ワンス・アポン・ア・タイム Once Upon A Time シーズン4 第10話 アナのネックレス Fall

リンク広告 テスト




第10話 アナのネックレス Fall

監督/Mario Van Peebles 脚本/Jane Espenson

【前回までのあらすじ】

エルサは彼女(イングリット)は私たち三人になりたいのだとエマに
告げる。彼女の言う完璧な家族ということねと。アナとエルサに知ら
せたいという母は私たちが海に消えてもこれが届けば・・とボトル
に手紙を入れて流す。雪の女王はゴールドに対してあなたの計画は
分かっているとし、短剣から自由になる事だという。雪の女王は
鏡は完成したこと。ストリーブルック全体に呪文をかけることが
出来ると語る。

【ストーリー】

ゴールドは雪の女王に対してお見事だと語る。
君の呪いが町を覆うのは数時間かと問うと、日没だと語る。日没
には町全員の闇を引きずり出すというゴールド。それだけじゃない
という雪の女王は互いに攻撃し合うとし死ぬまで攻撃するのだという。
全員ではないとし、君は望み通り娘さんを君に入れるだろうが、
エルサとエマに相当嫌われているし、そこには私も居るので
不死の体で起きている間一瞬たりとも休まずに君を殺そうとし続ける
という。すると雪の女王はゴールドの話は聞く価値がありそうねと
語る。何が望みなのかと問うと、出て行く事だという。それなら約束
したでしょというと、そうだが君の契約には残念ながら穴が有った
という。私の妻と孫も呪いで殺されるのだという。だから二人も私と
共に町から出すのだと語る。二人を見逃せば私も見逃すとし、契約する
かというゴールド。雪の女王は旅を楽しんでとして契約することを
示唆する。

時計台11時20分。
エルサは双眼鏡で呪いを見て居た。ベルが言った通り叔母(イングリッ
ド)がホントにやったようだという。「割れ鏡の呪い」だと。
デビッドやメアリーは鉱山の坑道や蔵に逃げようというが、レジーナ
は魔法だからどんな壁も関係無いとし逃げられないのだという。
猶予はと問うと日没だという。日が落ちると町全員が互いに攻撃し出す
こと。町を抜けだそうというエマ。

氷の壁の前にやってくる一行。
レジーナは随分と力任せな解決だという。デビッドが氷の壁によじ登
って乗り越えようとしていた。しかし行こうとすると氷が益々彼らの
前に立ちふさがる。無理そうだとする中、エルサは氷のヒビの間
からアナのネックレスを見つける。無くなったと追っていたのに奇跡
みたいだというエルサ。エマは思い出に命をかけるものじゃないと語る。
しかしエルサはこれはお告げだとし、私たちが勝つのだという。
手分けして町中に呪いのことを伝えてとし、大事な相手と離れるように
語るのだという。フックには船で脱出出来るか確認して欲しいというエマ。
レジーナはロビンのキャンプに行くという。エルサとエマはゴールドに
相談するとのこと。エルサは私とエマは呪いにはかからないとし、
このリボンは雪の女王が妹にしたい私たちに付けたとし、呪いは
かけないハズだという。ヘンリーはレジーナが連れて行くとのこと。
エマは私と居た方が安全だというが、ヘンリーはエマに大丈夫だとして
自分の使命を全うして欲しいという。

ゴールドの店へ。
ベルに何か有ったかと尋ねると、呪いを止める方法は無さそうだと
いう。しかし呪いに襲われてもその効果を消す魔法を作る方法が
あるかも知れないという。文献によると以前呪われたことがある人が
居ればその人を使う方法が有るという。その人の髪の毛から呪いへの
対抗薬が出来るという。ワクチンみたいに・・。私の妹・アナだという
エルサは私を壺に入れたのはアナだが叔母に聞いても信じなかったが
きっと呪いにかかっていたのだという。アナが居れば魔法を作れる
という。しかしアナは見つかって居ないというと、追跡の魔法が有れば
見つけられるでしょとして、これはアナのネックレスだという。
エマは先ほど言ったことを訂正する。これは鏡の欠片が入っているとし、
勤続の中に食い込んでいるというベル。アナが見つかれば町の人を
助けられるとのこと。妖精たちに声を掛けてここの地下で女王の呪い
の対抗薬を精製してもらうというベル。しかしエルサは時空を飛び越
えて来たこと。アナが消えたのは30年前だという。でもあの子は生きて
いるとし現在何歳になっていても構わないという。ウチらはアナを
見つけようというエマ。

