クリミナル・マインド FBI行動分析課 Criminal Minds シーズン10 第12話 英雄の死 Anonymous

リンク広告 テスト




第12話 英雄の死 Anonymous

脚本/Danny Ramm
Bruce Zimmerman
監督/Joe Mantegna

【Previously on ..】

ロッシはスコット軍曹がホームレスになっていることを
知る。
軍曹はロッシを最後に見たのは国に搬送されるのを見送った
時だという。お前はその時腕に大けがをして意識不明だった
という。ホームレスの軍曹に対してロッシは英雄にこんな
生活をさせられないとしてニューディレクションズという
退役軍人の自立センターを紹介する。
すると軍曹には丘の向こうに息子のトーマスと嫁が住んでい


が19年も会っていないことを知る。俺にも孫ができたが一生
会えないと言われる。ロッシがトーマスの元に仲介になり
お父さんの友人だとして接触。そしてトーマスとハリソンを
引き合わせる。

【STORY】

フランク・コスグローブ (Ray Abruzzo)はベティ・
ライト (Shirley Butler)に死ぬなとして急いでカーター
記念病院の救急搬送口まで車に乗せて連れて行く。外に
連れ出すと木の下に置いて先生を呼びに行くというが、
フランクはもっていた銃で彼女の頭をぶち抜く。

ロッシは今日の午後には到着すると娘のジョイ・ストラ
ザース (Amber Stevens West)と電話で語る。
ロスに住んでいる娘。今まで知らなかったが先日(S10-9)
でロッシは娘がいることを知ったばかりだった。ヘイデン
と1984年にパリで関係を持っていた時の子。モーガンは
そんな二人の会話を聞きながらオレの育った町に釣り堀
など無かった事を告げる。モーガンがオモチャの釣りを
していたのでロッシは釣りはテクニックが必要だと語り
筋肉だけでなんとかなるようなものではないという。
手首のスナップを効かせろというとモーガンは上手く
ターゲットに針を入れることに成功。釣った魚を
ガーリックバターのソテーと2008年産の冷えたプイィ・
フュイッセが有れば最高だという。ロッシが休みを取って
旅行とは良かったとしお嬢さんにも会えてと語る。
旅行と言っても釣り三昧だけどなと。

そこにガルシアがやってくる。
ガルシアはロッシに携帯が壊れたのか?と問う。休暇中
は完全にオフラインにするという。しかしガルシアは先
ほどから何度もカリフォルニアのニューディレクションズ
で緊急の電話が入っているのだという。ロッシは電話に
出ると今日の午後には行きますと語る。
ガルシアに夕べスコット軍曹が亡くなったとし骨肉腫なん
て知らなかったという。サンフランシスコに行くからその
前にロサンゼルスに寄ってみるという。何か出来ることは?
というガルシアに、チームのみんなには黙って居てくれと
廃る。ロッシは涙する中、彼が以前もらったメッセージ
カードと共に銃を目にする。「見捨てずに居てくれて
ありがとう・・・ハリソン・スコット」。更に彼は名誉
負傷章を受けて居た。

・ブリーフィング
ガルシアはロッシの他にホッチも欠席だという。ただし
ホッチは空港で合流するとのこと。
事件の説明をするというガルシア。
3日前にフロリダ州カラハシーでベティ・ライトという女性
がカーター記念病院前で銃で撃たれて現在脳死状態だ
という。病院から16kmの地点に車が事故を起こしていた。
JJはそれは犯人が仕組んだということなのか?と問う。
ガルシアは違うとし自損事故だという。犯人はたまたま居て
被害者を病院に運んだと?(KA)、何故か気が変わり殺害した
と(M)、更にもう一件昨日の午後にクリフ・ダニエルズ(38
歳)が教会前で殴られた後、撃たれて死亡したという。同じ
銃だという(GA)。教会も病院も助けてくれる場所ってメッ
セージ・・何か意味が有るのか?(R)、助かったと思った瞬間
殺すというサディズム?(KA)。何にしても48時間以内に二人
も殺していると(M)。

・Southwood 精神カウンセラー
Dr.ピーター・グッドウィン (Sewell Whitney)と男は会話
しながら施設から出てくる。外で車の中からその様子を
伺っていたフランクは911に電話する。ヘイゼルとパーク
ウェイの角で銃撃事件だという。それを語った後に彼は
ヴィクターを殺害する。

・移動中の飛行機
被害者の共通点は黒人ってことだけ(M)、ベティは地元
出身の人者(H)、クリフ・ダニエルズはニュージャージー
から越してきたばかりで評判もよくないという。ネズミ講
まがいの商売が破綻して逃げてきた(KA)、その被害者が
フロリダまで復讐に来たとか?(R)、その場合ベティはど
うなるのか?(M)。
そこにガルシアから新たな被害者だと連絡が入る。3人目の
被害者ヴィクター・ホール、白人で今回は目撃者が居た
こと。目撃したのは被害者のカウンセリングをしたばかり
の医者・ピーターだという。リードとケイトは検視局へ、
モーガンとJJはベティの家族へ、ホッチは目撃者に話を
効くという。

