・手術へ

なかなか本人が承諾しなかったがナタリーが提案した別の
手術方法であるオフポンプでの手術。
心臓を止めないで胎児に影響を与える抗凝固剤は使わない
方法。確率は低いし万が一の時には母胎優先になる。

怖いのはコナーが手術の手順を手術室で説明するシーン。
「今から二分後、見た事も無い程出血する。」(Connor)

コナーは人工心臓を装着しハーパー医師が大動脈にカニュ
ーレを挿入。そしてオペ看護師には吸引をひたすら続けて
くれという。

結果として赤ちゃんは助からずゲイルが助かった格好と
なる。

※レア

3歳の娘。白血病で化学療法を1クール終えている状況。
髪の毛は抜けていて、
レアは母親のことが心配。特に自分の為に犠牲になろうと
していること。妊娠すると二人分心臓の鼓動が始まるので
母胎の心臓にも影響が出る。
更にレアは自分の為に弟のサムが無視されていると感じて
いる。ナタリーはそういう心境を母親に話すよう語る。

・ベン・ウォーカー

ナタリーが担当する患者。
ST上昇型心筋梗塞と診断を下した患者で、アスピリンで安定
させたのでベータ遮断薬を投与し、カテーテルでステントを
入れようとする流れがある。

・急変

心室頻拍、脈の微弱、そして心停止へと進展してしまう。
血管造影して二カ所に小さな病変が有り処置している。
パドルをあててエピネフリンを投与。

心室細動へ。
更にアミオダロンを投与する。冠動脈だけが問題では無か
ったことをウィルが口にする。

心停止へ。
死亡時刻10時32分。
結果としてニーナから渡された病理解剖報告書を見ると
心筋梗塞ではなく【広範性肺塞栓症】でありナタリーの誤診
で有ったことが判明する。急変したのでヘパリンを準備する
間もなく移動して判断は間違いではなくそれでもダメだった
ことは元々助からないとのこと。最善は尽くしたとウィルは
言うけど明らかな誤診だよね。

・ロビン・チャールズ

ロビンはいよいよ精神科の診察を受けることになった。
基本クォン医師が担当医となるがサラが予診を任される。

因みにロビンは1991年11月24日生まれの25歳。

サラは今後検査工程をロビンに話す。
問診して採血などの基本検査、そしてその結果を交えて改め
て問診すると。

「今日ここに来た理由」
「私に逢う事に同意した理由」
など・・

・チャールズはサラに接触

チャールズは心配のあまりサラにロビンの様子を聞こうと
する。守秘義務の壁。臨床像を検討中とだけ聞かされる。
チャールズとしてはヒントを与えたいところなんだろうね。
「アパートは調べたか?」
「家族の病歴や生い立ちも重要だと。」

臨床的見地から
「家は内面の現れだ」(Daniel)

・家を調べる

部屋はネズミ捕りだらけ。怖すぎた。
ロビンが退院になりそうな感じだったのでチャールズは
急いで家を調べた結果となるが、サラは一度ロビンに部屋
に戻り状況整理をするよう求めるものだった。
二人のガードマンに連れて行かれたロビン。

・マーク・デイン

40歳男性。
ストールが医学生を連れて回診して回る中、この患者が
不整脈で意識消失して運ばれて来たという。しかしまだ
心房細動が有るとのこと。そこでいつ頃から不整脈に
なったのかが課題となる。

心房細動が始まったのが48時間以内ならば電気ショックで
戻るが48時間以上ならば、それを行うと血栓が飛び散り脳
に達してしまう。

・困った時の***頼み

ノアはチョイ先生の元に擦り寄りレジデントのポストが
かかっている件でストールの課題がわからないことを語る。

分かって居る条件が・・
「40歳男性」「病歴は無い」「家族の情報もなし」

チョイ先生は患者自身と会話して病状を引き出すことを進言。
カフェイン、アルコールの摂取、過敏反応、発汗、手の震え
はあるのかどうかなど・・この様な症状があれば甲状腺機能
亢進症。

「ここに志願したなら中途半端なことはするな!」(Ethan)

・聞き取り

感染症にかかったこともなければ血圧異常もない。
コレステロールのコントロールもしていて食事と運動に
気を付けている。バイタルデータの管理はスマホでやって
いるということで、かつてコンシュエルジェ医療をアプリ
でしようとしていたノアにとってはお手の物だったのか。
フィットネスアプリを元にノアは不正脈が始まった時期を
推測。除細動を提案。正しければサイナスに戻り間違いなら
ば心電性脳梗塞を起こす。結果としてノアは間違って
いなかった。

エイプリルとチョイ先生のやりとりが良かったね。
「お礼を言って欲しいの?」(April)
「オレの言った通りだろ」(Ethan)

■その他

・気になること

・ストール医師

相変わらず親分風を吹かしているのがこの医師だ。
「ここのレジデントになりたきゃ最後に私を唸らせてみろ!」
という口癖がありマギーからモノマネされていた。

医学生といえば確かクラークもそのレベルだけど、まだ
その段階にはないのかな。
ノアがストールの指導の元、マーク・デインの診断を
下していくことになるけど、ノア以外の医学生は何もしなく
て良いのかな。

・ノアの甘え

次男坊は甘えん坊。いや長男だと思うけどエイプリルという
姉が居るので二番目以降の子って事だよね。
彼はエイプリルにチョイ先生が厳しいと語っていたけど
厳しいことなんて全く無かった。