— 昔 —
アナとクリストフは突然イングリッドの氷の魔法から解かれる。
壺が無くなっていること。叔母さんがエルサを誘拐したのだという。
アナはあれは魔法のせいだとエルサに説明しないといけないと
いう。クリストフは金の麦わらが落ちていると言うと、ルンペルが
ここに来ていたのだろうとし、壺を持っているのは叔母ではなく彼だ
という。それって藁をも掴む気持ちで願っているだけではないのか
とジョークを言うが、筋は通っているというアナ。自分の欲しいもの
を黙って渡す人じゃないこと。後を付けてきたのだという。彼のこと
を操る方法があるというアナ。アレンデールを治めるのはエルサだけ
だというと、突然そんな事はないだろうとしてハンスとその兵士たち
がやってくる。君が女王を攻撃してその女王を誘拐させたのだとし、
これは国家反逆罪だというハンス。君らを逮捕するとし、国王である
僕の命令だという。僕らもずっと凍っていたが、君の姉の魔法が
解けた今、僕に異論を唱えるものはいないという。妹の仕業じゃない
というアナ。しかしクリストフは降参だとして手を挙げる。しかし
隙をついて兵士から剣を奪い取ると、二人で城を逃げ出すのだった。

— 現在 —
フックは海を双眼鏡で見かけるが船でも逃げられないことを知る。
ゴールドは雪の女王は徹底しているなとしてやってくる。
君の心臓はここにあるというゴールドは君に仕事を頼みたいという。
これの使い方を覚えているか?として帽子を取り出すゴールド。
食堂が今一時的な魔法工場になっていること。「虫」がたかって
いるとし、善人面の虫だという。妖精のことかというと、虫は
病気を運ぶとし、感染を元から立つためには一網打尽にしないといけな
いという。この帽子は十分に魔力が満ちて、私は短剣から自由になり
力をもったまま町を出られるのだという。妖精の始末を手伝ってくれ
というゴールド。

■感想

いよいよアナとエルサの物語も佳境に近づいてきましたね。
出来ればレギュラー一掃してアナとエルサを仲間に加えて欲しい
気がするけど、まぁ彼らには彼らの世界が有るからね。

今回のドラマはレジーナのトークが至るところで皮肉が込められて
いて楽しかった。最近ヘンリーはマングース作戦実行しているから
なのか、エマよりもレジーナを選択するというシーンが多く、
エマの仕事を邪魔しない為とはいえ、先日エマに触れて吹き飛ばされ
たことでビビってしまったのか(笑)これ程レジーナのことを信頼
しているヘンリーというのも珍しい。しかもアメリカ特有なのかも
知れないけど、今回のヘンリーはママとは言わずに”レジーナと居る”
と語っていた。

面白く出来ていたのは、過去の世界ではアナはエルサの存在を求め、
現在の世界ではエルサを含めたストーリーブルックの世界では
アナの存在を求める。そんな二人が再会すれば、一気に二つの世界が
解決に導かれるという。

何処でこの二人を再会させるのかというのは、今までアナを尋ねて
三千里の物語からすれば、カタルシスを感じずには居られないところ
だけど、まさかのネックレスの流れから一気にアナのことを引き寄せ
た。しかし一緒に浮かんできたボトルのことには誰も気がついていない
ね。あのゲルダが書いた手紙のボトル。誰が拾ってくれるんですかね。

ポセイドンの墓場に沈めたけど、あの場所が該当する場所なのか。
一緒に沈んでいく光景を見ると「ふしぎの海のナディア」とか
「Agents of S.H.I.E.L.D.」のフィッツ・シモンズのエピを思い出す。

■黒髭ふたたび

このキャラが出たのはS3-17とS3-21

S3-17
https://dramatimez.sakura.ne.jp/blog/?p=3611

S3-21
https://dramatimez.sakura.ne.jp/blog/?p=3772

当時はゼリーナが猛威を振るっていた頃のことだったけど、フック
はゼリーナからエマとキスすることを封印されていたことを考えると
今回は彼がエマとキスした流れは感慨深げ。
しかしエマさんが涙している中でのキスの味はしょっぱい味がした
だろう。海の男のフックさんには潮の香りは慣れっこなのか。
ゼリーナに操られていたという訳ではないけど、今回もフックは
ルンペルによって操られている。

まだこの頃、ジョリー・ロジャー号は黒髭のものになっていたのね。

■ハンス再び

S4-3に登場したキャラクターだ。
https://dramatimez.sakura.ne.jp/blog/?p=3969

ノースバレーの洞窟に魔法を持った人物を閉じ込めることの出来る
壺がある事を知り、ハンスがその壺を使ってエルサを閉じ込めて
アレンデールを統治しようと企んでいたが、その壺の中には先客で
あるイングリッドが居て、結局ハンスは彼女を解き放ち、イングリッド
が逆にハンスを氷で固めてしまったものだった。