・フロリダ州タラハシー / Tallahassee

ホッチはピーターから話を聞く。ヴィクターのカウンセ
リングは3年間くらい続いていたこと。身の危険など有った
か?と問うと、その件では大丈夫だが問題は有ったという。
夫婦関係、息子のドラッグ、先々週はひったくりが有った
という。しかしまさか町中で撃たれるなんて・・と。
カウンセリングが終わり私は疲れていたのでカフェにコー
ヒーを飲みに行こうとしていたという。私の携帯メールを
チェックしていると突然振り向くことになりそこでヴィク
ターが犯人を殴るのを見た。十字路で男が後ろから近づいて

・・犯人は50代前後男性・白人、そいつが頭を殴りそして
ヴィクターの頭に発砲後に車に乗って逃げたこと。車種
は分からないが金色。犯人が身をかがめたのか?
と問うホッチに何処を撃とうか迷っているみたいだったと。

銃を色々と動かしていたという。あなたは振り返った理由
は?と問うと、サイレンが近づいて来ていたからだという。
発砲前にまさか通報した?

・カリフォルニア州ロサンゼルス
ジョイに電話するロッシ。彼女は別に慌てなくても良いと
言ってくれる。湖はひえ上がらないでしょうと。
ロッシはニューディレクションズ職員の職員のシェリル・
グラント (Meeghan Holaway)の元にいく。スコット軍曹
との出会いは私にとっても光栄で残念なことですという
シェリル。私物はこれだけで先に見て下さいとの息子の
トーマス(Russell Richardson)からの話だという。

・ケイトとリードは検視局へ。
検視局のマハフェイ(Sandra Cevallos)から話を聞くと
頭を撃たれて死んだものではないという。弾は頭蓋骨を
かすっただけ。死因は鈍器による頭部への殴打だという。
凶器は?(R)、特定は出来ていないが恐らく微量の金属が
付着して居たのでタイヤレバーや鉄パイプだろうと。

■Incident

フロリダ州タラハシーで一人、また一人で殺害される。
共通点を探る中、1人目、2人目までは黒人の被害者だ
ったが3人目は白人男性。不思議なことに被害者は病院
や教会の前で殺害されて発見される。共通するのは
小口径の銃弾。そして銃は直接の死因ではないことが
分かる。更に不思議なのは911に電話して殺害している
ことが分かる。

■Impression

今回は捜査にロッシが加わらずに対処するエピソード
だった。事件の現場となったのはフロリダ州(東)で、
カリフォルニア州(西)に娘のジョイに逢いに行く予定の
ロッシ。まさにアメリカでも正反対の場所に位置する
場所。共通するのはディズニーリゾートがどちらの州に
も有る(プロファイルには何の関係もない(笑))。
事件解決に参加することは出来なかったが、彼の個人的
なエヒソードとして二つの流れが存在して描かれた。

先日ロッシの前に突然現れた娘のジョイと休暇を取って
ゆっくり過ごそうとしていたのに、事件はともかく、
なんと過去に出て来たロッシの軍隊時代の上司ハリソン・
スコットの訃報を聞いて娘と恩義のある上官との板挟み
になる。

父と娘という意味では今回のロッシとジョイの関係は、
犯人の親子、フランクとエステル、そしてロッシの上官
であるハリソンとトーマスの関係にも通じるところがある。

また今回ロッシは電話を封印してでも娘との休暇を優先
して過ごそうとしていたのに緊急電話がかかってきた。
そして今回最後に犯人を仕留めることになる最後の人質
を相手にJJとモーガンがFBI連邦捜査官の技!を使い
電話中の相手に割り込みの電話をすることになる。
そういうことって司法の権限で出来るものなのかな。
相手はすぐ近くに居たので人質にされて殺される前に、
JJたちも現場に到着することが出来た。

子供を救うためなら何でもするという「親の大義」がある。
ベトナム戦争に赴いたハリソンは「国や家族を助ける為の
大義」の為に命を落とした人だけど、ベトナム戦争って別に
アメリカ人の命を危険に晒すものでも無かったし、アメリ
カは世界警察をうたっているだけ有って自ら戦闘に買って
出て居るわけだけど、結局彼らがいることで本当に被害は
最小限に食い止められているのだろうかという疑問も
残るところである。ベトナム戦争を巡ってはアメリカ国内
でも相当な議論が行われている事情も有る。全てを否定す
ることは死んだ兵士の為にも出来ない所なんだろうけど
完全に失敗したというのは歴史が示したところなのでは
ないのか。しかしそんな土地で今まさにアメリカと北朝鮮
やロシアの大将同士が会談して、核を放棄すれば今の
ベトナムのようになれるということを示唆して促そうとて
いるようだ。