「ノアは素質が有るが人に頼って楽をしようとする。
周りが甘やかしたら折角の潜在能力も発揮出来ない」(Ethan)

・嫉妬・心配・固執

・ニーナはナタリーを妬んでいるのか。
報告書があまりに早くニーナから直接ナタリーに渡された
為にウィルが話をつけることに。ニーナは当初はそれを
否定したが最後になってそれを認めた。

ただ彼女が言った事も一理ある。
「失敗から学ばない人は同じ事を繰り返す」(Nina)

・チャールズはロビンを心配する。

チャールズはサラに無断で電子カルテにアクセスしている
光景が有った。サラはそれを知ってシャロンに相談する。

「娘の治療に関わりたくて私を担当させたのか?」(Sarah)
「良いように利用されている気がする。操り人形のようだ」
(Sarah)

・チャールズは自ら行動を起こす。

コーヒーを飲んでいる最中に彼女の自宅アパートの鍵を
バッグから盗み取って部屋を調べる。なんとその部屋は
13金のジョイソンもビックリの猟奇的なものだったね。
チャールズが心配しているのは自傷行為。
サラは正しい判断で行動を起こそうとしていたが、彼が
余計なことをしたせいでロビンは強制入院の形になって
しまった。

・恋愛状況

先日ノアとサラが感じよくなったシーンが有ったけど
結局サラはジョーイとは別れたのかな。
医師と検査技師では上手くいかないという。
「理解出来ない命を預かるというプレッシャーに・・」(Noah)

この言葉はノアがサラに言った言葉だが、実際にはウィル
とニーナの事を指しているのかな。

・部屋とYシャツと私とナタリーとニーナとウィル。

この人たちに言及しない訳にはいかないか。

ナタリーとウィルは「仕事だけの関係」なのか。
ウィルはそう割り切ろうとしたが、ナタリーはそうは思って
いなかった様だ。
「仕事だけじゃない。一緒に笑ったり話したり特別(な関係)」

まさかナタリーがそういうとは思わなかった。

ウィル先生も煮え切らない態度。
ニーナという彼女が居ながらもナタリーを意識しまくって
いたのは確かだ。ただ同じ職場で働いている以上は顔を
合わすことか多いからね。サラとジョーイが別れたことを
考えればニーナとウィルが別れるという可能性は高いの
だけど、それでもまた簡単に結ばれるようではアメリカン
医療のドラマではない(笑)

ウィルはニーナと一緒に過ごすことになりジェイは兄に
降られた。それを知ったナタリーはジェイに付き合って
アイスホッケーを見に行くことになる。

■使用された曲

■出演者

シカゴ医療センターの救急外来

Dr.ウィル・ハルステッド (Nick Gehlfuss) 内科医。弟はシカゴ警察
エイプリル・セクストン (Yaya DaCosta) 看護師。ブラジル出身
Dr.ナタリー・マニング (Torrey DeVitto) 小児科医。救急外来研修中
サラ・リース (Rachel DiPillo) 医学部の4年生
Dr.コナー・ローズ (Colin Donnell) 外科医、父とは長年の確執
Dr.イーサン・チョイ (Brian Tee) 感染症の専門医。海軍の予備役
シャロン・グッドウィン (S. Epatha Merkerson) 管理部長
Dr.ダニエル・チャールズ (Oliver Platt) 精神科部長
マギー・ロックウッド (Marlyne Barrett) 主任看護師

Dr.イシドール・レイサム (Ato Essandoh) 医師・外科医
Dr.ニーナ・ショア (Patti Murin) 病理学
Dr.ジョーイ・トーマス (Peter Mark Kendall) 臨床検査技師
ジェフ・クラーク (Jeff Hephner) 新しい医学生、元消防士
ノア・セクストン (Roland Buck III) エイプリルの弟・看護師
Dr.ロビン・チャールズ (Mekia Cox) ダニエルの娘、感染症科
Dr.サム・エイブラムズ (Brennan Brown) 脳神経外科
Dr.マーティ・ピーターソン (Jeremy Shouldis) 麻酔医
Dr.レア・バルドヴィ (Shay Rose Aljadeff) 研修医

ドリス (Lorena Diaz) 看護師
ベス (Mia Park) オペ看護師
ディーナ (Amanda Marcheschi) 看護師
レア (Tonray Ho) 看護師・アジア系
ケイラ (Adithi Chandrashekar) 精神科看護師
セザール (Cesar Jaime) 救命士
コートニー (Courtney Rioux) 救命士
Dr.オードリー・リー (Janelle Snow) 産婦人科医
Dr.ジョセフ・ハーパー (Michael McCracken) 心臓血管

ジェイ・ハルステッド (Jesse Lee Soffer) シカゴP.D、ウィルの弟
Dr.スタンリー・ストール (Eddie Jemison) 指導教官
ゲイル・パークス (Cassie Beck) 母親、妊娠21週目
マット・パークス (Madison Dirks) 父親
レア・パークス (Callie Brook McClincy) 娘、白血病3歳
サム・パークス (Joshua Satine) 息子、弟
ベン・ウォーカー (Bud Wheeler) ST上昇型心筋梗塞
マーク・デイン (Chris Corres) 40歳、不整脈の患者
スティーヴ・ブライアント (Ian Bonds) MD

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336