イングリッドはその後アナやクリストフ、城全体を凍らせていたけど、
30年が経過するとその魔法も解けるという。その30年という月日が
今日のこの日だったのか。
エルサとアナが居なくなったことで前回ルンペルがアレルデールに
入り込むことが出来たけど、30年が経過した今、凍らされていた
アナもハンスも呪いが解けたのかな。

■願いを叶えるネックレス「願い星」

ネックレスは黒髭がもっているとのことだけど、そのネックレスは
結局ゲルダたちが持っていたことも有るし、先日そのネックレスは
アナが持っていたけど、ルンペルがそのネックレスを投げ捨てる様な
シーンが有ったよね。それが行われたのはアレンデールの世界での
事だけど、ネックレスは何故かストーリーブルックの氷の中に
埋まっていた。

「願いの星」の願いを叶える為には「心が澄んだものだけ」

固まってしまったマリソルを溶かすためには「真実の愛」が必要だ
とされているけど、ホントにこの世界は「真実」とか「純粋な人」と
いう人となりの人間性が試されるな。

■使えないベル

かつてベルが過去の世界に於いて自分の記憶を取り戻そうとしてきた際
に、崖から落ちそうになるアナを犠牲にして、記憶を取り戻す石を
優先させるかどうかの葛藤が有った。

今回はエルサに対して、アナを見つける唯一の手がかりのネックレス
を通して、アナ捜しを犠牲にするかストリーブルックの住民を
呪いから助ける選択を求める。

エルサは当然アナを見捨てることはない。

ベルはゴールドから呼ばれて店に居て欲しいと言われたけど、
自分だけ助かろうとして食堂から出てきたのか?
そもそも店に防御の魔法をかけるとゴールドが語った時には、みんな
も店に連れてこようとは何故言わないのだろうか?

ベルってかつてイングリッドの鏡を見て、ルンペルの真実の姿を見て
いるハズなんだけどね。

■その他

・レジーナの面白いセリフ集

・リロイに対するセリフ

「壁を壊すのは2、3時間だろう」
「マンチキンが穴を開ける前に日没よ」(レジーナ)
「俺はドワーフだ」

・エルサに対するセリフ

「ネックレスはエルサが持って行ってしまった。あの子一人で妹を
探しに行ったんだ」
「だからブロンドは信じられないの」(レジーナ)

エマさんに向ける視線もまた笑える。

・メアリーに対するセリフ

「こういう時希望のスピーチは?お得意でしょ」(レジーナ)
「エルサは希望を捨てなかったせいでみんなは大ピンチだ」(メアリー)
「あなたが言うと余計怖い」(レジーナ)

・ロビンに対するセリフ

「僕は君のことは恐れていない」
「でも私ってもの凄く怖いのよ」(レジーナ)

・アナのジェネレーションギャップ

アナは突然アレンデールからストーリーブルックの世界に迷い込んで
しまったので、その町並みを見て変な世界だと感じるのも仕方がない。
しかしデビッドとアナが再会した際に、アナはデビッドが髪の毛を
切ったことを褒めていたが、デビッドが知っているアナはジョーン
という名前。

「秘密任務の時の名前よ」
と苦笑い。

またデビッドが家族を紹介する時に「妻のメアリーと娘のエマ」と
語ると、「一体幾つの時の娘さん?」と疑問を述べていた。

■出演者

メアリー・マーガレット・ブランチャード (Ginnifer Goodwin) 白雪姫
エマ・スワン (Jennifer Morrison) ヘンリー母、メアリーの娘
レジーナ・ミルズ (Lana Parrilla) 悪い女王、コーラの娘
デビッド・ノーラン (Josh Dallas) チャーミング王子、メアリーの彼
ヘンリー・ミルズ (Jared Gilmore) エマの息子。レジーナの養子
Mr.ゴールド (Robert Carlyle) ルンペルシュティルツキン、質屋
キリアン・ジョーンズ (Colin O’Donoghue) フック船長

ベル・フレンチ (Emilie de Ravin) レイシー
ウィル・スカーレット (Michael Socha) ロビンの甥
エルサ (Georgina Haig) ゲルダの娘、姉
アナ (Elizabeth Lail) ゲルダの娘、妹
イングリッド (Elizabeth Mitchell) 雪の女王、3姉妹の長女
クリストフ (Scott Michael Foster) アナの婚約者
ロビン・フッド (Sean Maguire) 強盗

リロイ (Lee Arenberg) マンチキンじゃないドワーフだ
— (Charles Mesure) Black Beard / 黒髭
ハンス (Tyler Jacob Moore) サザンアイルズの国王
修道院長 (Keegan Connor Tracy) ブルーフェアリー
ローランド (Raphael Alejandro) ロビンの息子
フランツ (Nils Hognestad) ハンスの仲間
ヨルゲン (Marcus Rosner) ハンスの仲間

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336