ロッシは最後に役得を使ってハリソンの葬式を
格式高いものにした。トーマスとしては20年近く会えな
かったので白い目で見られていた時も有ったけど、これで
名誉は回復され父親の偉大さを感じたのではないかな。
ただこれはロッシが語っていたように本来得られるべき
兵士として与えられた権利で、それを知らないだけって
ことになる。
最後はアメリカ海兵隊総司令官、ウィリアムズ将軍
(Willie J. Williams)本人?が国民に変わって礼を行い
背後ではMended Soulsが流れ礼砲が轟いた。

・ハリソンの出るエピソード

S8-7 英雄との再会

第7話 英雄との再会 The Fallen 脚本/Rick Dunkle Danny Ramm 監督/Douglas Aarni...
S9-13 帰郷
https://dramatimez.sakura.ne.jp/blog/?p=6990

■被害者

・ベティ・ライト

1人目の被害者、カーター記念病院前。
(1959年1月28日生)
ドラマの冒頭で車に運ばれて救急病院に連れて行ったかと
思えば突然射殺されるという意味不明な行動に戸惑う
案件だった。その光景が冒頭での映像として流れ、後に
この時の映像から腕のブレスレットに気がつく。

・クリフ・ダニエルズ 38歳

2人目の被害者、教会前。
既に殺されていた2人目の被害者。教会前に置かれていた
という事や同じ銃が使われて居るということで連続殺人
事件ということになる。

・ヴィクター・ホール

3人目の被害者、ピーターの近くで射殺。

白昼堂々、911に電話した後、カウンセリングから出て来た
がヴィクターで医師のピーターと一緒にいたが別れて間も
なく殺されてしまう。ピーターは助けようとしたというが
それよりもまずは911に電話だろうに・・銃を持っている人
を助けることなど出来なさそうだし。

・デール・クロフォード

4人目の被害者。犯行前通報。
クレセントサークルドライブ24481で殺害された。
依存症の患者で、それを知ったフランクは無条件に殺害
する。至近距離で1発、胸には数発撃っていることから
助ける気はない。

・キース・ドヒーニー

5人目の被害者。娘とは知り合いでも有りドナー待ちでは
ライバルだった。1988年5月9日生まれ。
フランクの娘のエステルとは同じドナー待ち。
エステルは私よりもキースの方が状態が酷いので移植
リスト/生体移植では上位だという。そこで娘の方が優先
されるように殺してしまう。
検視する時に随分皮膚が黄疸が出ているとしていたので
相当悪化していたのだろう。

・フランク・コスグローブ

最後は興味深く人質にされたキャロル・マレー
(Elise Buedel)が殺害されたのかどうかということに
なった。JJが病室でキャロルの旦那のグレッグ
(Eric Almquist)が来た時はどうなったか最後まで気を
持たせたけどフランクはキャロルをドナーとはせずに
高血圧の自分がドナーとなるよう自殺した。

それにしても娘エステル(1987年1月18日生)の母・リンダ
は何処に居るのだろうか?一度も出てこなかったね。

■捜査

今回は少々歪な形になった。というのも2人1組が原則の
チームの中で一人足りないからだ。
ただガルシアが居れば百人力って感じではあるけどね。

最初に組んで居たのは、
「リードとケイトが検視局」
「モーガンとJJがベティの家族(クラレンス
(Frantz Turner)と面会)」

「ホッチは一人で目撃者ピーターに話を聞く」

みんな鋭い視線を投げかけていた。
ホッチは目撃者が何故振り向いたのかと理由を尋ねた。
当時救急車が走っていたということや、殺しに迷いを生じ
ているようだったことを聞いてプロファイルにヒントを
与えている。

検視局マハフェイ(難しい名前だ・・)と逢うと銃が死因
ではなく鈍器による頭部への殴打だとされた。

リードはMeld/メルドの数字を尋ねる。
移植申請で末期の肝疾患のモデルを数値化したもの。

■プロファイル発表

・50代前半の白人男、臓器提供のタイミングに間に合う
ように発見されるよう計算して殺人(H)
・被害者は何れも臓器提供登録者。犯人がどう知ったのか。
ベティ以外は不明(M)
・犯人自身が家族に臓器が必要。手に入りにくいために
自分で調達しようとしている(R)
・自らドナーを作り出している(KA)
・4件目はミスを犯した。申告な依存症患者(JJ)
・依存症で臓器がやられてたらドナーの勤めを果たせない(M)
・手違いに気がついた犯人は冷酷な罰を与えた(KA)
・失敗したことによって帰って犯行が加速することが考え
られ非常に危険な状態だ(H)

■クローズド

ロッシが最初のベティの件で病院に設置して有った防犯
カメラからブレスレットを見つける。それは臓器提供の
意思表示を知らせるもの。普段は免許証に書かれている
ものなので、総合した結果、その免許証を見られる職に
就いている社員が犯人だとして陸運局を調べる。
ブロンドの女性・所長(Cynthia Kania)と社員
(Sean Summers)からフランクは今まで居たけど突然何処か
に居なくなったということを聞いて犯人を特定した。

■その他

・ロッシとスコット軍曹

回想シーンはロッシが軍隊時代に負傷して帰還する時の
ことだった。スコットによるとロッシは意識不明で帰還
させられたようなことを言ってなかったか?
でも負傷名誉勲章をロッシに与えていたし、先日のエピ
ソードだったか、ロッシにプレゼントと称して銃を
与えていたよね。そのロッシは最後にその名誉勲章を
返したし、またガルシアパワーと葉巻パワーを使って
軍のお偉いさんやら当時の彼のチームの部下たちを集めた。
でもロッシは若い内に怪我して帰還兵になったからこの
人たちの事を知らないのかな。9人くらい写真に写ってい
てその中の一人がロッシだったみたいだ。

・ロッシと娘・ジョイ

ロッシってなんでこんなに食通なんだろう(笑)
冒頭でもワインとか焼き方なんかに拘りを持っていたし

「イタリアン喰いに行くぞー。トニー・ベネットしか
流していない店が有る」(Rossi)
「トニー・ベネットは知らないけど」(Joy)
「お前を教育する必要があるな」(Rossi)

・嘘をつけないガルシア

「私って嘘をつくと顔がねじれる」(Garcia)

ロッシから旅行の前の軍曹との件は黙って居てくれと
言われたのに”ベイビー”な発言のモーガンには話してし
まったみたい。

「何か協力出来ることが有れば言って。今はねじれて
ないから」(Garcia)

■MUSIC

・Criminal Minds Theme
Composed by Marc Fantini and Steffan Fantini
・Mended Souls by Casey Hurt

■CAST

デビッド・ロッシ (Joe Mantegna) BAU創設に携わったベテラン
アーロン・ホッチナー (Thomas Gibson) リーダー
デレク・モーガン (Shemar Moore) 爆弾処理が得意
スペンサー・リード (Matthew Gray Gubler) ドクター
ペネロープ・ガルシア (Kirsten Vangsness) 解析
ジェニファー・ジャロウ (A.J. Cook) BAU
ケイト・キャラハン (Jennifer Love Hewitt) S10新加入

フランク・コスグローブ (Ray Abruzzo) 父親、陸運局職員
エステル・コスグローブ (Lindsay Pulsipher) 娘、肝臓が悪い
ジョイ・ストラザース (Amber Stevens West) ロッシの娘
シェリル・グラント (Meeghan Holaway) ニューディレクションズ職員
デール・クロフォード (Paul Carafotes) 4人目の被害者
(J.J. Johnston) せっかちな男、DMVで急いでいる
トーマス・スコット (Russell Richardson) フランク軍曹の息子
メイ・スコット (Hilary Ward) トーマスの妻
Dr.ピーター・グッドウィン (Sewell Whitney) カウンセラー
Dr.アーマン (Stephan Smith Collins) 移植手術の医師
若い頃のデヴィッド・ロッシ (Robert Dunne)
若い頃のハリソン・スコット (Joseph H. Johnson Jr.) 軍曹
キャロル・マレー (Elise Buedel) 陸運局でフランクに狙われる
グレッグ・マレー (Eric Almquist) キャロルの妻
クラレンス・ライト (Frantz Turner) ベティの夫
Dr.マハフェイ (Sandra Cevallos) タラハシーの検死官
キース・ドヒーニー (Adam Zastrow) 肝臓を悪くしている
(Cynthia Kania) DMV(陸運局/自動車科)所長
ベティ・ライト (Shirley Butler) 最初の被害者、病院前で。
(Sean Summers) DMV(陸運局/自動車科)職員
ティミー・コスグローブ (Cooper J. Friedman) 息子
(Candace Leung) アジア系の看護師 / 生命維持装置
(Ernie Charles) Orderly
ウィリアムズ (Willie J. Williams) 将軍
(Tosha Lynette) DMV客、免許更新
(Margaret Newborn) DMV客、免許更新
(Paula Ray) DMV客、免許更新
クリフ・ダニエルズ 38歳、2人目の被害者、教会前
ヴィクター・ホール 3人目の被害者、ピーターの近くで射殺
リンダ・コスグローブ

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336